プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

首振り3年 コロ8年

「題名のない音楽会」という番組に尺八奏者の藤原道山さんという方が出ていました。
初めて見て、聴いたのですが、素晴らしく良かったです。
♪アメージング・グレイス/藤原道山


うちの亡くなった祖父が(私が小さい頃に)、時々尺八を吹いていました。
カスカスの音色でしたが、今でも覚えています。
今回この番組を見て、尺八ってこんなに素敵な音色だったのかと、感動しました。
タイトルの「首振り3年、コロ8年」というのは、
尺八を吹いている姿をよく見ると分かるのですが、
尺八は首を細かく振りながら吹く奏法があり、それを習得するのに3年かかる。
コロコロという音色を思い通りに出せるまでに8年かかるというようなことでした。

尺八は竹一本の楽器。
標準の管長が一尺八寸(約54.5cm)であることに由来するとのこと。
きっと、竹の形(節の形とか)が一本一本違うように、その音色も違うのだろうな。
リコーダーと同じくらい穴(音孔)があると思ったら、前面に4つ、後ろに1つでした。
この5つの音孔(手孔)を駆使して、また首の振り加減や唇、舌使いなども重要。
そして呼吸法も大事。知れば知るほど奥が深いです。
フルートに尺八の奏法が取り入れられていたりするんだそうです。

♪島唄/藤原道山

感動


拍手ありがとうございますdeko9.gif
見たもの、聴いたもの、思ったこと