プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ2才(メス)

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

映画 禅-ZEN-

ZEN.jpg

なんとなくタイトルが気になって借りてみた


時は鎌倉時代

南無阿弥陀仏と念仏を唱えれば

死後、誰でも極楽浄土へ行ける

そういう思想が広まっていた時代に

「死んでから浄土に行ったってどうしようもない」

「この世こそ浄土でなければならない」

「誰の内にも仏がいる」

「ただただ座禅をくみ、内なる仏に出会うことこそ浄土」

というような考えを持った

道元禅師の生涯の物語

(違ってたらすみません)



「あるがまま」

あるがままを受け入れてこそ救われる

それがこの映画のメインだったような気がします


なんか

泣けましたよ

うまくは言えませんが

感動しました



ひとつ思ったことは

宗教とは「考え方」なのだな、と



世間を騒がせている悪質な勧誘とか

私利私欲のための巨額なお布施とか

本来そういうのとは無縁であるべきなのに

この世は宗教までもが資本主義の渦にありますね



特定の宗派に肩入れしているわけではありませんが

道元禅師の考え方は

一理あると思いました

死後ではなく

今の、この世

どう生きるか



あるがままを受け入れること

あるがままを受け入れて

そこから出発すること


理想ですね

コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと