プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく5才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
echasl201607062.jpg

切り離し

穏やかな五月晴れの午前中。
今日の動物病院はあまり混んでいない。
なんとなく今日のような気がした。

4月1日の移植手術から7週間と2日。

診察台で(足と尻尾の接続部分の)尻尾寄りに局所麻酔を打つ。
そのとき、足を痛がった。
この足を痛がる状態は、確実に足の神経が尻尾と繋がっている証拠だと教えてくれた。
尻尾に打った注射によって足を痛がることが、とても良い状態を表わしていると。
切断と縫合は手術室にて。
その間、待合室で待つこと15分くらい。

右足と尻尾がようやく離れた。

20180522.jpg
病院では右足に包帯は巻いていない状態でしたが、
やはり舐め齧りたがるので、自宅にて包帯を巻いてガード。
右足は流血の心配は低いけど、尻尾の方は血だまりが出来る可能性があるので、
注意深く見守る。

尻尾と足が繋がった状態に見慣れていたので、本来の形に違和感を覚えつつ、
でもこれで最終段階に近づいてきたんだなと、感慨深くなりました。

201805223.jpg
チラチラ視界に入る尻尾の先にじゃれようとして、ぐるぐる回る。
そうだよね、今まで見えなかったもんね、尻尾の先。
ギリギリ舌が尻尾に届くか届かないかの距離で、ちょっとこれが届いたらマズイな。
猫は身体が柔らかい。柔らかすぎる。
どうにかして舐めようといろんな体勢になる。
縫ったところの皮膚がくっつくまで舌が届きませんように。
抜糸は10日後。
その間に何事も(起きないことの方が可能性としては低いけど)、起きませんように。
カラーのない生活に戻れますように。
拍手ありがとうございます

コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと