プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ1才(メス)
生きもの全般に興味あります
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

響く言葉 拾肆

ほぼ毎日読んでるブログがあります

すごく響いたので

そのまま転載します


****


<傷つけるのは自分自身>


自分の心を傷つけるのは

実は

他人ではありません。

自分自身が自分を傷つける。

どういうことかというと、

例えば、他人の言葉で傷ついたとしたら

その言葉を「傷つくような解釈」をした。

ということになります。

例えば

太ってることで悩んでいる人に
「ガリガリ!」といくら言っても
傷つくことはありません。

年とることを楽しみにしている人は
年齢の話をいくらしても傷つくことはありませんが、
逆に年をとることを嫌がったり、
ネガティブな想いを持っている人は
「年齢」の話では傷つきやすくなります。

つまり

他人の言葉は、
よく考えると単なる
空気の振動だったり、
言葉の羅列に過ぎない。
想いという波に過ぎない。

それをどう受け止めるかは
人によるということになります。

だから

結局
傷つくかどうかは
他人の言葉によるのではなく

自分で選択できるということです。


双雲@傷つくいうのは自分の弱点を知る素晴らしい手がかり。

2010-11-11 06:44:02


***




<傷つけ!>


生きていて

心が傷ついたことがない人なんていません。

誰でも傷つきながら生きています。

傷つくことは確かに辛い。
痛いし、ほんといやなものです。

だからといって
傷つくことを恐れるあまり

やりたいことを我慢したり
何も進まなかったり
挑戦をしなかったり

そうなっていったら
もしかしたら傷つくことは減るかもしれないけど

一回きりの人生
こんなに恵まれた時代に生まれながら
足を止めて生きるなんて

もったいない

進む、挑戦する、夢を叶える

ということは
確かに傷つくことも増えるでしょう。

でも、

その傷は、自分を確実に成長させ、
色んな気付きと感動をもたらします。

だから


傷つこうぜ

もっと。


きをつけぇー 右!
傷つけぇー 左!


双雲@うわーなんだこの雑な終わり方

2010-11-12 06:07:45





****


武田双雲公式サイトはこちら→武田双雲


凝り固まった思考が柔らかくなるような

柔軟な発想に出会えます







コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと