プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく5才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
echasl201607062.jpg

滞る

もう9月になっていました。
早いですね。
自分のブログは頻繁には更新してないですが、
好きなブログは毎日見に行っています。

次の更新はまた気が向いた時に・・・・。


♪金星/平沢進

出だしは切れてますが、このPV(?)好きです。

毎日聴いても飽きない。

魂のふる里

♪魂のふる里/平沢進


おかえりなさい この森の日々へ
おかえりなさい キミの物語へ
木々の葉をゆらす 風の音の歌が
千年もかけて語る 思い出と未来へ
おかえりなさい おかえりなさい

忘れているなら 木漏れ日の影絵が
教えてくれる 空を飛ぶすべさえ
岩肌を削る 川面の鏡に
次々と映るあなたの姿
何にでもなれる 何にでもなれる

木々の葉をゆらす 風の音の歌が
千年もかけて語る 思い出と未来へ

おかえりなさい この森の日々へ
おかえりなさい キミの物語へ
月明かり照らす 霧の獣道
ひと夜もかけて見せる いくつもの世界
どこへも行ける どこへも行ける

おかえりなさい おかえりなさい
おかえりなさい おかえりなさい


作詞、作曲:平沢進



美しいな

スペクタクルで静寂

やっぱり平沢さんは凄いなぁと思いながら聴いています。

♪庭師KING/平沢進


こういう歌も

♪LOVE SONG/平沢進

世界に数多とあるLOVE SONGの中でも、平沢氏のLOVE SONGはどこまでも優しい。

天を朱に染めて
呼んでいる あの声
千里遠く越えて 降る雨

しんとする夜に
千の夢育てた
天使のように泣く 声 声

拳に陽を受けて
病んだ日を迎える
戦士のように立つ あの子ら

信じては眠り
前途キミに在れと
念じては歌う 声 声

花に咲く LOVE SONG
風に吹く LOVE SONG
波に立つ LOVE SONG
人に泣く LOVE SONG

・・・・・・・

作詞 作曲:平沢進 

お取り寄せ

やっぱり平沢氏の楽曲を全部聴いてみたくて、レンタルのお取り寄せをしたのです。
hirasawa.jpg
ソロ1stアルバム『時空の水』1989年

音も声も好きだ。
しばらくは聴き続けるでしょう。

やっぱ「金星」は特別だな。
ギターの音と言葉だけでここまで壮大なイメージができる音楽にはそうそう出会えない。

こんな世界が

♪金星/平沢進

平沢進といえば、スペクタクルで音の洪水でカオスコスモスな言葉、といったいろんなものが混ざり合った美しさを感じて日々聴いていますが、この曲は今までの私の平沢氏に対する見方を聴き方を別方向へ持っていってくれました。
ギターと声だけの平沢氏は新鮮で、深部を探りたくなるような、音と声がものすごく気持ちが良い。

かなり好きだぞこれは。
死ぬまでに平沢進のCDを全て聴きたい。

やっぱ美しいな

♪ロータス2/平沢進

音と言葉に包まれる感じ、気持ち好いです。
分からない、でも感じる。

今日の音楽

強風が吹いて、地面に落ちた枯れ葉が円を描いている。
秋なんだなぁとしみじみ思う。

♪白虎野の娘

この曲に出会わなければ、生涯、平沢進を知ることはなかったかもしれないと思うと、
この音楽との出会いがとてつもなく幸運だったと感じる。
どんなタイミングで、どんな状況で、どんな心理状態で。
好きかどうかは一秒で足りる。


♪確率の丘

年中聴いてますが、より秋に聴きたくなりますね。
この歌詞を聴きながら想像できる世界は自分だけのもの。
そして聴く人全ての想像が、その音楽を生かす。

睡眠導入曲

♪ロタティオン/平沢進

このブログに何回載せたか分からないですが、やっぱ好きだな。
スペクタクル。

帆のように

♪庭師KING/平沢進


good night.
thank you

聴きたくなる

この時期のイメージに合うような気がして。

♪確率の丘/平沢進


吹き飛ばされる枯葉の舞に
空一群の星は沸く
なお幾万の風さえを分け
着地の時を見逃すまいと
不意に聞く産声が星の名を変え
丘に咲く花々は知らぬ香を着る


この歌詞ですよ。
理解できる人は凄いと思う。
私はまだ理解できない部分があるけど、
分からないことがこんなにも想像力をかきたててくれるものとは、
平沢進氏から教わったような気がする。

ただ、はっきりしているのは、
脳内に浮かぶ景色がとてつもなく美しいということ。

平沢氏の音楽は私にとって、未知であり、魅惑であるという点で宇宙的な存在です。
誰もがもしかしたら内在しているものを、かなり遠回りで難解にして届けているのかもしれない。
だからこそ、分かりそうで分からないあの独特な感じがもどかしくもあり、
心地好いのかもしれない。

拍手ありがとうございますdeko (20)

その確率

明日は早く起きるぞ!

♪確率の丘/平沢進



拍手ありがとうございますdeko (3)

幾千の分岐を超えた時

♪白虎野の娘/平沢進


この曲に出会えてなかったら、私の音楽観は今よりもっと狭いものだったと思う。
かなり強烈な印象を与えてくれた一曲。
時々無性に聴きたくなる。


拍手ありがとうございますdeko (56)

きっと見えません

今年最大の満月(スーパームーン)だというのに、まったく見える気配がありません。
去年は撮りましたが、今年は無理ですね。
といっても写真にしてしまえばどの満月も同じなんですけども。
見たかったな。

♪Moon Time/平沢進



拍手ありがとうございますdeko (21)

ロタティオン

賢者のプロペラ
2000年 「賢者のプロペラ」

♪ロタティオン/平沢進


黄金の月 草の露に幾万も昇り
唯一に来る夜の牢で打たれるキミの夢に咲く
瞬く間にも数千の朝よ訪れよ
パラレルに行く船団に全てのキミの日を乗せて


こういう歌詞を考えられるって、やっぱ平沢氏は凄いと思う。
分からないけど、気になるし、惹かれる。
そんな曲が多くあります。

高鳴り

点呼する惑星
2009年「点呼する惑星」平沢進
ここ数日、部屋で聴いてる音楽です。

音楽を聴いていて分からない歌詞は、歌詞カードを読めば大抵は分かるのですが、
この平沢氏の歌詞は、読んでも分からない。
そこが魅力のひとつです。
(私の読解力がないだけかもしれませんが)
なんだろう、これは。と思わせる言葉と、
こういう展開でくるか。と感じさせる曲の流れ。
私にとってはなんとも魅力的で、気になる音楽なのです。

絵を見たり写真を見たり、芸術的なものに心が触れた時、
なんかよく分かんないんだけど、好き。と感じることがあります。
音楽も例外ではなくて。
分からないもどかしさと、
そこに隠れている何かを自分なりに見つける楽しさ。
それが正解でなくても、感じるままに勝手に解釈して楽しむ。
解釈さえも放棄して、ただ聴く。
もちろん確かな情報があればそれに越したことはないのだろうけど。
いや、自由な解釈は確かな情報さえも凌駕するかもしれない。
かもしれない。

♪Mirror Gate


表紙

書店に行ったら、平沢進さんが表紙の雑誌がありました。
なんかすごいびっくりしました。
実は有名な人なんだよね。

♪庭師KING


地元のツタヤにCDあるもんね。
一枚だけだけど。
ラジオ局にはあるかしら。

聴きたくなる

何度も載せていますが、また聴きたくなったので。
♪白虎野の娘/平沢進


このブログを読んでくださる方の中で、
スマホで閲覧している人はいらっしゃいますでしょうか。
最近までスマホの存在を全く考えないでいたのですが、
そういえばこのブログ、スマホ用のページも作ることができるんだったと思いだし、
数日前に作りました。

なんとなく訪問してくださる方が増えたのは、
もしかしてスマホ用ページを作ったからでしょうか。
それは分かりませんが、
スマホ用ページから来ていただいた方ありがとうございます。
いつものようにPC画面で見ていただいてる方もありがとうございます。

私はガラケーなので、スマホで自分のブログを見たことがありません。
もし変なところがありましたらおしえてくださいませ。

扇風機の風が体に心地好い

毎日毎日 暑いですね。
昨夜はいきなりこの曲が聴きたくなりました。
なんとなく涼しい感じの音楽のような気がする。
歌詞の中にも風というフレーズが出てくるからか、
さわぁ~さわぁ~っと風が吹いているイメージ。
平沢進の音楽は心地好いんです。

何回載せたか分かりませんが、かなり好きな曲。
♪庭師KING/平沢進

地元のレンタル店に一枚しかない平沢進のCD。
アルバム「救済の技法」3曲目に収録。

早くこの暑さから解放されたいですね。

full moonということで

再び、平沢進の楽曲で。
神秘とか壮大とか人智の及ばない域を感じる世界観。
♪庭師KING/平沢進


月というか、宇宙。ですね。

アルバム「救済の技法」収録。
地元レンタル店(中央店の方ね)に唯一ある平沢進のアルバム。
これは借りないと損ってもんです。



Thank you for web clapping.

これ (業務連絡)

A.Sへ
これです。
♪白虎野の娘/平沢進

映画「パプリカ」(監督:今敏)エンディング曲
この動画の映像と映画は関係ありません。

この曲に出会った瞬間のドキドキと言ったら、言葉で表現できません。
映画も映像美が印象的。

一番最初のラジオ参加のリストにも入れるくらい大好きな曲。
好きを軽々と越えてしまうくらいの魅力。

返信はこっちじゃなくて、直接メールでよろしく。


thank you for web clapping!

秋ですなぁ

DSC01987.jpg


白虎野の娘/平沢進


私の人生の中で、
平沢進に出会えたことは、
凄く大きい。

平沢進 救済の技法

衝動買いです
平沢進 救済の技法
オリジナルは1998年ですが、2009年発売のHQ+ボーナストラック付きの方を買いました。

いい!本当に良い!
なんて世界観!
素晴らしい!!

庭師KING


BERSERK(ボーナス・トラック)



もうね 感動

hirasawa world

♪Susumu Hirasawa - Niwashi King




平沢進という男

音楽の楽しみを増幅させてくれた人

あ~もう全てのアルバムが欲しい

でも金がない~ない~ない~


私の知人で持ってる人もいないしな

と言うか平沢氏を知ってる人がいたら

それだけで嬉しいのだけど

Say no!





どう思うかは

ひとそれぞれ

この音楽を作った平沢氏に

音楽の存在意義を見たり



面白い偶然があったので

偶然の確率は

必然の確率と同等なのだろうか?

どっちが割合的に高いんだろう・・・

と、ふと考えてる時に思い出したのがこの曲



♪確率の丘/平沢進




いつ聴いても意味不明な音楽

(意味不明と思ってるのは私だけかも・・・)

(聴いてる人はちゃんと理解できてるんだろうか?)

でもそこに惹かれる

そこが好き

平沢進の世界

意味不明なのに感動するのは

文章の脈絡というよりも

選ぶ単語が素敵なのだ



そして電子音楽なのに軽い感じにならないところが

またいいんです



・・・・・・



テレパシー送信中・・・・・




なーんて、届くわけないから(笑)書くけど


宇宙兄弟おススメ!!!でやんす



拍手ありがとうございますdeko (50)

筆字

新たな表現に出会いました

「書体」の面白さ

筆で書かれた歌詞です

素晴らしいですね

選曲がまた私好みで

こりゃすげー


白と黒って

いいね



♪白虎野の娘・・平沢進



平沢進の楽曲の中でも

名曲中の名曲です



♪曇天・・DOES



DOSEを知ったきっかけがこの曲

すっげーかっこいい



♪涙 ~天零萃夢~・・Re:A&Re:nG(リア&レンジ)



今回初めて知った曲

歌詞といい声といいメロディといい

好みのど真ん中




歌詞を筆で表わすだけで

また違ったイメージが湧いてきます

なんか書いてみたくなりますね

書道具どこいった~

新アルバム

平沢進 突弦変異


聴きたい

凄く聴きたい

6月23日に発売だそうです



平沢進-確率の丘 (youtube)

2006年のアルバムより


電子音楽の達人だと思います

機械と人間の融合

いろんな意味で

絶妙なバランスを感じます

さすがです

白虎野の娘

自分の好きな音楽は

共通点があるかもしれない

まったく違うように思えても

実はどこかで繋がっていたりする



白虎野の娘/平沢進(youtube)

点呼する惑星 平沢進

点呼する惑星

11枚目の平沢進のアルバム

自分はまだ2枚しか持っていません

(「賢者のプロペラ」「白虎野」)

どのアルバムを買おうか迷い

とりあえず最近のから集めようと思って

これにしました


いつも聴いてて思うのは

音の作りが面白いこと

テクノ音楽は一歩間違うと

単調でそれの繰り返しになりがちで

ただただぐるぐる回ってるだけのイメージだったりしますが

(それが良い場合もありますが)

平沢氏の音は

なんと表現したらよいのか形容が難しいですが

スペクタクル

(1)壮大な光景。

(2)映画や演劇などの豪華・壮大な見せ場。また、そういう見せ場のある作品。

(goo辞書より)


そう、スペクタクルなのです

壮大な光景が想像できる音楽

音の爆発

音の洪水

音の嵐

音の凪

音の恍惚

素晴らしいです


平沢進の歌詞は(私にとっては)難解だと以前から言っていますが

その難解さが魅力のひとつでもあります

音楽でいう難解というのは

偏見で言わせてもらえば

どんなふうにでも解釈していいことだと思っています

“歌詞の意味が分からん(でも好き)”

という到達点でも

それがひとつの答えとして成り立つ自由さと

ものすごい理屈と毒々しい解釈であっても

それを良しとする広さ


難解だからこその魅力は

音楽だけじゃなくて

絵画やアートの世界にも通じることで

その解釈は

個々の経験値が表れるものかもしれません


「歌詞の意味が分からない」という私の答えは

果たして経験値のレベルからしてどのくらいなのか

低いのか・・・・・

まぁいいさ

大事なのは歌詞だけじゃないも~んと

言い訳めいた想いも

きっとこの音楽を好きで聴いている人には

分かってもらえるはず

きっとそのはず



音楽を聴いていて

「気持ち悪さが気持良い」という表現をしてしまうことがあります

その気持ち悪さというのは

不協和音手前ギリギリの和音だったり

音の連なりからしてこうくるのは意外というものだったり

「音」に関しての不安定な要素があるものを指しますが

(他の人が聴けばなんとも思わないかもしれませんが)

不安定でも次の音がそれを受け入れるというか

不安定なままでは終わらない

きっちりメロディとして流れる気持ち良さがある

というものです


音楽の基礎的な知識は全くありません

楽譜も満足に読めません

絶対音感なんてありません


でも音楽は

聴いてみて良いと思うかそうでないか

突き詰めればそれだけのことだと思うのです


で、この「点呼する惑星」

気持ち悪さが気持ち良い曲があるのです

いや~良いですよ

気持ち悪いという表現はマイナスのイメージにも取れますが

ここでいうのはプラスのイメージです

いい例えが浮かばないのがもどかしいですが

意表を突かれる音

そんな感じです



聴きたくなってきたでしょ

さぁ平沢進の世界へ・・・・





平沢進の音楽を

語れるほど知っているわけではありません

なにせ3枚しかアルバム持ってませんから

偉そうなこと言ってごめんなさい

でも、かっこいい音楽なのでおすすめです


Mirror Gate(youtube)

平沢進とおかあさんといっしょ

以前、「白虎野の娘」を姉に聴かせたら


姉「あぁなんかこんな雰囲気の歌を聴いたことがあるよ」

私「どこで?」

姉「おかあさんといっしょの番組の中で」

私「えぇぇぇぇぇ!」

で、探しました

これ

地球ネコ(youtube)


平沢氏

こんなところにも出没していたとは 恐るべし

甥や姪がいるので

幼児番組は時々見ていましたが

こんな音楽があったとは知りませんでした

はたして幼児に理解できるのだろうか?

