プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ2才(メス)
生きもの全般に興味あります
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

古いもの

神社と寺めぐりをしてきました。
駒形神社
日高神社
正法寺
(全て奥州市)
お正月飾り・お札・お守りを納めるために行ったのですが、
どうせだからいろんな寺社を見てまわろうということになりました。

shoubouji.jpg
正法寺
重要文化財に指定されている棟があるとのこと。
特に大きな茅葺屋根が見どころだそうなのですが、
雪で見ることができなかったのが残念です。
でも、雪景色のお寺も風情があっていいですよね。
今度は花粉の季節が終わったころに行ってみたいです。
このお寺は中を自由に見てまわれるので、楽しかったです。
でも暖房はまったくないので、
かなり厚い靴下をはいていかないと今の時期は辛いです。
締め切られていた雨戸が夏には開け放たれて、
素晴らしい景色を見せてくれるんだろうなと、想像して帰路につきました。

お寺や神社のなにがいいって、それは「古さ」です。
キンキラキンの仏像より、
金箔が剥がれおちて煤(すす)で汚れた仏像のほうが御利益があるような気がします。
でも、出来た当時はきっと金箔がまばゆいもので、
これこそが極楽浄土の象徴だったんだろうな。
建物も建築内部もできるだけ現在を感じさせないものだけで構成されてると感動しますね。
知識は全くないのですが、見るのは大好きなのです。

私は特定の宗教を信仰しているわけではなく、
宗教建築や、神像・聖像は芸術作品という大きなくくりで見ているところがあります。
バチあたりと思われるかもしれませんが、そう感じてしまうんだからしょうがないのです。

fire.jpg
ヒトが火を使うようになってから、人類は急速に進化していったと思います。
100万年前ころには火は使われていたらしいです。
どうして火の話題になったかと言うと、
正法寺で、暖をとれる場所が唯一ここの土間だったからです。
火の暖かさは今も昔も変わらない。

dragon.jpg
これは日高神社の手水舎(ちょうずや)の水口を撮ったもの。
(手水舎:手を洗い、口をすすぎ、身を清める場所)
見たときにムーシュだ!って思いました。
映画「ムーラン」に出てくるコミカルなドラゴンです。
愛おしいキャラクターでございます。



拍手ありがとうございますyotuba.gif

コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと