プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく5才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

乾燥

20160328.jpg
ここのところずーっと良い天気で、乾燥しています。
花粉の量が凄いことになっていて、かなり酷い。屋根が黄色い。
外に出て写真を撮ろうものならカメラに花粉はくっつくし、涙は出るし、くしゃみは出るし。
ふくは砂の上でごろごろするのが好き。
そして花粉を身体にくっつけて家の中に入ってきます。
雨が降って少しでも花粉の量が減ればいいのですがね。

聴きたくなるアルバム

今日久しぶりに筋少を聴きまして、「踊るダメ人間」が頭から離れないので、
いっそのこと筋少を聴いてしまおう、
ということでアルバム「エリーゼのために」を聴きながらPCに向っています。

♪ソウルコックリさん/筋肉少女帯


筋少との出会いは6歳上の姉の影響なのですが、
私が初めて聴いたのが小学高学年~中学生あたり。
この頃から私の意識的な音楽遍歴が始まるわけですが、
私の音楽好みの路線が一部「変」な方向へ行ったのは筋少のおかげです。
(姉のおかげです)
この「変」という言葉は誤解を生むかもしれませんが、マイナスの意味ではありません。
むしろ私にとってはプラス。
面白い歌詞の中に見え隠れするオーケンの哲学とけして上手くはないけど印象的な声、そして高い技術の演奏。
この両者が合わさって中和される音楽世界は、30代半ばになった今聴いても面白いなと思う。
音楽って自由だなと感じるし、何を歌ってもそれはそれでアリなんだと思える。
だって「ソウルコックリさん」ですよ、こんな変なタイトル、しかも歌詞も面白い。
メロディのパクリパロディ。
これを自由と言わずしてなんというか。

アルバム「エリーゼのために」
傑作だと思います。
私のブログを長いこと読んでくださってる方(がいるかどうか分かりませんが)にとっては、
この記事は「またか」と思われるかもしれませんが・・・また折に触れて書くと思います。
このアルバムはおススメです。

変なのばかり聴いているわけではありません。
右欄に書いてあるのは私の好きなアーティスト(曲)です。
いろんな音楽が好きで聴いています。
誤解のないように、一応ね。

月で遊ぶ

今日は満月から3日目の月
201603265.jpg
このクレーターが見える感じ、ぞくぞくします。
いいですねえ。


月が低い位置にある時には、場所を移動すると面白いものが撮れたりします
201603263.jpg
月をヒモで結んでみました
(電線と重なる位置で撮りました)


201603264.jpg
ガオ―
(こちらは杉)

300mmのレンズで撮ってトリミングしています(手持ち)

音と空間

20160326.jpg
なんとなく良い雰囲気だったので撮ってみました
K市民センターホール


201603262.jpg
今日は甥っ子の通うピアノ教室の発表会でした。
ソロの他にアンサンブルをしたのですが、
学生服着た男子3人が一台のピアノで演奏ってなかなか面白かったです。
しかも3人とも同じ野球部。
練習試合を途中抜け出して発表会に参加というなんともアグレッシブな彼ら。
一人は一つ上の先輩、もうひとりは同級生。
なんかいいなぁ青春だなぁと思いました。
こういう発表会の場ってシャッター音がものすごく気になるのですが、
すみません、すみませんと心の中で思いながら写真を撮ったのでありました。

ピアノ弾けるっていいですね。

開ける

20160324.jpg
にゅ


201603242.jpg
開けるぞにゃ


201603243.jpg
へっへっへ~


201603245.jpg
やっと水仙が咲いてきました


201603246.jpg
良い天気だね、ふく

久しぶりに

カサビアンを聴く
♪Days Are Forgotten/Kasabian


いいねぇ

聴きたくなる

♪When I Come Around /Green Day


グリーンデイのライブに行ってみたいなぁ。
無傷では帰れなさそう。
メガネは確実に無くすな・・・・前だったら。

酷い頭痛がして、頭が重い

暖かくなったり寒くなったり
忙しい気温の上下です

♪Winter/Tori Amos

今日は寒い

今日はここまで

昨日の記事を見た姉からの助言で、ツタを取ることにしました。
ちょうど姉が家に来たので(もうひとりの姉と姪っ子も)一緒に作業をしました。

20160319.jpg
ツタの絡まり具合が強烈で手強くて今日はここで力尽きました。
茶色に見える部分がツタのあった場所です。
取る前の状態は昨日の記事を参照ください。


201603192.jpg
ツタの痕がくっきり


201603193.jpg
ツタはただ木に巻きついているだけでなく、枝(ツル?)から根のようなものを出して
桜の木にしがみ付いていました。

引き続き明日もやります。
脚立より高い部分はちょっと無理っぽい。
軽トラに脚立乗せてみようかな。
危なそうだな・・・・。
ツタを取ったことで少なからず桜の木の表面もキズついたと思いますが、枯れなければいいな、と。

一ヶ月後くらいか

20160318.jpg
家にある桜の木
エドヒガンだったような気がするけど、分かりません。

5~6年前まで竹藪に隠れて上の方だけしか見えなかったのですが、
前方を更地にしたことで全形を見ることが出来るようになりました。
つぼみはあるけど、まだピンク色にはなっていないようです。
今年は暖かい気候が続いているのでいつもより早く開花するかもしれません。

木のことはよく分かりませんが、木に巻きついているあの緑の葉っぱは取った方がいいのでしょうかね。
冬は暖かくて良いような気がするのですが、そこの部分だけ太陽が当たりにくいことを考えると、
木にとっては良くないのかなと思ったり。


201603182.jpg
木のぼりふく

音森林浴

聴いてるだけで森林浴といいますか、良い風が吹いてくるようです。
♪White Winter Hymnal /Pentatonix


オリジナルはフリートフォクシーズというバンドなのですが、CD2枚出したきり。
1stは本当にもう名作で、かなり好きです。

ヘイフィーバー

ヘイフィーバーですよ

あー目がかゆい
喉がかゆい
鼻水たらたら
くしゃみ連発

あー今年もヘイフィーバー

ヘイフィーバーって何って?
花粉症のことです。

hay feverです
(意味:枯草熱、花粉症)

カタカナで「ヘイフィーバー」
踊りだしそうなネーミングですね。

あなたも私もヘイフィーバー

くちばし

201603164.jpg
小鳥が来ていました


20160316.jpg
撮ってから気付くことってたくさんあります。


くちばしの先になにかあると思って拡大してみました。
201603162.jpg
虫かな?
朝の時間は鳥が活発に動いています。


201603163.jpg
わりと悪者扱いのカラスですが、(悪さをする以外は)私は結構好きです。
カラスをよーく観察(カメラ越しに)すると、羽根は太陽反射で美しく見えるし、
くちばしの曲線はつるりとしていて光沢を帯びている。
巣作りの季節なんですね。
そういえば昨年に家の近くで巣作りをしていたアオサギはどうなったんだろう。

これも聴いてたな

♪ The Modern Age /The Strokes

ストロークスの1stはかなり聴いていました。
このけだるい感じが好き。
エッジの効いたカッティングもかっこいい。
ガレージロックという言葉を彼らがきっかけで知った。
(正確に言えば2000年代のこのサウンドはガレージロックリバイバルなのだそうだ)

ギタリスト、アルバート・ハモンドJrが「宇宙兄弟」のムッタのモデルになるなんて、
当時は知る由もなかったですが、作者と私の音楽趣味が近い(と勝手に私が思ってる)ところが、
漫画本「宇宙兄弟」を好きな理由のひとつでもあります。

この調子で行くと次はホワイトストライプスを聴きたくなりますね。

このあたりの年代

♪Take Me Out /Franz Ferdinand

今聴いてもかっこいいサウンドだなぁ

今はもうない仙台のHMV(フォーラス向い)で試聴して即買いしたCDでした。
学生時代は仙台で過ごしましたが、アーケード周辺で必ず行くところがHMVかタワレコでした。
試聴機をかたっぱしから聴いていました。
時代の流れでCD店は少なくなり、どんな音楽でもインターネットさえあれば聴ける。
CDのパッケージを開けるときのドキドキ感だったり、
(日本版は剥がしやすいけど、輸入版は剥がしにくいとかね)
新しい盤面の美しさや、歌詞カードブックのにおいだったりを感じることも少なくなった。
平気で1~2時間はCD店をうろうろしてました。
この音楽を聴いて、その時の店の雰囲気とかを思い出したのでありました。

ありがとうございました

百花(もか)の会、初の主催イベントが無事に終わりました。
ご来店いただきありがとうございました。

DSC04925-1.jpgDSC04921-1.jpg

DSC04898-1.jpgDSC04904-1.jpg

DSC04914-1.jpgDSC04911-1.jpg
常駐作家の作品のみ掲載しています。
(委託販売は5人)


次回は4月2日~4月14日の「第二回 百花作品展」でお会いしましょう。
【参加者】
もも
ツナタロウ
からたち
B.D.
まろん
モチプチ
and more?
第二回 百花作品展 (2)-1
お待ちしています。
常駐はしていませんが、メンテナンス等で作家がいることがあります。
お気軽にお声をかけてくださいね。


ドルチェでのイベントは岩手日日新聞に掲載されました!
3月10日、3月15日
記者のSさんありがとうございました!!

ドルチェでマルシェ

『ドルチェ de マルシェ』
2016年3月13日
11時~16時
ドルチェでマルシェ-1
拡大して確認したい場合は右欄「イベントのお知らせ」内のサムネイルをクリックしてください。
PC用の画面じゃないと見れないかもしれません。

創作仲間たちとイベントを開催します。
お時間の都合がつきましたら、是非お立ち寄りください。

いつも私はクラフトイベントの時はポストカードの販売でしたが、
今回は写真(フレーム付き)も販売します。
ポストカードよりちょっと大きい2Lサイズですので、お部屋の邪魔にならずに、
ちょっとしたアクセントとして飾っていただけたらなと思います。

通常のランチ営業は、この日はお休みです。
テイクアウトできるお弁当やカツサンドが販売される予定です。
ドルチェの特製カツサンドはとても美味しいですよ!!

咲いた

201603112.jpg
枝の付け根から一輪の梅
芳しい香り


201603113.jpg
ぽかぽかだね


201603114.jpg
誰のにおいかな


20160311.jpg
クロッカス


線香を立て、静かに手を合わせる

視線

201603102.jpg
ふきのとうが出てきた


20160310.jpg
春だねぇ


201603103.jpg
自分の家の中に犬がいるというありえない状況で


201603104.jpg
びっくりしている「ふく」なのでありました

これ

時々無性に聴きたくなる

♪Titanium ft. Sia /David Guetta

良い声だなぁ

ナンバー

前を走っていた車のナンバーが「311」だった。
「310」や「312」だったら気に留めることもなかっただろうな。
ナンバーを見ながら、この運転手さんはみんなに「311」を忘れないようにと知らせているんだと思った。
たまたまこのナンバーの車を買っただけかもしれない。
あの日の前に買っていたのかもしれない。
本人の誕生日なのかもしれない。
運転手が意図したものか、あるいはそうでないとしても、
この特別な数字に、はっと気がつく人は私だけではなかっただろう。

最近、「満月の夕、ブラフマン」で検索して私のブログを訪問してくださる方がちらほらといらっしゃいます。
2015年9月15日のブログを見てくださっていると思います。
ありがとうございます。
この特別なバージョンは消えないでほしい。

♪満月の夕/ブラフマン

「満月の夕」が2バージョンあると知っている人ならば、このブラフマンの演奏は特別なものと感じると思う。
ひとつにして歌うということのメッセージがひしひしと伝わってくる。


追記
満月の夕は、阪神淡路大震災の時に出来た音楽です。
当時高校生だった私はそのことを知らずラジオから流れるソウルフラワーユニオンの「満月の夕」に出会いました。
音楽の背景を知らなくても、音楽はそれだけで素晴らしいと思った。

♪満月の夕/ソウルフラワーユニオン

太陽

20160305.jpg
昨日の夕陽は肉眼でもはっきり見えるほどの形と色でした


201603053.jpg
ところどころ黒く見えるのは黒点でしょうか


201603052.jpg
囚われた太陽

どういう気象状態だったのでしょうか。
普段は凝視できない太陽がこの日は眩しくありませんでした。
雲の状態がいつもとは違かったんだな、きっと。

地球から太陽までの距離は1億5000万km!
太陽の光が地球に届くのに約8分半!
太陽の直径は140万km、地球の109倍!
横一列に地球が109個も並べられる!
では、この太陽の中に地球が何個入るのかと言うと、(体積、詳しい数値は置いといて)約100万個だそうです。
ひょえ~!
(数値はネットで調べました)

でも宇宙には太陽の2000倍もの直径を持った恒星があるというから、驚きです。
身近なベテルギウスは太陽の1000倍の大きさ。
夜空に輝く恒星は小さく見えるけれども、実は近づいたらものすごく大きな星なんですよね。
「ものすごく」なんて表現じゃ足りないね。

にんじょうぎょうるり

面白かったなー「ちかえもん」
人形浄瑠璃の近松門左衛門のコメディ時代劇。
キャストがこれまた良かったんですよね。
毎週木曜日、録画して見てました。

毎回、60~70年代あたりの日本の音楽(ちょっと替え歌)が流れるんですが、全部良い選曲で、
最終回はもうぴったりな感じで。
あの頃のフォークソング好きだったりします。

我が良き友よ

いいねぇ

この曲も使われていました。
赤穂浪士の件で。
フランシ―ヌの場合

この曲はあるニュースがもとになって作られた曲です。
ここでは詳細は省きますが、「フランシ―ヌの場合 歴史」や「フランシ―ヌ・ルコント」で検索すると出てきます。
パリの朝に燃えた、一人の女性の話。
この曲を私が初めて聴いてたのは幼稚園の頃ですが、意味を知ったのは20歳も越えた頃。
音楽は意味(歌の背景)を知らないで聴いても感動するけど、意味を知ったら知ったでもっと深く聴けますね。

散策

201603042.jpg
もう少しだ


201603043.jpg
ちょっと痒かったの


201603044.jpg
福寿草の丘


20160304.jpg
まるです

20160302.jpg
氷柱の中

撮影

一関文化センターで行われた「一関ハンドクラフト展vol.3」へ行ってきました。
ニコンとペンタックスをタスキ掛けにして、全店舗を撮影してきました。
今回はペンタックスが大活躍でした。
さすがのK3。
ファインダーを覗きながらあれこれ操作できるのはやっぱいいな。
2ダイヤルの強みでささっと調節できる絞りとスピード。
室内で撮るならペンタックスが良いのかなぁと個人的に思いました。
と言っても、ニコンもペンタックスも自分のカメラじゃないんですけどね。

撮影に協力していただいた方々、ありがとうございました。
そして主催者さんに感謝申し上げます。
フォトブックはただいま編集中でございますので、いましばらくお待ちください。


ぽすか
ポストカードを作ろうというコーナーがありまして、参加して作ってきたオリジナルポストカードです。
紙を林檎の形に切り、外枠を使ってスポンジに付けた絵具をポンポンと押しあてて出来上がり。
結構気に入っています。
画筆では出せない質感、スポンジの繊維が良い感じにキズを付けています。
とても楽しい体験でした。

壊れた

20160301.jpg
壊れた雨樋からの滴
こういうのを見ると、水の形って面白いなぁと思うのです
壊れていなければ見れなかった光景


201603012.jpg
雪が降りました


201603013.jpg
走る ふく

一昨日撮った写真です
今日は朝からずーっと雪
見たもの、聴いたもの、思ったこと