プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
来年の写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

Lillies and remains

今日一日ずーっと雨でした。
晴れろ!

Moralist S.S. /Lillies and remains


かっけ~な。

どっぷりと浸かる

Lilles and Remains(リリーズ・アンド・リメインズ)

なんかもう かなりの時間聴いてた気がする

私にとってこのバンドのサウンドは

心地が良いです

声と音

バランスが私好みなのだよ

いいねぇいいねぇ


低音がね

地中深くで息している生物のような

海の底で泳ぐ深海魚のような

低空飛行でゆらゆらしている物体のような

なんかこう・・・・蛇行している感じというかイメージというか

こういう表現で精一杯なんですが・・・伝わりましたでしょうか

え、さっぱり分からないって?

その前に褒めてないって?

あくまで個人的な感覚でございますのでどう思うかはひとそれぞれ。

表と言うよりは裏

裏だけど表

黒だけど白の要素もあるよ・・・と。

ますます分からんね。

自分でもようわからん。

でもでもとにかくかっこいいのです

すっげー好きかも 彼らの音楽は。


♪human intellect






Lillies and Remains

♪You're Blind/Lillies and Remains



Lillies and Remains の2011年のアルバム

『TRANSPERSONAL』

Lillies and Remains transpersonal

このバンドを知ったきっかけは2009年辺りだったかの

今井さん(BUCK-TICKのギタリスト)の「おススメの音楽」のブログでした。

昨日レンタルショップに行ったら新譜があったので迷わず借りてみました。

1stアルバムも結構好きで当時は良く聴いていましたのですが今作も良いです。

暗いね 黒だね 印象が。

いや、黒に近い紺のような・・・。

好み。

80年代90年代のニューウェイブとかポストパンクと呼ばれていたバンドを想起させるLillies and Remainsのサウンドは

リアルタイムで聴いてなかった自分のような人間には新鮮であったりします。

アルバムをなんとなく聴いてると単調に聴こえたりするかもしれませんが

じっくり聴くと、メロディや音の転調具合が「うわぁすげぇ」ってなります、私は。


全部英語詞なので訳詞見ないと何を歌ってるか分かりませんが

今作は「TRANSPERSONAL」と言うだけあって

TRANS=超える

PERSONAL=個人の人格・意識

「精神性」なるものを歌っている・・・と思う。

(大まか過ぎる?)

まぁ聴いてみて かっこいいと思えれば私はそれで「よし」です。



拍手いただいておりました

ありがとうございます

コメントなどありましたらお気軽にどうぞお書き下さいまし

Lillies And Remains

以前にもブログに載せましたが

これ、良いです

聴けば聴くほど

良いんです

Lillies And Remains

MoralistS.S


なんて表現したらいいのか


ハイテンションとロウテンションの共存

閉塞感と開放感の絶妙なバランス


インストも収録されているのですが

それがまた良い音楽的空間を醸し出してくれます

(この日本語ダイジョブか?)

(通じてるか?)

音楽のイメージが広いバンドだなと思いました

素晴らしいですね

見たもの、聴いたもの、思ったこと