プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく5才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
echasl201607062.jpg

その通りだと思う

『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』
著:金沢 優 
moshimo.jpg

タイトルに引かれました。

英語を話せるようになりたい。
漠然と思ってるだけじゃ絶対に話せるようにならない。
どうすれば話せるようになるか。
その答えはこの本にしっかり書いてある。
要は、やりかた。
学校でちゃんと学んでも「話せない」理由が分かりました。

物語なのでスイスイ読めます。
学院長の痛快なセリフが私は好きです。

ネイティブに話せる人以外の、全ての日本人の英語教師(を目指す人も)、
日本人の英語学習者が読んでみる価値のある本だと思います。
「日本人」というより「日本で日本式の英語を学習した人たち」と言った方が語弊がないかも。
中学、高校の英語教師がこの方法を取り入れたら、
英語を話したい、英語で会話したいと思ってる生徒は
絶対に「話せるようになる」と思います。
そして大人になってから「漠然と」英語を話せたらな~という気持ちにはならないかも。
方法さえわかれば、あとは本人の努力でなんとでもなるから。
でも、現実を見ると難しい。
今の英語教育は「英語で対等に話せる」ということを学習の目標にしていないから。
時代に合っていない教育方法とはまさにこういうことなのだなと。
わたしもご多分にもれず、その教育の元、英語を勉強してきた。
もう20年も前だけど、新聞に載ってる入試問題見ても今もそんなに変わってない。
英語は嫌いじゃないし、できれば英語を話したいと思っている。
先生のせいにするわけではないけれど、
「話せる英語」を学ぶなら今のままの指導ではダメだということがよく分かる。
英語の指導教育は改革されつつあるけど、それに対しても警鐘を鳴らしてる。

できれば頭の柔らかい、記憶力の高い10代の内に「話せる英語」を学んでおいたら、
外国人と「対等」に話せる確率はぐっと高くなる。
おもてなしをするなら「対等」でものを言えないと。
ペコペコ、ニコニコだけじゃおもてなしにはならない。

はっと気付かされることが多くあるので、本当におススメです。

この本を読んだからって英語が話せるようになるわけではありません。
でも一番大事なことが書かれています。
それは「話せる英語」の勉強方法。
「やりかた」
「方向性」
「心構え」
中学生、高校生はもちろんですが、大人にも一読いや何読でも、の価値ありです。

物語としても面白いです。

コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと