プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ1才(メス)
生きもの全般に興味あります
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

小説よりも図説とか画集とか、「読む」より「見る」ことが好きな最近でありまして。
この本を借りて見ました。
niteirukotoba.jpg
姉妹本がいくつか出ているので合わせて借りてみましたが、これは全種類ほしいな。
全部の写真がこの本のための撮りおろしというのが愛情がこもっていていいなと感じましたし、
写真に添えられた言葉の量のバランスが私にとってちょうどいい。
そして本のサイズもちょうどいい(20.2 x 14.8 x 2 cm)。
幅広い年代の人が「なるほど~」と頷きながら読める、見られる本です。

カレイとヒラメを見分ける方法は!
「左ヒラメに右カレイ」
(腹を手前に置いて左に顔があるのがヒラメ、右に顔があるのがカレイ」)
という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、
それは日本でしか通じないみたいで、アメリカ西海岸ではカレイは(50%ほど)左に顔があるとか。
(なぜ日本では100%「左ヒラメに右カレイ」なのかという疑問はひとまず置いといて・・・)
カレイとヒラメを一発で見分ける方法は、「口が可愛いのがカレイ」「口が裂けているのがヒラメ」
だそうです。
これにはちゃんと意味があって、両者のエサに起因しています。
詳しくはこの本にちゃんと書いてありますのでご覧くださいませ。
(また、ネットで調べればいろんなサイトで説明されています)
他にもいろいろ、曖昧だった言葉の意味がすっきりする内容のものが書かれていますので、
気になった方にはおススメです。

良い本に出会いました。

コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと