プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ2才(メス)

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

クルクルフェチ 

床屋さんのあのクルクルは俺を魅了して止まない

クルクルフェチ:COIL

この曲好きだなぁ

PVも面白い

子供の頃

床屋さんのあのクルクルが気になって気になってしょうがなかった

今でも何故か見入ってしまう



そろそろ髪切るか

バッサリといきましょう



あ、そういえば

このクルクル

何て言う名前かご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください

heart of gold



やっとsuperflyの3rdアルバムを聴きました

良かったです

歌唱力が本当に素晴らしい

***

やっぱコレ

ニール・ヤングのheart of goldのカバー

いいね!

(原曲はかなり個人的に特別な曲でして)

スーパーフライの曲が流れた途端

一瞬思考が止まりました

嬉しかったです

ブルースハープの存在も素晴らしい

このハープの音はオリジナルもカバーも

ぐっときます




興味深い本

音楽の聴き方


岡田 暁生 著

「音楽の聴き方」

2009


***


ぶらぶらと

何か面白そうな本はないかと

書店内をうろついていました

目に入ったのがコレ

なにやら挑発的とも挑戦的ともとれるタイトルだな

と思いました

気になったので手に取って数ページを立ち読み・・・

これは買ってじっくり読みたいと感じました


***


この著者は西洋音楽(クラシック音楽)専門なので

この本も8割方クラシック音楽についての「聴き方」の考察です

私の音楽世界の中でクラシック音楽の占める割合は

せいぜい2割くらいなので

(他はロック、ポップス、ワールドミュージックなどなど)

作曲者や指揮者や曲名など

メジャーな人は知ってますが

(ベートーベンとかショパンとか・・・)

知らない名前や専門用語がたくさん出てきました

読んでいても「?」な所がたくさんありました

それでも最後まで読むことができたのは

文章の端々にちりばめられた言葉に

ジャンル関係なしに

音楽を聴くときの感覚として

“そうなんだよな”と頷ける箇所があったからです

そして

“なるほどな”と思える箇所があったからです


共感と発見

そんな感じの本でした


***


音楽とは矛盾に満ちた存在であって、

最も感じることが容易な要素ほど、語るのは難しい。

さまざまな比喩を駆使して、

間接的に指し示す以外にない。

そして逆に、誤解の余地なく言葉に置き換えられる部分ほど、

それを聴いて明確に把握するには経験と知識が要る。

専門的な耳が必要になってくるのである。

感じて分かることは言葉にし難く、

言葉に出来ることは感じるのが難しい・・・・

ここに音楽理解の独特の手ごわさがある。

(p86より抜粋)

本当にそうだと思う

音楽を「理解」するとはどういうことなんだろう、と

考えずにはいられなくなりました


***


この本では

音楽と言葉の関係を重要視しています

私なりに解釈すれば

「言葉」とは

歌詞がある、なしではなく

音楽を説明するための言葉

音楽を理解するための言葉

という意味です

音楽の「背景」(時代背景、民族言語、構成や形式)と言ってもいいかもしれません

そういった背景を知ることで

音楽について深く理解できる

言われてみれば本当にその通りなんだけど

あまのじゃくの私は

知らなくたって

「良いものは良い」と言える音楽はたくさんある

そう反論したくなるのです

著者はこうした考え方もまた善しと言ってくれる人物で

そういった私みたいな偏った考えも包み込むような大きな懐でもって

それでも「言葉」で表現することの

重要性や楽しさを説いているような気がします


***


数年前から

少しずつクラシック音楽を意識的に聴くようになっていますが

なかなかタイトルが覚えられない

それには個人的理由があって

まず特徴的なのは

「第二交響曲」とか「第三楽章」とか

とどめは「第四交響曲の第一楽章」とか・・・

さらにさらに

「変ホ短調」とか「ロ長調」とか

ソナタとかエチュードとか

曲名に必ずと言っていいほど

こういった定冠詞みたいなものがくっ付いてくる

意味があるんだろうけど

さっぱり分かりません

(知ろうとしないところがダメなんだろうけど・・・)

ロックでもポップスでも

BUCK-TICKの「羽虫のように」

とか

星野源の「くせのうた」

こんなふうに

演奏者と曲名だけの単純なものだったら

今よりはもっと覚えられるだろうな

そして

クラシックを聴くとき

いつも思うのは

「一曲が長い」と思ってしまうこと

一曲が20分とか普通にありますよね

一曲が3~5分があたり前になっている

現代の音楽に慣れてしまっている私には

10分以上というのは「長い」と感じてしまうのです

でも

なぜ「長い」のか

クラシック音楽には

クラシック音楽の聴き方というのがあって

それを知れば

おのずとその「良さ」をもっと知ることができるんだろうなと思います

この本を読めば

答えは出ずともヒントはたくさんあります


***


言葉や意味を知らなくても

音楽は「感じる」ことができる

でも

言葉や意味を知ることによって

見えてくる別の世界もあるということを

常に思うことで

聴き方に広がりが出来ると思う


***


音楽との出会い(自分にとっての良い出会い)は

出会うべくして出会う曲と

思いがけない出会い

というものがあると思う

どう出会うか

それは自分では決められない

音楽は私にとっては

常にどこからかやって来るものだから

ラジオから来たり

お店のBGMから来たり

雑誌の活字から来たり

人から来たり

だからこそ

その一瞬の自分の感覚を大事にしたい

ラジオをつける

お店に行く

雑誌を見る

この行為は能動的ではあるけれど

音楽を聴く(受け止める)という行為は受動的だと思う

そういう意味で

「音楽はやって来る」というイメージです


***


まとまりのない感想文になってしまいましたが

私にはもう少しクラシックのお勉強が必要で

気持ちを言葉で表現する語彙のお勉強も必要で

音楽というものを

違う角度から聴いてみることの必要性も感じました

自分の感覚をもう少し良いものにするために。

さみーよ

すっげーさみぃ

あぁ

さむい

さむい

さむいぃぃぃぃぃぃぃぃ

さむいー

どうしてくれようこのさむさ

さむいのよ

さむい

ほんとうにさむい

これであたたまろう


祝福



もともとは七尾旅人さんの曲です

***

幼稚園からの同級生で

名前が同じ

あだ名も同じだったりする友達

一昨日

男の赤ちゃんが生まれたとのこと

二男一女のお母さん



本当におめでとう





ボレロが聴こえた



この曲「BOLERO」というのですが

ボレロって・・・あのラヴェル作曲の・・・だよねぇ

そのボレロと関係あるのかな

と思っていたら

最後の方にボレロが流れている、との情報を得ました!

アルバム「RAZZLE DAZZLE」は車の中でのヘビロテで

カーステレオで何度もB-Tの「ボレロ」を流して聴いてたんです

でもボレロのあの有名なリフを聴きとれずに諦めていました

が、今朝

部屋のプレーヤーで大音量で聴いてみたのです

したら

あるじゃないですか!

ギターかピアノかそんなイメージで探していたから見つけられなかったんだな

このボレロのリフは

打楽器の音というか機械の音でしたね

なんとも粋なことしてくれる今井さん

この動画だと3:51あたりから

聴きとることができます


あーすっきりした

ありがとうございます


拍手ありがとうございますdeko 54

心拍数上昇 アルコール編

 

酔っぱらっちゃたよ~

キーボード

まともに打てない




びびでばびでぶ



霜降(そうこう)

二十四節季のひとつ

霜が降りたかは分かりませんが

今年は23日だったようです


最近の朝は

霧というか靄というか

10メートル先が見えないほどの

幻想的な白い世界に出くわします

なんかいいね

自然の神秘











闇と月光



今夜の月も

見事です

お時間のある方は

月光浴なんぞしてみてはいかが

すごく明るいです


いいですね

本当にいい光です


満月の夕




昨日の月

素晴らしく美しかった

満月

見えましたか?

あの淡い光に

宇宙の神秘を感じます



解き放て いのちで笑え

満月の夕







心拍数上昇 ラジオ編

昨日のミュージックライン

私がリクエストした曲が流れました!!!

