プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく5才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南
ISS Live
(ISS搭載カメラからのライブ映像)
天気

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
echasl201607062.jpg

いちかばちかで

地元のコミュニティFMにリクエストしたら、流していただきました。
音源があったのですね。
感謝。
♪Best Day Of My Life /American Authors

朝にぴったりな曲だと思ったので、朝にリクエストしました。


拍手ありがとうございますdeko (63)

低気圧

私の不調は気圧によるところも大きいかもしれない。
低気圧が近づいてくると、なんだか調子がいまいちです。
まさに今。

いろんなところで頑張っている人がいる。
その一人になれない自分は今日もぐだぐだと過ごしているのです。
ごめんなさい。
誰に謝っているのか。
「逃げ道ってのは甘えの道だ 誰でも楽に歩けるかわり どこにもたどり着けない」
宇宙兄弟20巻#190
本当に考えさせられる言葉です。
そうだよな、と思ってみたり。
時に逃げることも大事だよな、と思ってみたり。
自分の中にひとつの芯みたいなものがあればいいのになと思う。
ふらふらと揺れてばかりじゃ先が定まらない。
竹はしなるからこそ丈夫なんだと言うけれど、
それは根っこが広く張ってあるからで、
そういう人になりたいです。
身も心も丈夫になりたいものです。

今日の一曲
♪Demons/Imagine Dragons

いつ聴いても本当にかっこいい。


拍手ありがとうございますdeko 54
「大丈夫」その一言がとても嬉しかったです。
ありがとうございます。

こういうのも

さっき知ったバンド。
こういう音楽も大好きです。
楽器と声だけのシンプルな音楽。
♪Hurtin' Inside/The Boxcars

ブルーグラスと呼ばれているジャンルだそうで、
いいですね。


日本でこういう感じをやってるのは誰かなと考えたところ、
私の知ってる範囲ではOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDでしょうか。
この長いバンド名。
オーバーグラウンド・アコースティック・アンダーグラウンドです。
ブルーグラスとはまた違うジャンルかもしれませんが。
9月に新譜がでるそうです。
♪Making Time/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

ギターの走る感じがかっこいいですね。


拍手ありがとうございますdeko (61)

とんび

tombi 0729
後姿
なんとなく若いトンビのような気がします。


tombi 0729 2
とても気持ちよさそうに旋回していました。



kamemushi 0729
今か今かと飛び立つのを待っていたのですが、
なかなか動かず、こちらが暑さに負けてその瞬間の撮影は断念しました。


今日の ふく
fuku 0729
虫の気配が!



bee 0729
ハチさんこんにちは。
(刺すなよ~)


拍手ありがとうございますdeko (62)

今朝聴いた

朝目が覚めて、ボーっとしながらラジオをつけました。
なんかいい感じの曲が流れていたので、バンド名と曲名をメモしておきました。
それがこの曲。
♪The Best Day Of My Life/American Authors

こういう感じの曲調好みです。
イマジン・ドラゴンズのような(といわれるのは嫌かもしれませんが)、
彼らの音楽性に近いかなと思います。
かっこいい。
わりと私の洋楽の好みの範囲は狭いかもしれない。


拍手ありがとうございますdeko (55)

梅雨が明けました

センペルビウム 0728
センペルビウム
もっと花は開くのでしょうか。


himawari 0728
ヒマワリとハチ
ひまわりの良い匂い


今日の ふく
fuku 0728
ん~伸び~


fuku 0728 2
ゴロンゴロン


fuku 0728 3
なにやってんの?


fuku 0728 5
にゃ~



fuku 0728 6
ちょっと、ちゃんと撮ってよ?


拍手ありがとうございますdeko (10)暑い夏が来るのでしょうか。

thank you

たくさんの拍手に感謝をこめて。
♪Cigarettes and Chocolate Milk /Rufus Wainwright

どんな歌詞内容なのかは、はっきり分かりませんが、
聴いてて心地よい曲。
現代風でもあり、中世的な魅力もありつつ。

ルーファス・ウェインライトの音楽の出会いは、
ハレルヤのカバーを聴いたのがきっかけでした。
この曲はかなり好きで、ラジオ選曲(一回目)の時にも入れました。
♪Hallelujah

映画のサントラになったり、フィギュアスケートの音楽でも使われているので、
知っている人も多いかもしれませんね。
本当にすばらしい曲。

オリジナルCDは一枚も持っていないのですが、
お金に余裕があるときに買おうと思ってるアーティストのひとりです。


拍手ありがとうございますdeko66.gif

J.L様 コメントありがとうございます。
消えたコメントの行方は私にも分かりませんが、
そんなことがあるんだなと勉強になりました。
私も気をつけねば。
ルーファス君の話を楽しみにしています!

ふと

聴きたくなった。
♪Call Me/英珠


Colors_201407272348456f2.jpg
カバーの名盤だと思います。


拍手ありがとうございますdeko (50)

レトロモダン

車で10分かからないところに、こんなに素敵な場所があったとは!
陣の里
陣の里(じんのさと)交流スペース

童話の世界に入ったような感覚で、
視線の先には珍しいものや興味深いものばかり。
本棚に宇宙の雑誌が一冊ありまして、
私が持っているのと同じだったのが密かに嬉しかったです。

陣の里3
美しい薪ストーブ


陣の里4
素敵だ


電球傘
いいですね~
陶芸教室もやっているそうです。


ミシン
こういうフォルム、質感、かっこいいです。


ミシン2
大正ロマン的な印象


タイプライター
日本語のタイプライターを初めて見たかもしれません。

陣の里さんについての詳細はこちら→陣の里ホームページ

レトロなものが好きな人は絶対に気に入る空間だと思います。

久しぶりにソニーのコンデジで撮りました。
デジイチを持っていけば良かったなと悔やまれます。


拍手ありがとうございますdeko5.gif
つなこ様 コメントありがとうございます。
次はデジイチ持っていきまっす。

夕方に

kamakiri 0727
こんにちは


kyuuri 0727
キュウリの蔓
美しいうずまき


hyakunichisou 0727
この存在感たるや、ブラボー。


himawari 0727
花びら入れて直径30センチくらい。



fuku 0727 5
カナヘビ見っけ



fuku 0727
てへぺろ


fuku 0727 4
おじぎの見本
はいっ135度


fuku 0727 2
あ、あくび出そう



fuku 0727 3
ふあ~



fuku 0727 6
今日は涼しかった


拍手ありがとうございますdeko9.gif

たまねぎの下で

グラジオラス 0726
白のグラジオラス


グラジオラス 07262
ピンクのグラジオラス


チョウセンアサガオ 0726
チョウセンアサガオ 閉じた状態
これはこれで美しいです。


センペルビウム 0726
センペルビウム
まだ満開とはいきませんね。


ageha 0726
電線がなければなぁ


今日の ふく
fuku 0726
今日は姪っ子の椅子で。


fuku 0726 2
あ、見つかっちゃった。


fuku 0726 3
田植え機械の椅子は心地いい。


fuku 0726 6
発車よーい。


fuku 0726 5
たまねぎの下で。


fuku 0726 4
今日も暑かった。


fuku 0726 7
熱中症には気をつけてね。

拍手ありがとうございますdeko3_20140115114247655.gif

釣果ゼロ

大堤
甥っ子とその友達が釣りをしたいというので、近くの堤に行きました。

KY.jpg
場所を変え、餌を変え、糸のたらし方を変えたりしたけどだめだったようです。
最後は水路でねばっていました。
炎天下の二時間、
少年たちは糸をたらしながら、あーでもないこーでもないと話していました。


本当は釣り上げた魚を撮ろうと思ってカメラを持っていったのですが、
釣果がゼロでしたので、まわりの景色などをパシャッと。
minamo 0725
水面のゆらゆらって抽象画みたいだな、と。


minamo 0725 2
涼しげで、足を入れたくなりました。
(入れませんでしたけど)


minamo 0725 3
木漏れ日というか葉漏れ日というか。


otamajyakushi.jpg
大きいおたまじゃくし
成長したら、ウシガエル?かな。


kokage.jpg
暑い日は木陰が本当にありがたく感じる。


matubokkuri.jpg
まつぼっくり


nejibana 0725
ネジバナ


tree 0725
この木の名前、なんだっけな~。
→ねむの木でした!

aosagi 0725
アオサギ
晴れてる日はいいけど、雨の日って大変だよね。



bird 0725
ツバメかな。

今日は最高気温でした。
本当に暑かった。


拍手&コメントありがとうございますdeko (34)
J.L様
拍手コメントの公開、非公開はどちらでもかまいませんので、
お気軽にお書きくださいね。
たくさんの拍手をいつもありがとうございます。

つなこ様
木の名前を教えていただきありがとうございました。

五人展

第9回 女流作家五人展を見に行ってきました。
(写真掲載には店主さんに了解をいただきました)
0724 14

写真は作品の一部です。

0724 7
いらっしゃいませ~
と言われた気がしました。
こちらの猫作品は、本間文江さんという方が作成した「火焙り猫」です。
凛とした姿が美しいですね。


0724 9
光沢のある白猫
かわいいです。


0724 8
何か話しかけられてるような気がする。
どこからきたの?って。


0724 10
手作りだからこその優しいフォルムが心和みます。
なでたくなるような佇まいに自然と笑みがこぼれました。



こちらは馬渡裕子さんの作品
0724 1
こういう感じ好きです。
まさにアートな世界観。
空想に耽りたくなります。


0724 2
素敵な想像力をお持ちの方なんだな~と思いながら見ていました。



ガラス工芸作品は菊田佳代さん
0724 3
ガラスの作品って丸いイメージが(個人的に)強かったんですが、
平面の美しさや形状に目が惹かれました。


0724 4
アクセサリーも個性的なものばかり。



オブジェは本田恵美さん。
0724 6
白色の面白い形。


0724 5
温もりが伝わってくるような「白」とその存在感。
素敵だな~。


急須やお皿などの作品、伊藤仁美さん。
0724 12
実用的な作品で、こういう食器とともに暮らせるおうちに住んでみたいです。


0724 11
真ん中に花びらが一枚。
これがあるのとないのとでは印象ががらりと違う。
優しい風合いの作品ですね。


今回も素敵な作品を見ることができました。
ひとりひとりが持っている魅力は本当に素晴らしかったです。

場所 ギャラリー土夢(一関市山目町)
会期 7月19日~7月27日
時間 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
入場料 無料

興味のある方は、是非行ってみてください。
建物自体も素敵なところです。


拍手ありがとうございますdeko (55)

太陽じりじり

tubame 0724
電線にとまっていたツバメ
この状態で静止していました。
上向いて口あけて、何をしていたのでしょう。


himawari 0724
咲いてるひまわりが2メートルくらい。
今年はどのくらい成長するかな。
過去には3メートルのがありました。


yamayuri 0724
花の重みで倒れそう。


yuri 0724
クロアゲハがやってきました。


yuri 0724 2
花粉をたくさんつけて。
植物と蝶(虫たち)の関係は本当にすごいなと思う。


センペルビウム 0724
センペルビウム
まだ咲かぬ。
もうひといき。


今日の ふく
fuku 0724
あづいんですけど~


fuku 0724 2
からだ柔らかいでしょ


fuku 0724 3
年季が入っているけど、現役です。


fuku 0724 4
家の中もあづい~


拍手ありがとうございますdeko (62)

曲線

yuri 0723
植物の曲線っていいですよね。


flower 0723
この花は何だろう
(調べ中)


tomato 0723
そろそろ食べごろ


semi 0723
セミ


fuku 0723 2


fuku 0723
風向きはこっち


fuku 0723 3
平べったい ふく


拍手ありがとうございますdeko66.gif

愛のある笑い

誤解をされては困るので最初に言っておきますが、
筋肉少女帯もhideも私にとっては好きなアーティストです。

それを踏まえたうえで・・・・
♪DICE/筋肉少女帯

筋肉少女帯がhideのカバーと聴いて一瞬耳を疑いましたが、
姉に聴いてみてと言われ、聴きました。
オーケンの声が入った瞬間笑ってしまいました。
でもこれ、愛のある笑いですから!
オーケンはどんな曲でも、オーケンなのだな、と。
何度もリピートしながらこのブログを書いているんですけど、
5回目くらいで、なんかこれはこれでアリだなと思えるようになりました。
橘高さんのギタープレイかな、かっこいいですね。

オリジナルはこちら
♪DICE/hide



拍手ありがとうございますdeko65.gifにゃ

昨日のセミの抜け殻

yuri 0722
昨日は2つだけしか咲いてなかったのですが、増えました。


yuri 0722 2
昨日の写真ではつぼみにセミの抜け殻がついていたのですが、
咲いたらどうなるんだろうと思って今日見てみたら、
咲いてもしっかりついていました。


yuri 0722 3
良い匂いです。


take 0722



チョウセンアサガオ 0722
チョウセンアサガオ


チョウセンアサガオ 07222
アサガオだけど、ツル性じゃないんだね。


kyuuri 0722
キュウリのツル
巻きつく先を求めてるんだな。


kaeru 0722
小さな生き物にとって、人間の存在ってどう感じるんだろう。


今日の ふく
fuku 0722
土の上はひんやりしていて気持ち良い~
午前4時にネズミを捕まえてきて家の中に持ってきて遊んでいました。
ガタンガタン、ゴトンゴトンとあまりにもうるさいので、
口にくわえたのを見計らって、そのまま外に出しました。
朝の4時は勘弁してくださよ、おふくさん。
それにしても、うちの歴代の猫でこんなに獲物をとるのはいなかったかも。
捕ってもいいけど、家の中に持ってくるのはやめてほしいですな。


拍手ありがとうございますdeko (63)

梅雨明けのような

sky 0721
朝からずーっと良い天気でした。
梅雨明けしたような気候ですが、明けたかな?

クレマチス 0721
クレマチス
咲き終わったと思ったら、ぽつぽつと咲き始めました。

センペルビウム 0721
センペルビウム
今日には咲くかなと思ったのですが、ちょっと開いただけでこの状態のまま。
予想では今週中に咲くと見た。
その全貌やいかに!


himawari 0721
赤いひまわり


himawari 0721 2


hyakunichisou 0721
ひゃくにちそう
西日に照らされていました。


yamayuri 0721
ヤマユリ
なんとも良い香りが辺り一面に漂っていました。

yuri 0721 2
大きいです。


yuri 0721
つぼみにセミの抜け殻が。


今日の ふく
fuku 0721
暑くなりそうだ


fuku 0721 2
もっとなでれ


fuku 0721 3
やっぱ日陰よね


fuku 0721 4
セミ、逃げちゃった


拍手ありがとうございますdeko (50)

芸術は・・・・だ

或いはアナーキー
「或いはアナーキー」 BUCK-TICK
2014年6月4日発売

『「見たり、聞いたり、読み、書くことが出来ないモノ」或いはアナーキー』
『     或いはアナーキー』
なのです。

今井さんのネーミングセンスには本当に驚かされます。
凡人の思考の私には到底たどり着けない境地だなと。
だからこそ面白いというか。

このアルバム6月4日発売だったのです。
昨日、やっと聴きました。
タイミングを計っていたというか、
自分の中にあるピントが合った瞬間に聴こうと思っていたら一ヶ月以上経っていたという。

もう20年弱の付き合いとなるBUCK-TICKの音楽ですから、
発売してすぐに聴くことがあたりまえだと思っていたのですが、
何かが自分の中で変わったのかなと。
距離を置いて本当に好きなのかどうかを確かめたかったのかもしれません。
で、やっぱり好きだなと確信したわけですよ。
めんどくさい私です。

一曲目のあの感じはどう表現していいのでしょう。
ガジベリビンバーって何?
GJTHBKHTDって何?
♪DADA DISCO -GJTHBKHTD-


ガジベリビンバーは「Gadji Beri Bimba」。
調べてみたら興味深いことがわかりました。
フーゴ・バル(1886~1927)、ドイツの詩人による音響詩のタイトル。
(音響詩:言語を意味から解放することを目指したジャンル)
こちらで聴けます→Gadji Beri Bimba(youtube)
つまりは、「意味がない」ということですね?
「意味がない」という意味ではなくて、意味がついてないということ。
最初に聴いたときはなにかの呪詛かと思いましたが(笑)、
芸術って紙一重ですからね、とても興味深い響きでした。
誰かも書いてましたが、タモリさんが外国人のものまねやるような感じに聞こえました。

で、GJTHBKHTDですが、ヒントは岡本太郎でした。
岡村太郎の名言といえば、そう、あれです。

今回のアルバムは今井さんいわく、シュールレアリスムだそうで、
「芸術」に含まれるアナーキーな部分を表現したかったのかなと推測。

意味のないものに意味を見出すとか、
意味のないものこそ意味があるとか、
そもそも意味ってなんなんだとか、
そんな堅苦しいことを考えた上で、解き放って楽しむことが面白いのです。
私にとっての音楽は。


♪世界は闇で満ちている

世界は闇で満ちている 君が輝くために
こういうストレートな歌を歌うのも珍しいような気もする。
個人的主観です。
素敵な曲ですね。

ガジベリビンバー!


拍手ありがとうございますdeko (64)

True Colors

♪True Colors/John Legend


♪True Colors/Cyndi Lauper


So don't be afraid to let them show
your true colors are beautiful, like a rainbow.



拍手ありがとうございますdeko 54

小さな生きもの

kaeru 0717
花の上で休憩中



batta 0717
飛ぶ瞬間を待っていたのですが、じっとしてました。



semi 0717
地中から這い出てここにたどり着いた。
この抜け殻の主はどこにいるのだろう。


センペルビウム 0717
センペルビウムの花
昨日よりは1mm開いた感じでしょうか。


fuku 0717
今日は甥っ子の椅子の上で居眠り。


拍手ありがとうございますdeko.gif

数値感

数日って何日だろう?って思ったことないですか。
数年は何年?
数人は何人?

私は、2~3のことだと思っていました。
そういうふうに習ったのか、勝手に思っていただけなのかは分かりませんが、
数日中っていわれたら、2~3日なんだなって思っていました。

3~4だと言う人もいれば、4~5、5~6だと言う人もいる。
年配になるほど後者が多いような気がします。

これは明確に決まっているわけではなさそうで、
だいたい2~5の間のくらいのぼんやり感を含む表現のようです。

はっきり伝えなきゃならないときはこの表現は使えませんね。
2~3と思ってる人と、5~6と思ってる人の間では、
ちょっとした不具合を引き起こしかねません。


話題とは特に関係ないですが、この曲をよく聴いてます。
♪Counting Stars /OneRepublic

かっこいい曲です。


拍手ありがとうございますdeko (61)

晴れのち曇りのち雨

himawari 0716
たくさんの葉っぱに太陽の光を受けて


himawari 0716 2
しっかりとガクに支えられて


himawari 0716 3
ひまわりは咲くことができる


ヒャクニチソウ 0716
ヒャクニチソウ
かわいらしい花です


flower 0716
モントブレチア
毎年見るけど、名前は初めて知った。
覚えられそうもない名前だなあ。

taniku 0716
なかなか咲きません。


taniku 0716 2
こんなんですよ。
どう見ても伸びすぎでしょ。
この多肉植物の名前は、センペルビウムというそうです。
花が咲くと枯れてしまうと書いてあったんですが、
どうなってしまうのでしょう。
数年間放置していましたが、花が咲くのは初めてです。
枯れるのはやだけど、早く咲いて~。


fuku 0716
雨宿りの ふく


fuku 0716 2
今日のハンティングはお休み。


拍手ありがとうございますdeko9.gif

咲いた

himawari 0714
ひまわりが咲きました。


himawari 0714 2
開く前のこの感じも好きです。
上のひまわりとは種類が違います。


hyakunichisou ageha
今日はものすごく暑かったです。
さらに日焼けしました。


gakuajisai 0714
アジサイも今が見ごろです。


taniku 0714
なかなか咲きません。
もどかしい!


fuku 7
まぶしいんですけど。


fuku 0712
やっぱりなんかいる!


sunset 0714
今日の夕焼け

拍手ありがとうございますdeko (6)

sky 0711
午後には青空が見られました。


sky 0711 3
夕方の空
気持ちのよい風が吹いていました。
まさに台風一過。


ひまわり 0711
開花までもう少しだ!


giboushi 0711
雨露のギボウシ


mizutama 0711
ころころとした水玉


sky 0711 4
満月かな。
今日は見た目に大きな月でした。
雲の感じが好き。


sky 0711 5
太陽とは違う、月の明るさで撮る風景もいいですね。
一眼レフって面白いな~と思う。


hotaru 0711
蛍を撮ってみたんです。
家のまわりの田んぼには10匹くらいいました。
暗い中でピントを合わせるって結構ムズカシイ。
次からはもうちょっと勉強してから撮ります。


fuku 0711
田んぼまでふくが追いかけてきた。


拍手ありがとうございますdeko (5)

探し物

一昨日撮ったものから
fuku te
ふくの手


fuku 0710 2
ツツジの奥になにかいるようで、
最近はこういう光景をよく見ます。


fuku 0710


fuku 0710 3
猫の行動を観察すると面白いです。


台風、静かに通り過ぎますように。


拍手ありがとうございますdeko66.gif

挿入歌が!

宇宙兄弟のテレビアニメや、実写版は見ていないのですが、
8月に公開されるアニメ映画は見たいです。
小山宙哉さんが脚本を手掛け、
マンガ本にはないブライアンとヒビトのやり取りが描かれているという。

そして挿入歌にザ・クロマニヨンズのこの曲が決まったそうです。
♪雷雨決行/ザ・クロマニヨンズ

かっこいいな。

早く宇宙兄弟の新巻が読みたいです。


ギボウシ 2
ギボウシ


ネジバナ
ネジバナ


ヒャクニチソウ
ヒャクニチソウの開花始め
イソギンチャクに似ているなと思って撮りました。


♪花/石嶺聡子


台風が日本列島から離れていきますように。


拍手ありがとうございますdeko65.gif

ふくの遊び相手

※記事下方に蛇の写真を載せています。
見たくない方はスルーしてください。

あじさい 0707
ガクアジサイ


sabo 0707
ちいさなサボテンに花が咲きました。
夕方には、花は閉じてしまいました。

taniku 0707
こちらの多肉植物は、もう少しで咲きそうなんだけどなあ。
台風が来る前に咲いておくれ~。


flower 0707
ヤナギハナガサ


アゲハ 0707
翅が傷ついてない美しいアゲハ。
オスとメスだと思われます。
どちらがどちらかは分かりません。


ふくの獲物
fuku 0707
日常的にモグラやネズミは捕ってくるのですが、
このサイズにはさすがにビックリしました。
呼んでも来ないと思ったらハンティングに行っていたのですね。
どうだ!すごいでしょ!と言わんばかりの視線。
モグラは食べません。
いつも遊ぶために捕ってきます。
あまがみです。
ふくから取り返して山に返しました。
ふく ごめん。
ちなみに昨日は蛇を捕ってきまして、家の中に連れてきました。
へび
30センチあるかないかの長さでした。
たぶん、シマヘビの子ども。
この蛇も山に返しました。
記念にパシャッと。
私は生きもの全般に興味があるので載せてしまいましたが、
爬虫類が苦手な方、すみません。
見た目の気持ち悪さより、
この生きものは一体何なんだという興味のほうが勝るのです。
普段から少ないアクセス数がますます少なくなりそうな予感・・・。

店で売ってる偽物のネズミのおもちゃには見向きもしなくなりました。
明日、ワクチン接種してきます。


拍手ありがとうございますdeko (62)
たくさんの拍手に、感激しておりますdeko 54
J.L様 コメントありがとうございます。
たまたま撮れた一枚で、幸運でした。
「偶然撮れた」ものを見返すたび、写真の面白さを感じます。

池のまわりに

ike_20140706154010c46.jpg
@悪法師堤
この付近の地名が「悪法師(あくぼうし)」というらしく、
由来がとても気になるところ。

ピンクと白の睡蓮が咲いていていました。
suiren 0706

suiren 0706 2


池の上をいろんなトンボが飛んでいまして、
ひときわ綺麗なこのトンボに目を奪われました。
choutombo.jpg
家に帰って調べたら、チョウトンボという名前。
光の反射具合で美しい翅色が楽しめます。
choutombo 0706


tombo 0706
なんとも雅な朱色でした。
赤とんぼの仲間(ショウジョウトンボ)。


kakitubata.jpg
日陰にひっそりと咲くハナショウブ


suiren-1.jpg
睡蓮の実のなれの果て。
自然が作り出す形状は、なんとも興味深いです。


fish.jpg
フナかな、コイかな。


今日の ふく
fuku 0706
屋外に置いてあるソファがお気に入り。


拍手ありがとうございますdeko (63)

視力検査

fuku 0528 9

上・・・ななめ右45度


拍手ありがとうございますdeko (16)
J.L様 コメントありがとうございます。
意図してない瞬間を撮ることができるのもカメラの魅力ですよね。
この瞬間も実は狙っていなくて、偶然撮れた一枚なのでした。
「すごい」と言っていただけるだけで、それ以上の褒め言葉はありません。
とても嬉しいです。
自由に写真を撮って、それを楽しい職業に出来たらいいなと思います。
私の夢かもしれません。

猫と一緒


日々草→ヒャクニチソウでした。
花の中に花があるみたい。
面白い花ですね。


daria 0704
ダリア
咲き始め。
やはり白色が入ると美しいです。


hprkm.jpg
緑の光沢が綺麗な虫。


アルストロメリア 0704
アルストロメリア


himawari 0704
今年もヒマワリ蒔きました。
もうすぐ私の身長を越えそうです。


yotuba.jpg
四つばを見つけたからって、幸せなことは起こらないのですが、
四つばを見て、ちょっと嬉しい気分になれることが幸せなのかもしれませんね。


ふくと私
fuku 0704
庭に撮影に出ると、足の周りをうろちょろ。
しゃがむと腿の上にあがってくる。
時々レンズに頭をゴツンとぶつけて、ピントがずれることも。
最近、猫の匂いに癒されています。

fuku 0704 2
ここ、剪定したほうがいいよにゃ


拍手ありがとうございますdeko (55)

見えないもの

この動画、何回見ても自然と笑顔になってしまいます。

普通なら怖がるはずなんだけど、世の中、いろんな猫がいるものです。
猫って本当に可愛い。

もうひとつ

猫とイルカの間には、人間には分からない会話がありそうですよね。


太陽が昇り始めた頃、ものすごく左膝が痛くなって目が覚めました。
仰向けに寝ていて、膝90度の角度から伸びないのです。
伸ばそうとすると強烈な痛みで、サビついた工具みたいに、ぎぎぎっとなって悶絶。
お皿と腿の筋肉の境目。
いったいこの痛みはなんだろうと、ゆっくりゆっくり痛いながらも伸ばして、なんとか真っ直ぐに。
真っ直ぐになったら痛みも消えたんですけど、
あの痛みはかつて味わったことのない種類の痛みでした。
体内の潤滑油がうまく回っていなかったのでしょう。
最近、身体のあちこちがチクっとしたり、ピキっと鳴ったり。
病院に行くまでもないというか、運動不足が引き起こす不定愁訴なのかもしれないな。


拍手ありがとうございますdeko (31)

木のぼり猫

fuku 0630
途中まで行くと疲れるのか、すぐ降りてきます。


kikyou 0703
桔梗も咲いてきました。


flower 0703
この花はなんだろう。
野草だと思うのですが、調べ中です。
(ご存知の方いらしたら、おしえてください)


拍手ありがとうございますdeko (56)

暑い

saboten 0702
どんな花が咲くのでしょう。
楽しみだ!
taniku 0702


拍手ありがとうございますdeko (11)

素敵な美術館

一関市千厩町にある「昌子(syoko)の小さな美術館」に行ってきました。
展覧会告知のラジオを聞いたAさんから電話があり、
「絶対気にいると思う」と言われ、
告知の再放送を聞いて、行こう!と思い立ちました。
現在、『ツノカケミサキ』展が開催されています。
(2014年7月21日まで)
銅版画作家さんです。

m-1.jpg
全体像を撮るとライトが反射してしまってうまく撮れなかったので、
以下、部分を載せたいと思います。
私の撮影技術が未熟なのです。すみません。
全体像は、是非行って見てください。
(撮影には館主の奥様にご了承をいただきました)

m-5.jpg
繊細な線だな~と感動しました。
これが銅版画ならではの味わいなのですね。


m-6.jpg
骸骨や異形の者たちを題材とした作品が多く見受けられました。
想像力がかきたてられます。


m-3.jpg
私はもともと奇妙なものや、グロテスクだけど美しさを感じるものにも興味があるので、
作品すべてに心にぐっとくるものがありました。


m-2.jpg
この作品のタイトルは「みんなの開拓地」というものなのですが、
なるほど、とうなずけるタイトルです。
一見、ちょっと衝撃的な印象ではあるのですが、
よーく見ると死骸に群がる“開拓者”たちのかわいい表情が伺えます。
かわいいと表現していいのか迷いましたが、私はかわいいと感じました。
生命というものの一面には、こういうものが存在する。
そんな事実を突きつけられたような気がしました。

全体を見た後の第一印象は、
ロックバンドのCDジャケットや挿絵にこういうのがあったら、かっこいいんじゃないかな、と。
含みのある(解釈の多様性のある)世界観。
とても良かったです。
あくまでも私の主観です。
見る人によって、イメージするものは変わってくることでしょう。


m-4.jpg
人形も作成しているとのこと。
ひょっとしたら、ティム・バートンとか好きなのかな。


m-8.jpg
展示室内はこのような感じになっています。
カメラのモードを変えて撮ったので、暖色系になっています。
常設展示の斎藤繁さんの(画像正面)水彩画も優しい印象でとても素晴らしかったです。
自宅の一部にこの美術館を作ったそうなんですが、
本当に素敵だなぁと思います。


m-7.jpg
展示室のあちこちにレトロなものがたくさんあって、
心落ち着く雰囲気を醸し出しています。


m-9.jpg
どんな歴史を刻んできたのでしょう。


nanako.jpg
番犬のナナコちゃん。
たくさん吠えていただきました(笑)
この身体のライン、美しいですね。


私のブログは閲覧者が少ないので、宣伝にはならないかもしれませんが、
興味のある方の目に留まることを祈ってアップしました。

興味のある方は、こちらのページをご覧になってから行ってみてください。
昌子の小さな美術館
deko (13) http://syokomuseum.jimdo.com/

急な訪問なのに、長居をしてしまいすみませんでした。
親切に対応していただいて感謝しております。
ありがとうございました!
芸術って素晴らしいなと感じた火曜日の午後でした。


拍手ありがとうございますdeko (55)
見たもの、聴いたもの、思ったこと