プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく5才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
echasl201607062.jpg

療法食

前回の浣腸をしてもらった後、数日後にまた便秘気味になり掻きだしてもらいました。
尿は出てたので危機感はなかったのですが、便秘も侮れないので、ね。
シロップ(便を軟らかくする薬)だけではあまり効果が期待できないので、
療法食も併用してみることになりました。
そしたら、出るわ出るわ、一日の合計30センチ超え!
でもそれも2日間だけのことで、今日は10センチしか出ていません。
いつもと同じ分量の食事で水も薬も飲んでる・・・・10センチは少ないかもしれない。
いや最初の2日間が異常に出過ぎたのか。
でもこの療法食は便のカサを増すもので、通常より多く出るようになっていると思われる。
う~ん、正常な便の量がまだ定まっていない。
201805102.jpg
いつもは寧々子ノートに排便排尿の記録や感じたことを書いているのですが(左のノート)、
それとは別に、通院の際に言葉で説明するのが下手なので、
というか報告することがたくさんあり過ぎるので、
紙に書いて渡して説明するようにしている(ここ最近は)。
8日は合計36センチ!
立派なうんちを見ると嬉しくなる。

この療法食を食べてから劇的に便の「質」が変わりました。
例えるなら・・・
粘り気と、とろみのある餡を薄皮で包んだような感じ。
療法食後に初めて長い一本糞が出た時は、まじまじと観察してしまいました。
さすが「療法食」と言われているだけのことはある。
ただひとつ気をつけなければならないことがある。
骨盤が狭いので、そこに一度固めの便が詰まってしまったら、
療法食の性質上どんどん増えていく便でお腹が張ってきやすい、と。
どうか詰まりませんように!!


20180510.jpg
膝の上で毛づくろいをした後、執拗に写真を撮られてるのでムッとしている寧々子。
毎日立派なうんちが出ますように。
今の願いはそれだけ。
拍手ありがとうございます

コメント:

No title

寧々子ちゃんノートは良いですね。
毎日の記録を残しておけば
この先、いろんな試練が来た時にきっと力になります。

本当にね、
次々といろんな方面で不安な事は起こるのだけど
ひとつだけ言えるのは
(例えば夢路の身体のことは誰よりも私が分かっているように、)
寧々子ちゃんの身体のことは誰よりもからたちさんが分かってる。
同じような障害のあるコの飼い主さんよりも、
たくさんの症例を見てきたドクターよりも、
寧々子ちゃんについてはからたちさんが一番分かってる。

からたちさんは
寧々子ちゃんが伝えてくるメッセージを
ドクターに伝えて、治療方針に繋げていく事ができる。
排尿、排便は命に直に関係するものだから
大変だけど大切な日課だと思いましょう。

ひとりで抱えるのは難しいから
相談できる人と話し合いながら頑張ってね。
先は長いから!




風人さま

自分の日記は全く続かないのに、
寧々子ノートは付け始めてから(昨年11月~)毎日かかさず書いています。

書いた紙を先生に渡し始めてからまだ3回くらいなのですが、
なんとなく診察や治療がスムーズにいってる気がします。
いろんなことが起きる猫ちゃんにはおススメですね。

そうですよね、先は長いですよね。
毎日の記録が寧々子の命と私の安心に繋がっていければいなぁと思います。

今日も排便の量が少ないのが不安なのですが、夜中に出ることもあるので様子見です。
心配は尽きないですね。

コメント本当に本当にありがとうございます(=´∇`=)
非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと