プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

月日は流れて

10代の頃、THE BOOMのボーカル宮沢和史氏が好きでして、
(※20代~30代の頃の宮さん)
で、当時、宮さんが結婚して子供が生まれて、
その子供が「氷魚(ひお)」という名前だと知って、なんでこんな名前?
なんて思って・・・・・

月日は流れ流れて・・・・

息子の宮沢氷魚さん
モデルで俳優で、英語の番組で流暢に喋るのを聴きながら、
まぁ男前じゃないの!
とドキドキしましたわよ。
当時の宮さんに抱いた憧れみたいなものを思い出しました。
「氷魚」という名前の意味も最近知りました。

で、今回新ドラマに出演してるので見たんですけども、
ちょいちょい宮さんの面影が・・・かっこいいですね。
「偽装不倫」というタイトル

宮さんを好きだった人は感慨深いんじゃないですかね。
息子が、息子がテレビに出てるーって。
私が10代の頃には想像できませんでしたから。

好きだったミュージシャンの息子が活躍してるって、
なんか親戚のおばちゃん目線で見てる感じもあるな(笑)

目と目の色がね、似てる。




私が好きだった頃の宮さん

♪からたち野道/THE BOOM


さようなら、ありがとう

すっかり2CELLOSに心奪われてしまって、思い出したときにはすでに遅し。
THE BOOM解散してしまいました。
小学6年生の時に「島唄」を聴いたのがきっかけでした。
かれこれ21年前か・・・。
二番目の姉が部屋で流していたのを一緒に聴いた記憶があります。

音楽が大好きになるきっかけってなんだったかな~と振り返る度に出てくるのが、
THE BOOMとBUCK-TICKです。
10代のころに、音楽の奥深さを教えてくれたバンドです。
もちろん他にもいろいろ聴いていましたが、この二つのバンドはかなり大きな存在でした。
今までも同じようなことをこのブログに書いてきたので割愛しますが、
私の栄養素(太陽であり雨であり、肥料であり空気)でした。
そこから段々成長していって今は、太い幹から無数の枝が生えているようなイメージ。
私の音楽好きを木に例えるとそんな感じ。

だからやっぱり大切な存在なんです。
あの時に出会っていなければ、今どんな音楽を聴いているか分かりません。
そのくらい影響を受けたバンドでした。
時間の流れとともに新しい曲は聴かなくなってしまったけれど、
折に触れて聴きたくなる曲は何曲かあります。
好きになった曲はずーっと好きですから。
私のネーム「からたち」もTHE BOOMの「からたち野道」から拝借しました。

たくさんの感謝とともに、愛を込めて。
♪島唄/THE BOOM


ありがとう。
thank you

今日もまた

なんどもなんどもこのブログに載せています。
とても好きな曲なのです。
♪からたち野道/The Boom

THE BOOMは今年で解散してしまいます。
私の10代の頃に多大な影響を与えてくれたバンドです。
私の感性を育んでくれたバンドのひとつでもあります。
音楽って凄い!と音楽の素晴らしさを意識し始めるきっかけをくれました。
2000年頃には私自身が離れていってしまいましたが、
それ以前に聴いていた曲は今でも時々聴いています。

この曲には、美しい景色が見える。
悲しい曲というより、美しい曲だと思うのです。
感じ方はひとそれぞれ、時がたって感じ方が変わるのも音楽の魅力。
thanks for web clap

69年

♪島唄/The Boom


海よ 宇宙よ 神よ いのちよ このまま永遠に夕凪を

永遠に夕凪を。


拍手ありがとうございますdeko 54

からたち野道

♪からたち野道/THE BOOM


ちょっと意気消沈気味なので、音楽で充電中。
夏バテまっしぐら~。


拍手ありがとうございますdeko66.gif
E.Eちゃんへ
アドレス変えてないよ~。
もしや私に送るとエラーになるのかな?
こっちからも送ってみるよ!

