プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ2才(メス)
生きもの全般に興味あります
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

最近読んだ本など

danshirou.jpg
地元の図書館に行ったときに、なぜだか目に留まってそのまま借りました。
立川談四楼さんがどんな人かも知らないのに・・・。
時々、テレビで落語を見ることがありまして(といっても年に2,3回ですが)、
興味はあるのです。落語に。
笑点のメンバーが真面目に落語をやっていたりすると見てしまいますね。
でも、この人のふぁんとかいうレベルのものではなく、面白い話だったら最後まで聞くけど~
くらいの感じです。

落語家がいかに知的であるかが垣間見れる本だなと思いました。
人って真面目なだけじゃ固すぎる、そこにユーモアがあると魅力的。
落語をちゃんと聞いてみたいと思いました。
(と、何年か前の連続ドラマ小説「ちりとてちん」を見ていたときもそう言っていたような私)
たしかレンタルに落語のCDがあったような気がしたので、借りてみよう。


お次はこちら
hidebu.jpg
北斗の拳 究極版です。

私の小学生時代のテレビアニメと言ったら、ルパン三世、シティーハンター、小公女セーラ、
グーグーがんも、タッチ、うる星やつら、ハイスクール奇面組、
赤毛のアン、らんま、ドラゴンボール、キャッツアイなどなどいろんなアニメを見ていたような気がします。
その中でも北斗の拳は、その強烈なキャラクターと音楽のキャッチーさもあり好きなアニメでした。
だからと言って今現在ストーリーを覚えているわけもなく、
ケンシロウの名セリフと、バットとリン、そしてユリアとラオウくらいしか覚えていなかったのですが、
姉が大人買いをしていました。究極版を!

読んだのですが、なんとまぁこんなストーリーだったとは・・・ある意味びっくりというか。
あれ、ユリアって生きてたの?とか
え、リンが双子だったの?とか
なに、ラオウの息子?とか
ケンシロウの兄弟?とか
セリフがおかしい?とか
記憶喪失になるの?とか
突っ込みどころ満載で面白かったです。
この漫画で何を伝えたかったのか、
それは「愛」に勝るものはない、ということでしょうか。
死と愛の漫画ですな。

♪ユリア・・・永遠に

この歌詞が二番からだったというのが、カラオケで歌ったとき初めて知りました。
30代以上の人は通ってきたアニメですよね。

♪LOVE SONG

この曲も好きだったな。
thanks for web clap☆

コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと