プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ2才(メス)
生きもの全般に興味あります
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

オーロラの彼方へ

スターチャンネルが見放題になってたので、いろんな映画を録画しています。
で、今日見たのはこの映画。
オーロラの彼方へ(原題 Frequency)

2000年 アメリカ

無線で交信してきたのは30年前に亡くなった父親だった。

タイムマシンーンで未来や過去に行く映画はいろいろありますが、
この映画は無線を通じて現在と過去が交錯するという今まで見たことのない映画でした。
オーロラによる電波障害で時空間にゆがみが生じ、
30年前の父親と主人公が無線を使って交信し、過去を変えていく話。
幼いころの自分と無線を通して話すシーンはなんかぐっときました。

タイムトラベラー映画は、そこに生じるタイムパラドックスを考えると、
気になるのが主人公の記憶です。
過去を変えたら、現在に戻ってきたときの記憶はどうなる?
というのがいつも気になっていました。
でも、この映画ではその辺の矛盾を分かりやすく表現していたような気がします。

夢を見たけど、どちらが現実でどちらが夢か分からない状態。
交信する前の記憶と新たな記憶が同時にある。

なるほど、こういうふうにすればタイムパラドックスはおさまるかも。

面白い映画でした。
おススメ。


ちなみに原題の「Frequency」は
頻度, 度数, 回数(脈拍数)という意味と
物理学でいうところの(電波などの)周波数を意味するとのこと。
なるほど!

コメント:

非公開コメント

見たもの、聴いたもの、思ったこと