プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
来年の写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

それでも

♪Outlaws Of Love/Adam Lambert

聴いただけじゃ意味はまだ理解できなくて、
でも好きだなと思う洋楽は、ネットや辞書を使って意味を調べたりします。
調べていく途中で歌詞の背景を知ることになる場合もあるのですが、
知ることで、はっきりしたイメージがつかめると共に、
そのイメージがあるがために、狭められてしまうものもあるんですよね。

意味を知ることが時として、ブレーキになってしまうこともあるんですが、
それでも、それを越えたところに面白みがあるのでは、と脳内音楽談義をしていました。

アダム・ランバートは凄い。
やっぱ声が良いシンガーは深みがありますね。
好きだな。


拍手ありがとうございますdeko (50)
J.L様 コメントありがとうございます。
脳内音楽談義、しちゃいますよね。

声量がすごい

2:21からの流れでの2:44の声は聴くたびに、すげぇ~と思ってしまいます。
♪Pick U Up/Adam lambert

聴いてて気持ち好いです。


全く目覚ましの音が聞こえず、まさかの爆睡。
しとしとと雨音が聞こえます。
雪が雨に変り、段々と春になっていくんだな。

好み

昨夜MTVでアダムランバートの特集をやっていたので見ました。
♪Whataya Want from Me/Adam Lambert

声が良いんですよね。
男らしい部分と中世的な魅力が混ざり合ってるところが好きです。
彼はゲイを公表していまして、今はオープンにしていますが、
それなりにいろいろあったようです。
テレビでの情報ですが。

なぜか私は昔からアーティスト(音楽・映画・絵画・舞台・モデルとか)の世界には
普通に同性愛者がいるもんだと思っているので、
アダムランバートがそうだったと知ってもそんなにビックリはしなかったです。
むしろそれが音楽をやる上での魅力だと思っています。
とくに音楽はそれを最大限に活かせるような気がします。
ゲイだと知って嫌いにはならないです。
かっこいいですもの~。
どうも私は日本人より欧米の殿方に惹かれる傾向がある(笑)
音楽の話ね。

♪Better Than I Know Myself


ただ一つ思うのは、行き過ぎたことはしないでほしいのです。
DOAのピート・バーンズのようには絶対にならないでほしい。
そのままで美しいのですから。

雨降り

6月に入ってから初めてじゃないですか、雨降ったの。
こういう天気はもろに身体にくるんですが、
朝に入れた熱(温熱治療)がなんか良い感じに効いてる気がします。

今日はこういう感じの音楽で。
Soaked/Adam Lambert


それにしても心地よい歌い方をする。
MUSEの演奏で、マシュー(Vo.)とのコラボを聴いてみたくなります。

あったあった

Trespassing.jpg
探してた2ndです。
しばらくはアダム・ランバートの音楽聴いてます♪

やっぱ声が素敵なんだよなぁ。

共通

今日もアダム・ランバートですけど、なにか。
聴けば聴くほどに声の虜になっております。


このいちいちエロい感じがね、良いのよね・・・て前も言ったか。


ここまでアダム・ランバートが好きだと言いながら、
2ndアルバム持ってないんですよね。
なので、2ndを聴きだしたらまた感覚も変わると思うのですが、
今はまだこの感じに浸っていたいですね。

アダムはゲイを公言しております。
日本では(特に田舎では)まだまだそういうのに偏見があるようですが、
海外のアーティストにとっては珍しいことじゃないし、
かえって、そういうものがその人の魅力だったりしますから。
音楽はいろんな意味で自由です。

それにしても、アダム・ランバートかっこいいです。
どうか、顔とか身体とかには手を入れないでほしいです。
どうかそのままで。
だって、ピート・バーンズを見た時はショックだったのですから。

まさかの

ここ数日アダム・ランバートを聴いてたら、
やばい・・・なんかやばいぞ。
このアーティストから離れられなくなってしまいそうだ。
だって、これは凄いですもの。声が。


この曲はMUSE提供の曲。
納得ですよ。
この世界観はMUSEですよね。
MUSEよりMUSEっぽい・・・という言い方は語弊があるかもしれませんが、
MUSEの音楽の持つエネルギーがアダム・ランバートに憑依した感があります。

MUSEも歌ってるみたいですがCDにはなってないようです。


男性の魅力はやっぱ「声」だなぁと日々思います。
男性というか、私にとっての音楽の聴きどころは「声」の部分が大きいです。
音とのバランスが私の心と共鳴する瞬間がたまらなく心地よい。

伝わる

ぐっとくるPVですね。
Better Than I Know Myself/Adam Lambert




ツェッペリンの名曲を歌いあげてます。
オリジナルとは別の魅力がありますね。



こちらはクイーンの曲。
いいね~。

Whataya want from me

Adam Lambertが歌うこの曲、P!NKっぽいな~と思ってたんです。
そしたらやっぱりP!NKが歌ってた!
Whataya want from me/P!NK

やっぱりかっこいい。

wikiを解読してみると(違かったらすみません)、
もともとはP!NKが作った曲らしいのですが、
最後の段階でアルバムに入らなかったらしい。
それをアダム・ランバートに提供して表に出したようですね。
そういえばアダムのアルバムにP!NKがクレジットされてた気がする。

どっちのバージョンも凄くかっこいいと思います!
Wataya want from me/Adam Lambert



で、こちらがデュエットバージョン。
たぶん公式のものではないと思うけど・・・。
二人の声のトーンは近い。良い!


アダム・ランバートですが、もっと若いかと思ったら、
1982年1月29日生まれだそうで、私と近いじゃーん。

ぐっとくるメロディ

Whataya want from me/Adam lambert


なんかいきなり聴きたくなった。
かっこいいねぇ。
なんとなくP!NKが歌ったら似合いそうな曲だなと思った。
歌詞は相変わらず聴いただけじゃ分からないけど、
こういうの好きなんだよな~。

借りてみた

Adam Lambert
For Your Entertainment
「For Your Entertainment」 2009年

歌うまい人の音楽を聴くのは心地好いものです
♪Whataya Want From Me /Adam Lambert


Fever

いちいちエロい。
そこがまた良い!



見たもの、聴いたもの、思ったこと