「理解できない」という魅力こそ

子供は知っているのかもしれない


それにしても凄いソプラノだ


歴代のおかあさんといっしょの楽曲の中でも

異色の部類に入るのではないでしょうか




平沢進 「白虎野」

早々に

今年のマイベスト
白虎野

2006年の作品ですが

2009年に出会いました

やっぱこれでしょう

悩む間もなくこれでしょう

「素晴らしい」の一言に尽きます

本当に出会えて良かった作品

かなりの頻度で聴いています

生涯の名盤の仲間入りです


白虎野の娘 映画「パプリカ」より

(このCDには映画とは違うバージョン「白虎野」が入っています)


確率の丘


全曲好きですが

この2曲は特に大好きです


ブラボー!!!!!!!






そしてマイベストがもう一枚

memento mori

2009年作品

BUCK-TICK「memento mori」

戻ってくる場所はいつも

ここだったりします

何が良いって

聴いてて楽しくなるアルバム

ある意味凄い

じゃぁ今までのは聴いてて楽しくなかったんかい

と一人で突っ込みをいれつつ

楽しむという言葉は

無限の意味がありますね はい


どの作品も好きですが

特にアルバム「メメントモリ」は

BUCK-TICKの新たな面が見られる作品です

GALAXY

本当はタイトル曲を載せたかったのですが

フルバージョンの動画を探すことができませんでした




この2枚

何度もこのブログに載せているので

またかと思われるかもしれませんが

やっぱり気に入ったものは

誰かに伝えたくなるものです

自己満足にお付き合いいただき

ありがとうございました

魅惑の難解音楽

白虎野の娘

すっかり平沢進に魅せられてしまい

アルバム「白虎野」に続き

「賢者のプロペラ」を買ってしまった

その良さは

「解らない」ところにあると思う

何度聴いても

いろんな解釈ができるし

自分の無知に気づくことができる

解らなくても

何かを感じることができる音楽ですね

民族音楽とテクノロックの融合とでもいいますか

その混ざり具合が

なんとも絶妙で

素晴らしいのです


♪時間の西方

♪賢者のプロペラ


できれば目を瞑って

その雄大さを感じてほしい

白虎野


ついに

ついに!!

買ってしまった

平沢進の10thアルバム「白虎野」
白虎野

パプリカのサントラで「白虎野の娘」に聞き惚れて

オリジナルも聴いてみたかった


こういうの

まさに好みです


平沢ワールド良いですね

出会えて良かった

過去と未来が現在で出会う

平沢進の

パプリカサントラ買ってしまった

収録曲「白虎野の娘」がどーしても聴きたくて

パプリカサントラ


オリジナルアルバムの「白虎野」も気になるところ

買わねば!

白虎野の娘

筒井康隆の原作「パプリカ」を

今敏監督がアニメ映画化
パプリカ


精神疾患のある患者の夢を分析し

治療を目的として開発されたDCミニ


それは他人の夢の中に入り込み

夢を共有できるという画期的な器械


夢を共有するとはどういうことか?

それは映画を見てのお楽しみ


何度見ても分らなかったことが一つ

千葉敦子からパプリカになるときの方法

で、筒井康隆著「パプリカ」を読んでみた

読んで納得はしたものの

映画と内容が異なっていて

専門用語がいっぱいあって

難しかった

どちらかというと映画のほうが好きです


なんといっても映像美!ですな

素晴らしいです

そして平沢進の音楽が良いです

♪白虎野の娘


独特の歌詞と中国っぽい音楽が好みです

画像は誰が描いたものか分りませんが

とても素敵だったのでこれにしました
見たもの、聴いたもの、思ったこと