プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく5才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
echasl201607062.jpg

私的選曲 ♯3

♪夢魔-the nightmare-/BUCK-TICK



こういう世界を歌わせたら

右に出るものはいないと思う

ライブで観たときはもう圧巻でした

これはCDに入るでしょう 



私的選曲 ♯2

♪ghost/BUCK-TICK



アルバム『極東I LOVE YOU』に収録

この妖しさが堪らない

尋常ならざる美声であります

こんな死神ならばお会いしたい


・・・・・・・あぁだめだ、疲れがピークだっ


ファンが選ぶ曲を収録するそうです

来年の25周年に向けて

(シングル+ファンが選ぶアルバム曲の)CDが

三月に発売されるそうです。

BUCK-TICK 2011

で、このファンが選ぶアルバム曲がCD二枚分(計30曲)だそうで

これはこれは・・・なかなか(良い意味で)ヒートアップしそうな企画です。

まずはねぇ

この曲は外せないでしょう

100%入るという自信があります

この曲が入らなかったら・・・いや絶対入るでしょう



♪COSMOS



投票は11月1日~11月30日

時々このブログで、個人的収録曲(希望)の曲を載せていきたいと思います。

完全なる私の妄想選曲ですので

スルーしていただいてかまいません・・・・おほほ。



ひとつ思ったんだけど

CD-1(シングル・タイトル曲集)
CD-2&3(ファン投票によるアルバム曲BEST30)


CD-1のシングル・タイトル曲集の「タイトル曲」ってなんだろ

アルバムのタイトルとか・・・?

だったらCOSMOSはアルバムのタイトル曲だからCD-1に収録される??

ま、どっちみちCOSMOSは入るということですな、はい。

読書

前作「神様のカルテ」がとても良かったので

続きが気になっていました。

二日かかって読んだのですが、後半はもう落涙状態でした。

良い作品だな~としみじみ思いました。

“医者も人間であること”

それを改めて考えさせられる小説でした。

ひとは必ず死ぬ

こればっかりは変わらない 真理。

日常

♪日常/星野源




アルバム 『エピソード』2011
エピソード

今日の天気はまさに星野源日和な感じでしたので

PCの中に入れてた音をやっとCDRに落とす気分になりました。


前作『ばかのうた』が個人的に素晴らしい出会いとなった故、

今作もなにかしらの期待をしていたのですが、

星野源よりも強力な音楽に出会(再会)ってしまっていたので、

なかなか「聴くぞ!」という気分に至らずにいました。

でも今日のこの天気は星野源のメロディがアタシを呼んだのさ

・・・・ふぉ。

ちゃんと聴いたらまた載せます。


さっき役場前を通ったのですが

銀杏並木が黄色に色づいていたのを見て

おぉぉ~と秋を実感したのでありました

あの黄色は眩しいね

美しいね

まだ緑の葉もありましたが

全部黄色になったら凄いだろうな、とバックミラー越しに思ったのでありました。

ってことで休みの半分は祖母の病院の送迎になったので

午後は何をしようか

まずはラーメン食べて

ストパーかけたいな、と思いつつ

12月のライブが近づいてからでいいかなと思ったり

しっかしあたしの毛髪は量が多いのだ

ちょっとくせ毛も混じってるから

しかも中途半端な長さで・・・

とりあえず髪を伸ばそうかと思うので

しばしの我慢だな(結べるまでの)


これが日常。

なんてことない日常。

感謝。

漫画本

20歳を過ぎてからほとんど漫画本を読まなくなっていたんですが

20代後半辺りから良い漫画に巡り合えまして

宇宙兄弟に続いてハマっているのが

「聖☆おにいさん」(せいんと☆おにいさん)です

延期になっていた7巻が発売になりました

せいんと

たぶん今までの巻の中で一番笑えたかも

(姉は「え、そう?」ってな感じでしたが・・・)

ブッダとキリストの下界でのゆる~い生活の漫画です

仏教とキリスト教の知識がなくても面白いかもしれませんが

知識があれば数倍たのしめます

一番笑えたのは「十一面観音さんの十一面の全面のレビューの一コマ」です

ね、なんかおもしろそうでしょ!

あとはゼウスのPVもウケタね

・・・・・

誰か読んでないかな~



お次は

「岳(がく)」

岳15

山登りと山岳救助隊のおはなし

今回も泣けました

素晴らしい漫画です

けしてハッピーエンドにはならないストーリーなのですが

心に沁み渡る話がたくさんあります

悲しい出来事や回避できないことは毎日の生活の中にたくさんあって

それでも受け入れる心のあり様がなんとも優しく逞しく描かれています



漫画本て凄いなと思う

私にとっての今の一番は「宇宙兄弟」ですが

別の“たのしさ”という意味では「聖☆おにいさん」も「岳」も

素晴らしいな~と思います

おススメです

ヨーグルトが好きな人におススメ

毎日食べてます

凄く美味しいので、是非お試しください


「岩泉ヨーグルト」
岩泉ヨーグルト



1kgと2kgとがありますが

私は2kgを買っています


ネットを見ると1kg=800円、2kg=1200円とありますが

私の地元のスーパー(イオン(旧サティ)、生協)では

2kg=980円で買えます!!

一度このヨーグルトを食べたら他のは食べたいと思いません

(個人的感想です)

それくらいやみつきになる程おいしいです

もっちりとした食感

加糖なのでそのまま食べてもおいしいです

商品説明はこちら→岩泉乳業株式会社(オンラインショップ)

一度お試しあれ~

ヨーグルト好きは試すべし!!!



岩手県岩泉町についてはこちら→岩泉町wikipedia

Lingua Sounda リンガ・サウンダ

新レーベルか~

今までもそんなにどこのレーベルとか気にしてなかったけど

BUCK-TICKさん

25周年目にして独自のレーベルを立ち上げるのですね


“Lingua Sounda”という新レーベル

意味は「世界共通音」という意味を表現する造語だそうです

なんとなく語の響きに今井さんの気配が感じられる


春にはシングル

夏にはアルバム

発売予定だそうです

おぉおぉ楽しみだ



それにしてもHPの5人のショットですが

あ、あ、あ、あ、あっちゃんにそんな恰好をさせたら

ますます魔王じゃないの~

シルバーのラメっぽいマント(マントなのか?)は

ドラキュラっぽくて素敵だけど

なんか浮いてないか ひとりだけ

そういうコンセプトなのか?そうなのか?どうなのよ?


まぁどんな格好をさせても独特のオーラを出し続ける櫻井氏には

もはや突っ込みませんとも


あれだな、もしこんなドラキュラがいたら

あたくし自分から血を吸われにいくかもね・・・あは。

どっぷりと浸かる

Lilles and Remains(リリーズ・アンド・リメインズ)

なんかもう かなりの時間聴いてた気がする

私にとってこのバンドのサウンドは

心地が良いです

声と音

バランスが私好みなのだよ

いいねぇいいねぇ


低音がね

地中深くで息している生物のような

海の底で泳ぐ深海魚のような

低空飛行でゆらゆらしている物体のような

なんかこう・・・・蛇行している感じというかイメージというか

こういう表現で精一杯なんですが・・・伝わりましたでしょうか

え、さっぱり分からないって?

その前に褒めてないって?

あくまで個人的な感覚でございますのでどう思うかはひとそれぞれ。

表と言うよりは裏

裏だけど表

黒だけど白の要素もあるよ・・・と。

ますます分からんね。

自分でもようわからん。

でもでもとにかくかっこいいのです

すっげー好きかも 彼らの音楽は。


♪human intellect






良さに気づく時

THE CLASHはあまりに有名なので

いつでも聴けるだろうと思ってなかなか聴いてこなかったバンドでしたが

ついに「今(一昨日)が聴くとき」と思って聴きました

まずはこれまた有名すぎるアルバム

もちろん一曲目は知っていましたが

それ以外は知らない

london calling


1979年発売 3rd


私の好きないろんなバンドが「好きなアーティストは?」という質問で

必ず出てくるのがThe Clashというバンド

どの辺がいいんだろう・・・と思いながら二曲目以降を聴いていくうちに

(一曲目は前から好きな曲)

いやいや いいじゃないですか!!

かっこいいではないですか!

世界中のバンドマンが惚れるわけだね

と納得しました

これは1stも2ndも聴かねばならぬな~


いろんな要素が入ってて かっこいい

やっと聴けた

タイミングって大事だ。


♪London Calling


heaven's hell

♪heaven's hell/Cocco



Coccoのベスト盤

ようやく聴きました

Cocco best

載せた動画のheaven's hellは

ライブバージョンが最後に収録されています

(オリジナルは入っていません)

なんか 本当に とても 良い曲だ

感動 心が奮える音楽


7日間出勤して

明日やっと休みかと思うと

何をしようかな…と考えるんですが

きっと何もしないまま音楽を聴きまくって

読書に耽りそうな予感

いや、体を休めるにはそれがいいか。



海を見にふらりと行こうかと思ってはいるんですけど

なかなかね、まだ時期じゃないか、とも思う。


涙はね、海の味がするんですよ


拍手頂いておりました

ありがとうございます

ザ・50回転ズ

♪KILLER/ザ・50回転ズ



こちらもTSUTAYAです

5枚で1000円だもんな

ついついあれもこれも借りてしまいます

このブログではおなじみ ザ・50回転ズです

「あんたの趣味は片寄ってるね」と言われましたが

自分ではよく分かりません、自分の趣味が。

ロックンロール世界旅行

2011年発売


好きなものは好き。

変だけどかっこいい

それが50回転ズなのです!

tacica

♪鼈甲の手/tacica




こちらもTSUTAYAで借りました

これはなんとなくバンドネームにそそられて聴いてみたのですが

いいですね~

声も良いですが

音の厚みも好みです



アルバム『jacaranda(ハカランダ)』2009 2nd
jacaranda.jpg

なんかホント 知らないバンドってまだまだあるなぁ

発掘のし甲斐がありますね

Lillies and Remains

♪You're Blind/Lillies and Remains



Lillies and Remains の2011年のアルバム

『TRANSPERSONAL』

Lillies and Remains transpersonal

このバンドを知ったきっかけは2009年辺りだったかの

今井さん(BUCK-TICKのギタリスト)の「おススメの音楽」のブログでした。

昨日レンタルショップに行ったら新譜があったので迷わず借りてみました。

1stアルバムも結構好きで当時は良く聴いていましたのですが今作も良いです。

暗いね 黒だね 印象が。

いや、黒に近い紺のような・・・。

好み。

80年代90年代のニューウェイブとかポストパンクと呼ばれていたバンドを想起させるLillies and Remainsのサウンドは

リアルタイムで聴いてなかった自分のような人間には新鮮であったりします。

アルバムをなんとなく聴いてると単調に聴こえたりするかもしれませんが

じっくり聴くと、メロディや音の転調具合が「うわぁすげぇ」ってなります、私は。


全部英語詞なので訳詞見ないと何を歌ってるか分かりませんが

今作は「TRANSPERSONAL」と言うだけあって

TRANS=超える

PERSONAL=個人の人格・意識

「精神性」なるものを歌っている・・・と思う。

(大まか過ぎる?)

まぁ聴いてみて かっこいいと思えれば私はそれで「よし」です。



拍手いただいておりました

ありがとうございます

コメントなどありましたらお気軽にどうぞお書き下さいまし

r.e.m thank you very much

♪The Outsiders (live) /R.E.M




1980年の結成だそうです。

私が10代後半あたりに出会ったバンドです。

深く深く聴きこんでるバンドではないけれど、好きな曲は何曲かあります。

the outsidersはそのひとつ。

結成31年目・・・解散だそうです。


始まりがあれば終わりは遅かれ早かれ必然的にやってくるものだと

時々強く思うようになりました。


終わりは必然

だから始めることは無意味

とは思わない。


終わりはひとつの結果であり通過点であり

その途中が自分の実になるのもであれば

大いに意味のあるものだと思う。

いろんな場面において。


憂いのある音楽は心に響きますなぁ

良いメロディです。

秋は夜長だ

CALL ME/吉井和哉




今日はイエローモンキーと吉井和哉の日でした、個人的に。

なぜか無性に聴きたくなった

改めて聴くと やはり凄い

吉井さんは偉大だ!!

ぞくぞくする音楽 めったに出会えない名曲です


声がエロい(褒め言葉です)ですねぇ

色気というか・・・なんかセクシーだな


高校の時にイエローモンキーが好きな友達がいたのですが

石川ちゃん元気かな~

電車の中での音楽談義は今思えば貴重な日々だったな


「なぜか聴きたくなる」

「いきなり聴きたくなる」

こういう時は迷わず聴きます

自分が欲している音楽がわかりやすい時ほど気持ちがいい。

サカキマンゴー&リンバトレインサウンドシステム

サカキマンゴー

サカキマンゴー&リンバトレインサウンドシステム

『Oi! limba』2011


衝動買いってやつですよ

ラジオで流れてたのが気になって。


サカキマンゴーについてはこちら→サカキマンゴー公式ウェブサイト


アフリカ民族音楽と鹿児島弁の融合

こういう音楽もあるんだな、と新たな世界に出会えました

鹿児島弁は面白いですね

やわらかく感じるのはサカキさんの声によるものか

鹿児島弁特有のものなのか

方言て謎だ。そこがまた良い!


こういうのいいよね

♪Kiko And The Lavender Moon /Los Lobos




以前にも載せましたが

ロスロボスの中で「ラバンバ」と同じくらい好きな曲

というかこのPVが堪らない

妖しい

この妖しさが好きなのだ

なんか、良いのよねぇ

ワールドミュージック

不思議な音楽に出会った

♪Small/サカキマンゴー&リンバ・トレイン・サウンド・システム



音楽はアフリカ民族っぽいんだけど

言葉は日本語・・・というか鹿児島弁

訛りは異国の言葉にも聴こえるね


良い音だな~

アフリカの楽器 親指ピアノだそうです

不思議な音色ですね


親指ピアノについて(ウィキより抜粋)

カリンバ
カリンバ(KalimbaまたはCalimba)とは、親指ピアノ(thumb piano)の名前でも知られるアフリカの楽器の一つ。

板や箱の上に並んだ鉄や竹の棒を親指の爪ではじいて演奏する。形状も作る人によって様々で、並んでいる棒の数すら決まっていない。棒の部分に金属片が付けられたり、箱にビンのふた等が付けられたりして、振るだけでも鳴る。

オルゴールのルーツとも言われている。



親指ピアノの名称は地域によって異なり、リンバやムビラ(ンビラ)、デングー、リケンベ、サンジ、サンサ、マリンバ等アフリカの多くの地域で普及している。楽器の分類上では、ラメラフォーンが総称だが、カリンバという商品名が世界で普及したため、これが通称として知られることになる。

カリンバはアース・ウィンド・アンド・ファイアーのモーリス・ホワイトが愛用している楽器でもあり、彼のプレイで世界的に知られることになる。彼はまたカリンバ・エンタテインメントというセルフ・プロダクションを設立している。


見たもの、聴いたもの、思ったこと