毎日聴いているわけではなく

聴いてても途中からとか途中までというのが多いのですが

昨日もPC閉じて

風呂にでも入ろうかと部屋に戻り

その前にラジオをなんとなくつけたのです

「ここからはリクエストの曲をおかけします」と鮎貝(DJ)さん

“あぁ そういえばリクエストしてたけどどうなったかなぁ”と私

「岩手県のからたち3号さんからのリクエストです」と鮎貝さん

“えっ!?おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ∞!!!”と私

このタイミング

この偶然

運命を感じました

(何の?)

この時のあたしの心臓は何とも言えない音を奏でていた

すっごい嬉しかったです

鮎貝さんありがとうございます


てっきり

もう流れていたかボツになっていたと思っていて

でもあの時に

“そういえばリクエスト出してたな”という思考との

ベストタイミングで流れた状況が

もう

生きてて良かったな的な

こういう嬉しい偶然(いや、目に見えない力の必然かも)は

あたしの心拍数を上昇させたのでした



で、何の曲をリクエストしていたかというと

この曲です




ラジオでは

自分の好きな曲が流れるだけで嬉しいのに

自分がリクエストした曲が流れて

さらにコメントまで読んでくださり

感無量です


今まで自分がリクエストした曲が

自分が聴いてるときに流れたのは

もう12年前の

ミュージックスクエアという

ミュージックラインの前の前の前あたりの番組で

中村貴子さんというDJさんの時でした

あのときの感動も凄まじいものでしたが

今回もそれと同じかそれ以上です

その時のリクエストは

THE BOOMの「島唄」でした



リクエストを送るという習慣はなく

“気が向いたときに”という程度で

今までの総数を考えても

7回くらい(いろんなラジオ番組も含めて)だと思うんですけど

その中で(私が聴いているときに)2回も読まれたということは

かなり高い確率ではないかと・・・私にしてみれば。



本当に嬉しい出来事でした

映画 CHICAGO



今井さんの

「シカゴ見た?」に触発されて見ました


何と言っても

キャサリン・ゼタ=ジョーンズがかっこよかった

ダンスも歌も上手い

黒髪が似合う!

ミュージカル映画なので随所に

“歌って踊る”シーンがあるのですが

女性の映し方が綺麗だなと思いました



で、RAZZLE DAZZLEのシーン

あぁコレか!と

こういう感じか~と納得



B-Tアルバムのイメージの参考とさせていただきます

ダンサーたちの妖艶さが

良いですね

無性に

今朝ラジオをつけてたら

沖縄の音楽をやっていて

民謡やポップスなど

沖縄に関係のある音楽が流れていました


で、島唄

なんかね

やっぱいい曲だなと思います

沖縄の悲しい過去(戦争)の歌であったとしても

言葉の解釈の仕方では

人生の中で経験するいろんなことの集約的な世界も感じるのです

言葉を抜きにしても

メロディで感動するし

人の心に何か伝わる音楽だと思います




無性に海が見たい

沖縄の海が

強いて言うなら

石垣島の青い海と空を見てみたい

未だにその夢は現実してませんが

必ずいつかは行くぞ、と

思ったのでした



20万円くらいあればな

一週間くらい休みとって

余裕で行って帰ってこれるのに


88円のウーロン茶にするか

98円の爽健美茶で迷ってるうちはムリですよ

トホホ・・・



***



響く言葉 拾肆


楽を得たいのならば、

苦しみを乗り越えていく「覚悟」を持つしかないだろう。



from 武田双雲「短い日記集」



今の私には

とても重い言葉デス



ありがとうございます

昨日、一昨日

ウェブ拍手頂いておりました

ありがとうございます



ブログについてですが

一度載せてはみたものの

後で読み返して

なんか自分

偉そうなこと言ってるなとか

知ったかぶりだなとか

気分的に削除したくなることがあります

今朝載せた日記も

読み返してみて

嫌悪感(知ったかぶりな奴め)を感じたので

削除しました

もし一日、二日前に見た日記が消えていたら

そういうわけですので

サーバーの不具合ではございませんので

一応。

気まぐれな人間のブログを

本日も読んでくださり

ありがとうございました


なんとなく



このアルバム欲しいなぁ

やはり星野源は良い声だと思う

一緒に歌っている寺尾沙穂さんという方の声も

私の好みの声でとてもすーっと心に沁み入ります

こういう雰囲気かなり好きです


今年のマイベストアルバムは

二作品ありまして

もうほとんど決まったようなものですが

今年の残り二ヶ月半

その期間に

心わしづかみされる曲に出会えるかもしれません

人生が劇的に変わる曲に出会えるかもしれません

もう少し貪欲に

出会いを探して待ってみましょう

音楽万歳




明日か明後日届きそうなんで

BUCK-TICK新アルバム

10月13日発売です



興味のある方は是非

買って聴いてみましょう
















で~ん


櫻井敦司.jpg






きのこ

三陸地方に住む親戚から

きのこが贈られてきました

matutake.jpg


あまり採れず

人工栽培も難しいことから

高級食材として有名ですが

どうやって食べたらいいか分からない

この強烈なにおい

凄いですね


焼いて食べるより

お吸い物として

汁と香りを頂くのが美味だと思いました

汁は美味しかった


土瓶蒸しとかは

出汁作るの面倒だし

この食材を最大限に美味しく頂くには

料理の腕がないもんなぁ



***


個人的なことですが

キノコは大好きで

椎茸かブナシメジが一番好きです


でも松茸の順位は

かなり下なのです・・・が

(というかあまり好きではない)

めったに食べられないから

ありがたく頂きました


***


余談ですが

この松茸のにおい

日本では「香りの良いもの」として知られています

マツタケの香りの成分の元である珪皮酸の香りが

日本人と馴染みが深い大豆に近いものであるため


とされています


しかし欧米などでは

「軍人の靴下の臭い」

「数ヶ月も風呂に入っていない不潔な人の臭い」


として嫌われているそうです


なんとなく・・・わかるよ



音楽も食べ物も

結局は

「好み」です


最高のミュージシャンを集めたバンドが

いつも最高な音楽を作れるわけではなく

最高の食材が

最高に美味しいわけでもない

そこには「好み」という

深く個人的な要素があるのです


・・・・違うか


どのように聴くか

どのように味わうか

その方法にもよりますけどね





食感は

まさに

エリンギでした




ホクトのブナシメジ

美味しいです










33333アクセス

33334 2010-10-11 11:56:47 2009楽天2009さん

33333 2010-10-11 11:14:04 温ちゃん777さん

33332 2010-10-11 10:56:59 スズメのジャックさん


ありがとうございます

頻繁に足跡を残してくださる方ですね

このブログを読んでいただけてるのか分かりませんが

お礼にこのMUSEの感動的な音楽をどうぞ





かっこいいです

とても




***



急に閉鎖するかもしれませんが

それまでこの自己満足的なブログを

よろしくお願いします











昨日ウェブ拍手いただいてました

ありがとうございます




これこれ! 少年メリケンサック音楽

探していたのはコレ

田辺誠一が歌う「アンドロメダおまえ」

どうぞご覧ください




↓フルバージョンです




いいねぇ

見ながら吹き出しましたよ

笑える

こういうの好きです

変態と言うべきか

笑える音楽、好きです

ロマンポルシェ。を彷彿とさせる

ね?


TELYAのモデルはガクトさんか?

なりきってる感がまた笑えて良かったです




アンドロメダアンドロメダアンドロメダアンドロメダ

4回目だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ





***



こちらもありましたので

GOAの「あいまい模様」

(Generation Of Animation)

あいまい過ぎて笑える





歌詞聴くと

凄~く

あいまいです

そこがイイ

サケロックのメンバー3人です

(もう一人は警官役で出演)

ボーカルは星野源!

変でよろし




***



10月6日付けのブログを参照してください






スーダラ節



バックにSAKEROCK

ボーカルはエゴラッピンのVo.

豪華だ~

いい声ですね

星野さんの笑顔もイイ

・・・・そこかっ




分かっちゃいるけど やめられねぇ



響く言葉 拾参

虚無感と、

無を感じる心は違う。

無を感じることでさらに有を知る。



from 武田双雲「短い日記集」




忍耐

BUCK-TICK rzdz.jpg

youtube見てたら

BUCK-TICKの新アルバムのダイジェスト盤が載っていました

一瞬クリックしそうになりましたが

ここで少しでも聴いてしまったら

楽しみが半減すると思い・・・

ダメだ・・・見ちゃダメだ・・・と自分に言い聞かせました


この忍耐いつまで続くかな



ラジオで流れた「ソラリス」は

(録音してたので)

もう何度も聴いています




発売まで

あと5日






架空の生物

8才の甥っこに頼まれて

ポケモンの消しゴムはんこを

時々制作しています

紙や無地の布にぺたぺた押したり・・・

pk.jpg



***


今の子供たちの間で流行っているもの

うちらの頃とはだいぶ違うようです


私が小学生の頃に好きだったアニメは

二人の姉たちの影響もありますが

北斗の拳、ルパン、シティハンター、筋肉マン、キャッツアイ

小公女セーラー、母を訪ねて三千里、パトラッシュ・・・なんていうタイトルかド忘れ

グーグーガンモ、らんま、タッチ、ハイスクール奇面組、うる星やつら

ドラゴンボール、ピーターパン、赤毛のアン、ハイジ、

などなど・・・今思い出すだけでも結構見てたな

懐かしいですねぇ


今の(子供向け)アニメに思うのは

玩具やらカードやらゲームソフトがやたらと多い

新しいキャラクターが出れば

今までのは古いと言い

新しいソフトが出れば

皆持ってるから自分も欲しいと言い

これじゃ親たちも大変ですね

誕生日、クリスマス、正月がくるたび

沢山の玩具類が増えていきます

新作が出るサイクルが早すぎるのだと思う


この連鎖、あまり良くないな~と思うわけですよ

(うちはまだ厳しいほうだと思いますが)

だから、ひそかな抵抗として

甥っこ、姪っこへのプレゼントは

絵本や本にしています

なんでいつも本なの?と言われようが(悲)

あたしは読み物を贈ると決めたのさ



子供たちが大人になって

アニメの話題になった時

アニメのストーリーに感動したことよりも

アニメのどんな玩具やゲームを持っていたかが重要になっていませんように

と願う今日この頃

それも時代か・・・



なんでもバランスが大事

ゲームを持つことに反対しているのではありません

子供にとって大事なことのひとつは

でっかい自然を体で感じて楽しむことだと思うのです

空が綺麗だとか季節の匂いとか星空とか・・・

中と外

バランス良く遊んでほしいものです




あ、フランダースの犬だ!

あれは泣いたなぁ











気になったこと お金の原価



やはりいい声ですね

星野源さんは




お金の原価が

気になったので調べてみた


(コピペです)

10,000円→22.2円

5,000円→20.7円

2,000円→16.2円

1,000円→14.5円

500円→30円

100円→25円

50円→20円

10円→10円

5円→7円

1円→3円



なるほど!

一万円紙幣の原価は約22円・・・諭吉ぃ

500円硬貨の原価は30円・・・

一万円より500円の方がコストかかってるんですね

5円と1円は原価割れ

7円かけて5円玉を造り

3円かけて1円玉を造る


お金の価値ってそう考えると

面白いですね



映画 69 sixty nine



これも面白かったですねー

1969年はもはや

音楽において有名な年でありまして

社会や文化面においてもなにかこう「動」の時代だったのだな、と


***


この映画は

ずーっと前から気になっていて

いつか見ようと思ってた作品

もう6年も過ぎてた・・・


実は

星野源見たさで借りました

いや~なんというか

彼は凄い

この映画が2004年なので

当時23歳ぐらいだと思うのですが

まさに体を張った役柄で

・・・

小学3年生の時にウ○○を漏らして

それがしばらくトラウマになっていたらしいんですけど

(星野源のアルバム「ばかのうた」ライナーノーツより)

まさかこの映画で

あの役とは・・・中村君です

まさにあのシーンは自身の歴史を彷彿とさせるのではないでしょうか

もう完全に吹っ切れたんでしょうね


CDの印象からは全然想像できないけど

なんか私もある意味吹っ切れた(笑)

(良く分かんないけど)

星野源(の雰囲気)に惹かれる理由を探していたのです

なんか気になる人だなと思って

音楽以外の星野源を探ろうと思い立ち

関連映画を借りて見ている今日この頃

まだ二作品しか見ていないけど

なんとなく星野さんは

「痛い」役が多いのでは?

彼の役者魂に 万歳


あ、この映画で黒縁めがねでしたが

私の好みはアルバムレコーディング時の星野さんです

お間違いなく→これ

(誰に言ってる?)


***


映画の話に戻りますが


わりとこの映画に使われている音楽が

自分の身近にある曲だったりするので

40年も前の設定だとはあまり感じませんでした

その一つが

フランシーヌの場合

この曲は幼稚園時代に良く聴いていた

(どんな幼稚園児だよ・・)

映画では替え歌でしたが

面白かったですね~

ツボでした


あとは

夜明けのスキャット

イエローモンキーバージョンだったのが嬉しい


そのほかにもいろいろ


面白い作品でした


もっと早く見ていたら

星野さんの印象も違ってただろうな

我ながらベストタイミングだった






ひとつ残念だったのは

EDがケミストリーだったこと

この映画に合わないでしょ

(毒を吐いてみた)

ファンの方すみません

何故にケミストリー?って突っ込んでしまったよあたしゃ





***


次の星野源作品は

「ノン子36歳」

・・・と思ったら

T店に置いてない

もしかしたら

G店に置いてるかな

W店は閉店してしまったし・・・

わりとこの映画ではメインな役柄と聞く

「去年ルノアールで」も置いてないんだよなぁ・・残念



***


笑える映画はいいやね

借りて良かった





最高のリスナーです

昨夜の「NHKFMミュージックライン」

お聴きになられましたでしょうか?

このブログでも何度か予告してたので

聴いてくださった方

一人ぐらいはいてほしいのですけど・・・・


BUCK-TICK櫻井敦司が登場しました

約30分くらいだったでしょうか

いや~良かったですよ


鮎貝健さんの

B-Tアルバムに対する解釈に

「おっしゃるとおり」を連発したあっちゃん

「へへへ」と小さく笑うあっちゃんに

なんか照れる私・・・(なぜ?)



鮎貝さんの頑張り(トーク)に拍手

結構しゃべってたもんね



流れた曲は

シングル「くちづけ」

新アルバムから「ソラリス」



久しぶりにMDコンポを作動させ録音しました

(動いたことにびっくり・・・壊れ気味だったから)


声の調子も良いみたいで

本当に新アルバムを聴くのが楽しみです


発売まで

あと一週間





***


「最高のリスナーです」という言葉は

「一日で例えるなら太陽が沈む最後の瞬間のような・・・そういう妄想に掻き立てられました」

と言った鮎貝さんの感想に対してのあっちゃんのコメントです
















昨日、今日

ウェブ拍手頂いておりました

書く活力になります

ありがとうございます


映画 少年メリケンサック



面白い

こういうのいいですね

パンクロックコメディ



・・・・・・

星野源の参加作品を探していたら

この映画に辿りつきました

脇役ですが

俳優の星野さんはこういう感じなんだな

というのが分かりました

メガネはやはり黒縁がいいなぁ

本作は普通のメガネだった・・・・


木村祐一に頭突きを食らわされたのが星野さんです



・・・・・・・


個人的には

前半で出てくる田辺誠一の

あの変な音楽好みなんですけど

全部聴きたかったよ



遠藤ミチロウさんいましたね

なんか凄いですね


ユースケサンタマリアも良かったし


峯田さんも面白かった

(パンクロッカーになる前のあのポップな(笑)おどり)


田口トモロヲさんのよれよれ加減も良いね




あぁでもやっぱり

アンドロメダ~アンドロメダ~♪が聴きたい




面白い作品でした



イメージの詩





初めて聴いたのが

10代の半ばあたりだったと思う

久しぶりに聴いた

10年以上経っても

この音楽を素晴らしいと思う気持ちは

変わらない



自然に生きてるってわかるなんて

なんて不自然なんだろう



なんかすごく

ぐっとくるね


映画 ミレニアム -ドラゴンタトゥーの女-

店頭に出た時から

かっこいいジャケットだなと思って

気になっていたDVD


ようやく見ました




体を張った凄い演技・・・でした

ここまでやるんかい!とヒヤヒヤしながら見ましたが

凄い女優さんだと思います


簡単に言えば

ミステリーなのですが

それだけじゃなく

いろいろな伏線があって

考えさせられることもあります

暴力の問題や性にかかわる事柄とか

だから

本当にこの女優さんは凄いと思う


特典映像見るまで分かりませんでしたが

この映画、パート3まであるようです

たしかに終わり方が続きを予感させるものだったので

物足りなさはあったのですが・・・

パート2が出るのはいつなのでしょう?


でも見るのは

セイシンテキニキツイカモ



・・・・・・・



最近

なぜか重い映画を選んでしまっているので

(結果的に重かったというだけですが)

誰も死なない

誰も殺さない

誰も苦しまない

銃も暴力もない

誰も傷つけない

抱腹絶倒もののコメディが見たいです


何かおすすめがありましたら

教えてください

明日はラジオの前に

今井さんと鮎貝さんがお知り合いとは・・・

それぞれのページで

同じライブのことを書いてます

鮎貝健 公式サイト

今井寿 ブログ

布袋寅泰 ブログ


いよいよ明日は

NHKFMミュージックラインに

櫻井敦司(BUCK-TICK)登場です

鮎貝健さんDJです



こういう日に限って

緊急放送とかなったりしませんように・・・












それにしても

「高級会員制 一見さんお断り・・・」にはウケました

(立ち読みしてきました)



映画 ラブリーボーン



ずっと前から見たかった作品

準新作が半額になるのを待って

ようやく借りて見ました


これを見るときは

心身ともに健康な時に


大袈裟に残酷なシーンとか

過激な暴力とか

そういうものがあるわけではありません

なんというか

これはもう

心の中にぐぐぐっと入ってくるというか

お腹のあたりがすごーく重くなって

息苦しくなるような

悲しさと切なさと

憎しみが混ざって

見終わった後

そして一日たった今でも

この映画の重さを引きずっています、わたくし。

どうしてここまで沈んだ気持ちになってしまったのか

自分でも分かりませんが

(セイシンテキニオチテイタノカモ)

「死」というテーマと

被害者とその家族の姿が何故かリアルに感じました


見たことを後悔はしていません

むしろ「一度見た方がいいよ」と

おすすめする作品のひとつかもしれない

ただ、心身ともに健康な時に。




秋の夜長に





ラスボス




右の頭がズキズキする

あ゛ーーーー
















星野源の日記のところで

ウェブ拍手を催促してましたが(笑)

お一人の方から

拍手頂きました

ありがたくてテンション30pUPしました


いつの拍手ボタンを押していただいたのか分かりませんが

星野源さんのところと信じてます





星野源 「ばかのうた」

ばかのうた

星野源ソロアルバム

2010年6月23日発売


メンバー

星野 源 Vocal & Guitar 

伊藤大地 Drums 

伊賀航 Bass 

野村卓史 Piano & Organ


昨日届きまして

家で

車で

PCで

星野源の世界に浸かっております


声がなんとも良い感じで

歌詞が面白くて謎めいてて

リズムとメロディにひねりがあって

全体的にやわらかくて温かくて

良いです


ライブがあるなら行こうかと思いましたが

もう終わってた・・・残念




「ただいま」という曲は

細野晴臣との共作で

いいんだなこれがまた


「茶碗」「兄妹」「くせのうた」などなど

想像が広がる音楽も好きです







関連動画で

REC風景などありますので

興味のある方は是非ご覧ください

あの雰囲気は和みます

見たもの、聴いたもの、思ったこと