プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ2才(メス)

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

猫と木

20191203.jpg
スズメを追ってここまで




201912032.jpg
猫だねぇ

抹茶

20191130.jpg
あのノスタルジーな界隈をまた散策していた時に、
ふと寄ったお店があった。

市内ではわりと知られたお菓子屋さん。

店内でいただけるということで抹茶と和菓子を注文。
880円と言う値段に少し躊躇ったけど、久しぶりに抹茶が飲みたくなったので、
あと窓から見える景色も緑が多かったので、あ、これは空間料も含めての値段だなと、
自分の財布を説得。

すぐに出てくるのかなと思って待っていたら、想像の待ち時間より長かった。
これは嫌味ではなくて。
和菓子は出来合いのものだとして抹茶を点てる時間を考慮すると数分だと思った。
でも、(正確な時間を計ったわけではないけど)結構時間がかかっているなという感覚。
もしや、和菓子は出来合いのものではなく、職人さんが作っていたのかも、と。
そんなことは聞く勇気もなかったので、きっとそうなんだろうという推測。
あ、だから店頭では売ってなくて、喫茶用にしかメニューがなかったんだ。
それだったら880円も妥当な値段。

抹茶をいただくときは、必ず口の中を甘くしてから飲むべし。
そうすることで抹茶と和菓子のハーモニーが至福の音色を奏でるのです。

最近、安いお菓子(ジャンクもの)しか食べてなかったから、
もう口の中が美しいハーモニーを奏でましたとも。

餡が本当においしかった。
そして抹茶も。


201911302.jpg
これはたぶん、鈴。
たしか「お宮参り」という作品だったかな。
和菓子は芸術作品だと思った。

和菓子っていいですね。
なんか、見た目に優しさが感じられる。


もういいか~い

20191126.jpg
ま~だだよ

四季があるから

水天宮通りを散策

2019112593.jpg
ここの地域は昔、台風で壊滅的な被害が出たところ。




後の土手を登ると川がある

2019112595.jpg
なんでもないときは穏やかな川
大雨台風の時には怖いくらいに水かさが増す




2019112594.jpg
ここの通りはちょっとしたノスタルジーを味わえるので好きな場所





201911252.jpg
ちょうど紅葉も見ごろ



201911253.jpg
店員さんの粋な計らい




201911254.jpg
こういう雰囲気、いいねぇ



201911255.jpg
お酒屋さんの敷地でした




201911256.jpg
ここからは、うらしま公園




201911258.jpg
燃えるような紅葉




2019112591.jpg
木の枝に生命力を強く感じる




201911259.jpg
金魚もたくさん泳いでた




201911257.jpg
手入れをしている人がいるからこそ
私たちはきれいな公園を愉しむことができる
見えないところの気遣いって忘れがちだけど
心地好いと感じることができているなら
それは誰かの気遣いや親切な気持ちがそこにあるってことなんだよな




2019112592.jpg
夏は暑いから嫌
冬は寒いから嫌
だけど、紅葉が見られるのは四季があるから
日本人の美的感覚(文化)は四季がもたらしているところが多くあると思う





20191125.jpg
毛が抜けるとか、冬に太るとか
にゃんこも四季の中で生きている

20191119.jpg
にゅ




201911192.jpg
ねねこだよ




201911193.jpg
なんか眠くなってきた



201911194.jpg
うとうと

猫と紅葉

20191113.jpg






201911134.jpg






201911132.jpg





201911135.jpg






201911133.jpg
良い眺めじゃ

枝がない

20191110.jpg
なんでこんなことに!?
枝が切り落とされた、松
ねねこもビックリしてるよ


(母よ、いったい何がしたかったのだ)




201911103.jpg
自然のガーランド




201911102.jpg
青空っていいな




201911106.jpg




201911105.jpg
桜の木
葉を落として次の季節への準備




201911104.jpg
火の見櫓だった




西日

20191107.jpg
ねねこ見っけ



201911072.jpg




2019110794.jpg
落ちちゃうよ




201911073.jpg




201911074.jpg
ふくも見っけ




201911075.jpg
ふくを見つめる寧々子




201911076.jpg
睨むふく




201911078.jpg
ふくのみみ




201911079.jpg




2019110791.jpg
ねねこのて




2019110792.jpg
西日を背に受けて




2019110793.jpg

秋晴れ

201911058.jpg
渋柿




201911055.jpg
山茶花が咲き始めました




201911054.jpg
ベニシジミ




20191105.jpg
散歩




201911052.jpg
ちら




201911056.jpg
日陰




201911057.jpg
今日の昼寝場所

ヨモギハムシ

20191103.jpg
調べたら「ヨモギハムシ」という虫みたい
太陽を受けて美しく光る



201911032.jpg
赤い菊との対比に心奪われた



201911035.jpg
青空と緑の葉
好きな色だ



201911034.jpg
サクランボじゃないよ
ヒメリンゴ




201911033.jpg
日中は過ごしやすい気温だね

無常

ただただ、残念でなりません。

20191102.jpg



201911023.jpg




201911026.jpg




201911025.jpg

石の君は残されたか
燃えさかる炎に熱かったろう



201911027.jpg



201911024.jpg
何度も焼失し再建された
人の想いが強くあればまた何度でも




201911022.jpg



沖縄民謡で好きな歌のひとつ
♪てぃんさぐぬ花


影に触る

20191031.jpg
ふく




201910312.jpg
影になでなで




201910317.jpg
朝日




201910314.jpg
柿の老木にキノコが生えてた
去年もなにかしらのキノコが生えてたな
2016年にはこんなキノコも生えてた→2016年11月15日のブログ



201910313.jpg
雑多




201910315.jpg
逆さまにした一輪車の上




201910316.jpg
冷たくて気持ちいいのよ~

いるところ

20191030.jpg
家の敷地の角にある大きな木の下に



201910302.jpg
石の祠がある




201910303.jpg
いつの時代のものか分からない
ご神体は、ない
でも、ここの辺りには何かが居るかもしれない
時々手を合わせに行っている

ねねこは、何か感じるかい?



201910305.jpg
にゃ~




201910306.jpg
ローズポンパドールの良い香り




201910304.jpg
アカタテハ or ヒメアカタテハ

散歩の風景

20191025.jpg




201910252.jpg




201910253.jpg




2019102598.jpg




2019102599.jpg




2019102596.jpg




2019102564.jpg
まだバラが咲いている




201910254.jpg




2019102595.jpg
山茶花のつぼみ




2019102593.jpg
ピラカンサ




2019102542.jpg
ガウラ




201910258.jpg
コムラサキ




201910257.jpg





201910256.jpg
かなりの老木なんですが、今年もたくさん実った




201910259.jpg
今日は寒い

かぼちゃ

201910185.jpg
大きいカボチャをいただいたので、やっぱりコレでしょ。
本当はくり抜いて中に明かりを入れるみたいだけど。
ジャック・オ・ランタン
本来の言い伝えは置いといて、見た目の面白さやイベントの楽しさで広がっていく行事ってけっこうあると思う。
仮装やハロウィンの行事に特に興味はないけれど、
大きいカボチャに絵を描くという面白さは、ある。
それをくり抜いたらもっと違う面白さや楽しさがあると思う。
こうしてハロウィンとはカボチャに重点があるお祭りとして私に認識される。
玄関脇に鎮座している。
魔よけ。



20191018.jpg
西日に透けるシュウメイギク




201910182.jpg
追いかけてくる、二匹




201910184.jpg
ばーちゃんとふく



201910183.jpg
ん~そこそこ

ふくとねねことはなとかえる

201910074.jpg
おりゃ



201910078.jpg
視線を交わす



201910075.jpg



201910077.jpg



201910073.jpg
彼岸花ももう見ごろが終わってしまった



20191007.jpg
また来年 会いましょう



201910072.jpg
LOVE MOSS
あ、モスグリーンのモスって苔か!
と気づいたさっき。



201910076.jpg
今年はあまりシュレーゲルアオガエルに出会えなかったな
シュレーゲルアオガエルは本当に美しいんだよなぁ



たわむれ

ヌルデの衝撃が今日の一番の出来事でしたが、
他にも撮ってたのを忘れないうちに。

201909265.jpg
あはは




201909266.jpg
むぅ




2019092699.jpg
なんかいた




20190926991.jpg
どこいった





201909269.jpg
場所を移動してから数年咲かなかったキンモクセイがやっと咲いた
良い香りだな





2019092693.jpg
ブルビネ・フルテスケンス
覚えられない自信あり
花アロエとも言うらしい






2019092697.jpg
ヤマボウシの実
これは確実に「実」だ
確たる実だ
虫(ちゅう)えいではない






2019092694.jpg
ガウラ






2019092695.jpg
すっくと立つ






201909268.jpg
聳え立つ






201909267.jpg
優しさで包む






2019092696.jpg
孤高






2019092698.jpg
西日を浴びているところ




今日も一日
おつかれさまでした

実だと思ったもの

20190926.jpg
あ、なんの実だろう?



201909262.jpg
不思議な形だなぁ
初めて見るかも
なんかフルーツ系?
柔らかい感触
熟れてるのかな?
食べれるのかな?


画像検索ワード
「木の実 秋 ぼこぼこの実 黄緑色の実」 

全然ヒットしない・・・・・

実じゃないのかも?
ん~分からん
葉っぱの特徴で調べてみるか


201909263.jpg
かなり特徴あるじゃない!

画像検索ワード
「茎に葉がある」

一発でヒット!

なになに・・・・・・ヌルデというやつか
ふむふむ・・・・・・茎じゃなくて葉軸というのか、それを翼と呼ぶのか・・・・へぇ
それで・・・・・葉にはアブラムシが寄生するのか・・・・へぇ

葉にヌルデシロアブラムシが寄生すると、大きな虫癭(ちゅうえい)を作る。
虫癭には黒紫色のアブラムシが多数詰まっている。
この虫癭はタンニンが豊富に含まれており、皮なめしに用いられたり、黒色染料の原料になる。
染め物では空五倍子色(うつぶしいろ)とよばれる伝統的な色をつくりだす。
インキや白髪染の原料になるほか、かつては既婚女性、および18歳以上の未婚女性の習慣であったお歯黒にも用いられた。

(ウィキより引用)

なっ・・・なんとこの実の中にはアブラムシがうじゃうじゃいるというのか!?
実じゃなくて・・・虫(ちゅう)えい・・・・虫(むし)こぶとも言うらしい

ならばさっそく開けて見ねば!
剪定バサミでちょきちょき


201909264.jpg

わぁ・・・・・・・いた

どうりで感触が柔らかかったわけだ・・・・


毎日見ている自然の風景
そのひとつひとつに小さなドラマがつまっているんだな
知らない事だらけだ

虫と植物がおりなす現象
それを活用する人間の知恵
なんか、すごいな地球。
と再認識。

秋風

20190924.jpg
そよそよと吹く風が気持ち良い



201909242.jpg
猫にとって過ごしやすい季節
(無論、私にとっても)



201909232.jpg
もっとなでれ~

朝の陽

20190917.jpg
鱗粉が薄くなっているような気がする
成虫になってからの平均寿命は2週間だそうです



201909172.jpg
もう朝なの、、、、まだ眠い




201909173.jpg
この時期になると朝露がつきやすい。
朝露のプリズムを捉えたいのだ。



201909175.jpg
プリズムにはなっていないけど、これはこれで好きな一枚
星が誕生し始めた頃の宇宙みたい
(見たことないけど)
「まる」という形と「みず」という性質はなんか、安心感がある。



201909176.jpg
クレオメの雫



201909174.jpg
逆立ちすれば答えが分かる




201909177.jpg
あまねし光の源は149,600,000 kmのところから届く
時速100kmの車で170年かかるそう
時速250kmの新幹線だと68年くらい

光の速さで約8分

セスジスズメ(蛾の幼虫)

20190916.jpg
気持ち悪くはない。
なんでこんな模様になったんだろうという興味の方が強い。
ずーっと見てると美しささえ感じてくる。



201909162.jpg
この眼みたいな模様は「眼状紋」というらしい。
すごいね。



201909163.jpg
かわいい。






201909166.jpg
こちらもかわいい。




201909167.jpg
腹のもふもふ。




201909164.jpg
呼んだ?



201909165.jpg
もみじ(ベニシダレ)のてっぺん
日陰気味なのであんまり紅くならない。

20190914.jpg
だいぶ涼しくなってきました




201909142.jpg




201909145.jpg
すりすり




201909143.jpg
大あくび




201909144.jpg
ねねこのて

201909092.jpg
たぶん、ノシメトンボ。
私たちは人間の目でしかこの世界を見ることができない。
人間以外の生きものたちは、この世界がどう見えているのだろう。




201909093.jpg
認識できる色は人間よりも多いのだろうか、少ないのだろうか。
人間には見えない、何か気象現象みたいなものが見えるだろうか。
汚れた空気、美しい空気が見えるだろうか。




201909094.jpg
植物から発せられている「何か」が見えるのだろうか。




2019095.jpg
人の心が見えるのだろうか。



この地球でニンゲンだけが、地球を汚す。
人間はごみを生産している。
そして私は今日もゴミの元となるものを買っている。
あぁ、なんだかなぁ、哀れだなぁ・・・・・と思う日。





でも、こんなに美しい歌を聴いてたら、
ニンゲンも捨てたもんじゃないとも思う。

♪White Winter Hymnal / Pentatonix (Fleet Foxes Cover)


そら

20190910.jpg
白鷺が田んぼに来ていた
私の気配を感じて飛んでしまった



201909102.jpg
白いなぁ




201909103.jpg
美しいなぁ
これで鳴き声も美しかったら良いんだけども



201909106.jpg
なんとなく夕焼けが濃くなりそうだったので待ってみた




201909107.jpg
地球が演出する太陽と雲の共演
宇宙プロデュース




201909105.jpg
今日も一日、暑かったなぁ


視線

家の中に遊びに来たカナヘビ

一見同じ写真に見えますが、視線が違います。
201909086.jpg



201909085.jpg


何を思っているのかさっぱり分からないけど、
視線が動くだけで、何か思ってるんじゃないかって、思う。
LOVEカナヘビ




20190908.jpg
ハナトラノオ




201909082.jpg
翅のなんと美しいことよ




201909084.jpg
コンクリート温かいんだよね




201909083.jpg
右足のレッグウォーマー
(尻尾の皮膚の移植の名残)
傷痕の皮膚が再生したところには毛が生えなかった。
でも、移植した皮膚の毛が長いから、そこをカバーしてくれている。

別に呼びかけているわけでもないんだけど、
寧々子もわりと視線をくれる。

だって好きなんだもの

カエルが。


20190904.jpg
シュレーゲルアオガエルちゃん




201909042.jpg
ニホンアマガエルちゃん




201909043.jpg
日光浴




201909045.jpg
何かを見つめる




201909044.jpg




201909046.jpg
何を思っているのだろう




201909047.jpg
木登り寧々子




201909048.jpg
カエルの写真を撮りにぶらぶら歩いてるとついてくる




201909049.jpg
ミミズクみたい

猫花蛙

20190093.jpg
一輪車アスレチック



201909038.jpg
今日の横顔



201909039.jpg
涼しくなってきたね




201909033.jpg
今年初、朝顔を撮ったような



20190903.jpg
まだまだ夏の花も咲いてるけども・・・・



201909032.jpg
シュウメイギクが咲いてた
季節の移り変わりを花で知る




201909037.jpg
ふるふる雨水




201909034.jpg
ほうき




201909035.jpg
シュレーゲルアオガエルの子




201909036.jpg

シルエット

20190831.jpg
このシルエットは、ねねこ



201908312.jpg
ねそうなねねこ



201908319.jpg
ん?



201908315.jpg
ふく



201908316.jpg




201908317.jpg




2019083191.jpg




201908313.jpg




201908314.jpg




201908318.jpg
アブチロン

緑の筋の入った白い花

20190822.jpg
ハツユキソウ
夏~秋に咲く花だけど「ハツユキソウ」という和名。
(学名:ユーフォルビア・マルギナタ)

茎や葉っぱを切ると白い液体が出てきます。
毒のようなので、気を付けて・・・・。
おもいっきり素手で触ってしまったけど大丈夫かな。
すぐに流水で洗ったけど。
花瓶の水が白く濁ります。
扱い注意だけど、綺麗な花。
花のにおいは野菜に近いような。

201908223.jpg




201908222.jpg
アメリカツダのコケダマ
S姉の趣味



このブログ、ときどき植物を載せたりしていますが、育てているのは私ではありません。
私が植物を育てると必ずと言っていいほど枯れます。
(水やりを忘れたり、水やりを忘れたり、水やりを忘れたり・・・・)
私は写真を撮るだけ。



201908217.jpg
適正な距離(笑)



201908224.jpg



201908218.jpg
ふく



201908219.jpg
ねねこ


元気です。

じめじめ猛暑

20190816.jpg
湿度80%の部屋
暑さが少し和らいだかなと思ったら
台風10号の置き土産、高湿度のなまぬるい空気。
猫も私もこんな感じ。


明日からまた暑くなるっていうし、
本当に夏はイヤだ。


201908083.jpg
おさがりで良いものをもらった
ふくもねねこもお気に入り



20190808.jpg
8月8日の空
なんか綺麗だったのよねぇ

障子

201907204.jpg





201907206.jpg





201907203.jpg
障子を破ったのはあたし




201907207.jpg


美しい瞳

201907157.jpg
まんまるめ



201907159.jpg
美しいねぇ



2019071595.jpg
植えたわけでもないのにルドベキアがそこかしこに




2019071591.jpg
いつの間にかトリトマもモナルダも咲いてた
あーもうあの背の高い植物の名前忘れた
なんとかフラミンゴだったっけな



2019071593.jpg
細いね



2019071592.jpg
バラもそろそろ終わり



201907158.jpg
飛び移りたげ



2019071594.jpg
のんびりと


晴れた日

一昨日は晴れてたんだけどなぁ
この二日間、曇り雨で寒い


2019071294.jpg
晴れた日の森林浴



2019071295.jpg



2019071296.jpg



20109071296.jpg




2019071297.jpg
イトラン



今年の7月は寒い
こたつ まだ使用中

何匹


カエルは全部で何匹でしょう

201907062.jpg



201907064.jpg



201907065.jpg



201907063.jpg



201907069.jpg



正解:12匹




201907068.jpg
なんかすごい大きなバラの花が一輪咲いてた



201907967.jpg
ローズポンパドール
本当に良い香り



201907066.jpg
ねねこ、ワクチンしてきました

梅雨間の青空

2019070495.jpg
タチアオイ


2019070491.jpg
昨日、一昨日と梅雨の中休みで晴れていました
今日は雨・・・


2019070492.jpg



2019070496.jpg
青空は良いねぇ


2019070494.jpg
ボケボケですが好きな一枚


2019070493.jpg
ここにいるよ




コガエル

201907013.jpg
アマガエルの子供がたくさんいた



201907014.jpg
可愛いねぇ


2019070193.jpg
アジサイもこれからどんどん咲いてくる



201907016.jpg
シジミチョウの一種
綺麗だね



201907017.jpg
謎の実



201907018.jpg
八重のドクダミ



2019070192.jpg
アスチルベ




201907015.jpg
カラー



201907019.jpg
ネグンドカエデ・フラミンゴ
・・・・・この名前覚えられそうにない

まぎれこみ

201906213.jpg
ねねこがいるよ




201906214.jpg
Get set




201906215.jpg
Go!




201906217.jpg




20190621.jpg




201906212.jpg
たぶん、グラハムトーマス




201906216.jpg
ふくのいるところ

20190618.jpg
出始めの月は黄色く見える
良い月だったな




♪ロタティオン/平沢進

いつかこの歌詞の一文を写真に撮ってみたい

「黄金の月 草の露に 幾万も昇り」

201906123.jpg
朝の空気は清々しくて
空も美しかった




20190612.jpg
じろ




201906125.jpg
ひんやり気持ち良い




201906122.jpg
昨日と同じところにいた




201906124.jpg
アマガエル




201906126.jpg





201906127.jpg
上空は冷えてそうだな

睡蓮

20190611.jpg
家の近くに睡蓮の池があること知らなかった
田んぼに水を引くための共同池
今はこの池の水を田んぼに使うことはないけれど




201906112.jpg
今までも睡蓮は撮ったことあるけど、かなりの望遠だったし
こんなに近くで睡蓮を見ることはなかったな




201906113.jpg
感動
どうにかして、この睡蓮を家に持ってかえって水に浮かべたい
睡蓮てどうやって栽培するのだろう




201906116.jpg
登るっ




201906117.jpg





2019061194.jpg





201906118.jpg
降りるっ




2019061191.jpg
ねねこのて




2019061192.jpg
ねねこのめ




2019061193.jpg





201906119.jpg
若葉




201906115.jpg
未だに分からぬ、この実

隠れ家

201906098.jpg
ジャーマンアイリスの中にいた




201906099.jpg
何度も撮ってたら逃げ出した
すまん




2019060991.jpg
シャクヤクのゆりかご




201906097.jpg
今日の舞台
タンポポモドキと柿の木で




20190609.jpg
外来種のタンポポモドキ
種が運ばれて群生した
すごい繁殖力




2019060993.jpg
ふく




201906092.jpg
にこっ




201906095.jpg
木の上にねねこ




201906093.jpg
なんかおもしろい体勢




2019060992.jpg
細枝にすりすり
すりすり顔のなんとふにゃらけた顔よ




201906096.jpg
挟まってるっぽい




201906094.jpg
降りるところ

花の中に

201906084.jpg
ちょっと高い所が好きなんだよね




201906085.jpg
紫ツユクサの葉




201906082.jpg
青空の下のバラは綺麗だね




201906083.jpg
やっと雨があがって、空が洗われた




2019060894.jpg
こういう苔むした感じ、好きです




201906089.jpg
くるみの木に巻き付いてる蔓、結構頑丈




2019060891.jpg
あっ、ねねこの前足のそばに!




2019060892.jpg
クワガタがいる




2019060893.jpg
コクワガタでしょうか
(ねねこは気づきませんでした)




201906087.jpg
スリスリ顔




201906086.jpg
何度も撮るので、少々あきれ顔になってきた




201906088.jpg
タンポポモドキ?の大量発生





20190608.jpg
雨上がりの清々しさをまとっているような





2019060895.jpg
散る直前の花を摘んでいるので、次の日には水の中で花びらがバラバラになっていることが多いです
なので毎日とっかえひっかえ浮かべています





2019060896.jpg
テントウムシ発見!




2019060897.jpg
てくてく




2019060898.jpg
花びらの中に入った




20190608999.jpg
今日はここが寝床

夜に見に行ったら、まだ入っていました

ローズ

201906062.jpg
散る直前の花を摘み水に浮かべてみる



201906072.jpg



201906073.jpg
本当はもっと美しいんだけど、見たままを撮るのは難しい。



201906075.jpg
たぶん、ローズポンパドール
とても強い香り、良い匂い



201906076.jpg
アマガエル
花びらの日陰でひとやすみ




20190606.jpg
今年初のシュレーゲルアオガエル




201906077.jpg
残りの蕾がぜんぶ咲いた
クジャクサボテン、魅惑的



201906078.jpg
陽に透ける花びらの色が本当に美しいのよ




20190607.jpg
雨に濡れた葉のにおい



素敵なマダムにいただいた天使

201906063.jpg



201906074.jpg


時にはこういう愉しみ方も。
しかし
いかんせん、私にはセッティングのセンスがない。

あーでも本当に良い香りだ。

20190603.jpg
良い感じに太陽が入りこんだ。
偶然の一瞬、ファインダーをのぞかないカメラの愉しみ。



201906032.jpg
ハコネウツギ、色づいてきました。
赤くなるのは受粉した印なんだそうで、
白い花が好きな虫たちに、こっちはもう蜜はないから白い方に行って、って知らせてるんだって。
植物には植物の、人間には人間の生存戦略がある。
今「在る」ということの尊さよ。

清涼

2019060191.jpg
天気雨を降らせつつ



201906012.jpg
花盛り




201906015.jpg
スパニッシュ・ビューティ



201906013.jpg
これ食べる




201906014.jpg
あーん




201906016.jpg
良い眺めじゃ




201906017.jpg




201906018.jpg
どーなってんの



2019060192.jpg
これなんだろ



2019060193.jpg
ハコネウツギ
最初は白だけど、段々色が変わっていく花




20190601.jpg
クジャクサボテンが咲いた
この赤はかなりのインパクト


おふろ的な

20190529.jpg
いい湯だな~



201905294.jpg
鼻と足



201905295.jpg
いち



201905296.jpg




201905297.jpg
さん



201905299.jpg
オニゲシ帽子
へーこうやって咲くんだ



201905298.jpg
なんか、美味しそう
昔こんな(色の配列が似ている)アイスがあった




201905292.jpg
エニシダ



201905293.jpg
かくれんぼ



2019052991.jpg


バラが咲いた

20190528.jpg
毎年5月末あたりから咲き始める


201905283.jpg
連日の暑さも少し和らぎ過ごしやすくはなったけど、雨の予報。



201905282.jpg
ジャーマンアイリス群



201905286.jpg
レウイシア



201905284.jpg
芍薬も咲いてきた



201905285.jpg
なんとなく去年より小ぶりのような気がする



201905289.jpg
みっけ!



2019052891.jpg



201905288.jpg
石の上はひんやり気持ち良い



201905287.jpg
ふく


左手

201905257.jpg
左手の置くスペースがなかったので。




201905252.jpg
オリエンタルポピー(オニゲシ)が咲いた。
大きいので結構迫力あるのよね。



201905253.jpg
ハッカクレンの花のにおい



201905254.jpg




201905255.jpg
距離感はいつもこんな感じ



201905256.jpg



20190525.jpg
初夏の風


はなとねねこ

20190524.jpg




201905245.jpg




201905242.jpg




201905243.jpg



201905244.jpg
蜂が気になってしょうがない




はち

201905234.jpg



201905235.jpg
視線の先



201905232.jpg



201905233.jpg
強風のない日は安心だ



20190523.jpg
ねむ~

見たもの、聴いたもの、思ったこと