プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ1才(メス)
生きもの全般に興味あります
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

時間

深夜までテレビを見ることは

今はほとんどないのですが

昨夜たまたま見たNHKの「Q-私の思考探求-」という番組

初めて見ましたがとても興味深かったです


昨夜は『時間とは何か』をテーマに

群馬県立女子大学教授の植村恒一郎さんと芸能人のマギーさんという方が

『時間』についてトークをしていました


何が興味深かったかというと

時間についていろいろな話しをしていたのですが

特に、過去に行くタイムマシーンの件


たとえば100年前に行けるタイムマシーンがあったとして

それに乗り込んだとする

あなたは腕時計をしている

いざ、出発


さて、タイムマシーンの時計はどう動いていますか?

(タイムマシーンの時計は過去に遡っている・・・と思う)


では、タイムマシーンの時計は過去に遡っているが

あなたの腕時計は

どちらに進んでいますか?と

(右・・・かなぁ)


タイムマシーンは過去に戻っているが

あなた自身は未来を生きているのでは、と。

(矛盾だよなぁ)


時計が戻るということはどういうことになるのか?

もし腕時計も反対回りに動いて

巻き戻しをするみたいに自分自身(肉体)も逆戻りしたら

そもそも過去に行く理由さえも分からず

それ以前に自分が生まれてない状態になるのでは・・・・

(う~ん・・・タイムパラドックス)



・・・こんな感じのことを話していました

(伝わりましたでしょうか?)


これはタイムマシーンの存在否定・肯定云々ではなくて

時間と言うものの概念を探る上での思考の手助けとなる問題提起です



映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を見ることでも

この「時間」というものの考え方は

いろんな方向へ飛びそうです



「時間とは何か」という哲学は

私にとってとても難しい

でもなんか気になる


答えがあるわけではありません

「こういう考え方もできる」というものが哲学ですから

ムリにひとつの答えを出そうとすると

頭がパンクしてしまいます




きっとこの著書を読めば

何か掴めるかも
時間


図書館にあるかなぁ~

コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと