プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ2才(メス)

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

きっかけは突然に

自分の好きなアーティストが

影響をうけたバンドは何ですかと

インタビューを受けた際に

必ずといっていいほど出てくるのが

ローリング・ストーンズ

あまりにも有名な彼らなので

いつでも聴けるから・・・・

と、後回しにしてきました


それを言うと

ピストルズやザ・フーなんかもまだちゃんと聴いた事がありません

まだまだですね


ストーンズが話題に上がった時

今がその聴く時期だと直感

ベスト盤を借りてみました

音楽は聴こうと思ったときに聴くのが一番です

ロックはだいたい60年代~70年代にある程度出尽くされ

それ以降は模倣だと

言っていた人がいました

それを肯定するわけではないですが

自分の好きなわりと昔の音楽

ビートルズ、T-REX、ROXYMUSIC、レッド・ツェッペリン、ボブ・ディラン

ニール・ヤング、ラモーンズなどなどを聴いていると

今の音楽と似てるなぁと感じる事がよくあります

でもそれは否定的な意見ではなくて

むしろ音楽は繋がっているんだなぁと嬉しく思うのです


ツェッペリンの好きなドラマーと

ピストルズの好きなギターリストと

阪神タイガースの好きなベーシストと

デヴィッド・ボウイの好きなボーカル

いろんな好きが集まって

バンドができる

真似しようとしなくても

一瞬、似てしまうのはあたりまえのこと

もちろん遊び心で似せることもありますが

それはそれで楽しいです


で、ストーンズを聴いてみて思うのは

やはり今のバンド(あまりにも抽象的な表現ですが)が奏でるサウンドが

ストーンズの要素も含んでいるなと

感じました

(もちろん限られたバンドってことですが)

ストーンズもきっと何かから影響を受けているわけですから

その元になる

カントリー、R&B、ソウルなどなどを聴けば

さらに広い何かが見えてくるはず

こうやって触手を伸ばして出会う音楽は

自分にとっても時に思いがけない影響を与えてくれます


今でも現役で活躍しているローリング・ストーンズ

本当にすごいことだと思います

あの顔の年輪がロックの歴史

一体、何歳なんでしょう


Angieは名曲ですね

あの悲しげなメロディは

ニール・ヤングのHEART OF GOLDを聴いた時のような

孤独と切なさと胸が熱くなる感覚と似ています

なぜかこういう曲を好きになってしまいます

もちろんヘッドバンキングばりの音楽も大好きです


今回、自分にストーンズを聴く機会を与えてくださった

Uさんに感謝申し上げます


今日は早く起きました

朝から脳みそフル回転でございます
見たもの、聴いたもの、思ったこと