プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく5才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南
ブログは少しお休みします

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
echasl201607062.jpg

右足

20171210.jpg
私の腿の上で丸くなって寝ているところ。
猫は顔(目のあたり)をクロスさせてた両手でぎゅうっとする。
「ばってんぎゅー」と言うらしい。
猫のこのしぐさ、眩しいからという説もありますが、
暗いところでもやるんだよなぁ。
目を隠すと思いきや、ねねこは額を抑えてる。
たぶん、まだ眠いからそっとしといて!って表現してるのかな。

ねねこの右足は表面(結構広い範囲)と踵の皮膚がむけている。
最初は骨や筋がちょっと見えていた。
そこに肉が盛り上がり、皮膚もほんのすこしづつ伸びてきた。
先生はもう少し皮膚の形成が早いと見込んでいたけれど、予想より遅いみたい。

今までは包帯の交換を2~3日ごとにしていた。
浸出液のにおいが臭くなるのと包帯の表面まで血液が滲みてきていたから。
先週あたりから、浸出液の嫌なにおいがしなくなった。
包帯内部の薬をつけてる布の巻き方を変えたことが功を奏したのか、きっと肉部分も良くなってきているんだ。
処置中に絶叫することも少なくなったし。
包帯の交換も一週間に一回くらいで様子をみようということになった。
一番の懸念は、包帯をかじること。
カラーをしてれば、してない時より抑制できるけど、
それでも少しはかじるし、牙で内部を圧迫してしまうことによるダメージを少しでも減らしたい。
なにか良い方法を模索中。

昨日は発見があった。
発見と言うか回復と言うか。
今まで右足のつま先は、全然力が入らないのか包帯からちょっと出ている爪は動く気配がなかった。
足自体は地面に着くことはできたけど。
遊んでいるときに気付いたのは、右足のつま先に力を入れた時に、爪がちょっと出る!
右足のつま先で踏ん張ってる!
つま先を動かす神経が生きていたんだね。
これは本当に嬉しい。

排便も排尿も自力では出来ないままだけど、
便は状態の良いのが出てるし、圧迫排尿も便が詰まってなければスムーズに出るし。
本当に怪我してるのか、と思うくらい元気に遊ぶ。

M姉の全面的バックアップと、私のお世話と、寧々子を可愛がってくれる家族と、
遠い地から応援してくれる人の優しさと、先生とスタッフの献身的な処置と、
いろんな想いが力となってエネルギーとなって寧々子の回復に繋がりますように。

コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと