プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ2才(メス)

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

声の重なり

♪Only Time /Enya

時々、聴きたくなるんです。
素敵な曲だな~。

今日は

♪Only Time/Enya


ケルトと言えば、この人だな。
エンヤの中ではこの曲が大好きです。

今日はハロウィンと言うことで、
ここ最近日本でも広がりつつありますが、
かぼちゃを食べる日?とか
お化けのコスプレをする日?とか
・・・
ウィキによりますと、
ハロウィン、あるいはハロウィーン(Halloween, Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、歴史的にイギリスやアイルランドなどアングロ・サクソン系諸国で祝われているが、現代では特にアメリカで民間行事として定着して、本来もっていた宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。
これに因み、31日の夜、カボチャ(本来はカブ。スコットランドではカブの一種の「スウィード(swede)」を用いる。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱える。
家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。
お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
(以上コピペ)


今日、地元FMにリクエストしたのは、この曲。
いつもリクエストに応えてくれるパーソナリティさんに感謝です。
♪Orinoco Flow


地元愛にあふれるコミュニティFMはこちら→FMあすも

あ、昨夜はこのこの曲をリクエストしました。
このカバーは本当に素晴らしいと思う。
流していただき、ありがとうございます。
♪Hybrid Rainbow/Bump of Chicken


私の中ではラジオ=音楽です。
FMあすもは、素敵な音楽が流れるラジオ番組でもあります。
もちろん、地元の情報量も豊富です。


拍手ありがとうございます!
見たもの、聴いたもの、思ったこと