解散

THE BOOMが2014年12月で解散することをラジオで知りました。
寂さもありますが、お疲れ様と言いたいです。

私とTHE BOOMとの出会いは小学生の頃。
ちょうど「島唄」が発売された頃でした。
1993年くらいでしたか。
それから2000年くらいまでは本当に大好きで聴いていたバンドでした。
自分の音楽趣味がいろんな方向へ行ったのと相まって、
次第に新しい曲からは遠ざかってしまったのですが、
初期のころの作品は時々無性に聴きたくなって聴いていました。

私の感性の一部を育んでくれたTHE BOOMの楽曲は、
今聴いてもいろんなことに気づかせてくれる大切な音楽です。

THE BOOMから派生していろんな音楽を聴くようにもなりました。
今思えば、幼少期に聴いたフォークソングが自分の音楽の種だとしたら、
THE BOOMは水であり、肥料であり、太陽だったのかもしれません。
音楽への興味を私に与えてくれました。

私のハンドルネーム「からたち」は、
THE BOOMの曲、「からたち野道」から拝借しました。
「島唄」も大好きな曲ですが、それ以上に聴いたであろうこの曲は、
私の棺に納めたい一曲でもあります。
最大の魅力はメロディです。
そして、そのメロディに優しく漂う歌詞の美しさ。
美しい悲しみ、という表現が適切かどうかは分かりませんが、
そのような感覚があります。

♪からたち野道/THE BOOM


ありがとう。
感謝を込めて。



拍手ありがとうございますdeko18.gif

改めて聴く

TROPICALISM -0゜
1996年

♪時がたてば/THE BOOM


素晴らしいね

きっかけ

宮さんのことがあってから、THEBOOMの音楽をまた掘り出して聴いています。
アルバムの中で一つの世界を作るというより、
アルバムの中の一曲一曲が独立している印象があります。
それが魅力でもあります。
一曲で、ひとつの物語を読んでいるような濃い世界。
♪有罪/THEBOOM

前にも載せた動画ですが・・・。
youtubeのコメントにもありましたが、
本当に「色気」を感じる曲だなと思います。
声、詩、音色、メロディが気持ちよく混ざり合っている。

ちょっと飛躍しますが、
この曲を聴いてて思い出したのがHURTSの曲。
この曲もまた私の中では同じような物語だと思っています。
なぜかこういうストーリーに惹かれてしまうんだな私は。
♪Affair/HURTS


どんなストーリーかは・・・
ハッピーエンドではないということです。

お大事にしてください

THE BOOMのボーカリスト宮沢和史さん。
頸椎症性神経根症で、4ヶ月間静養するとのことです。
私の中学~高校時代の憧れの人でした(櫻井敦司もね)。
当時の宮さんは本当にかっこよくてですね、好きだったんですよ。
声も素晴らしいし。
今は離れてしまったけど、当時の音楽は今でも聴きたくなる時があります。
ブームと言えば、私はこの曲なんです。
ブームと言えば・・・と言うか影響を受けた曲は何ですか?と聞かれたらこの曲は間違いなく出てくる。
私のハンドルネーム(ラジオネーム)の由来の曲です。
♪からたち野道/THE BOOM


明日はブームの曲をリクエストしてみようかな。


拍手ありがとうございます。
アルバム「ジャパネスカ」は名盤です。

同じ地球に生まれて

幸せであるように/the boom


車の中で歌ってたら、泣けてきた。

幸せになるのは簡単さ
人を許せる力さえ 
その手に持って 
ここまでおいで


この歌は中学高校の時によく聴いてたんですけど、
今聴くと、本当に深い歌だなぁと感じます。

音楽は聴く年齢によって、受け取り方が変ってくる。
あるいはもっと付加されるものが多くなりますね。
音楽が生きているって、こういうことを言うのだろうな。
他人が入り込む余地のない、音楽 対 自分
この「対」は「VS」ではなくて、
向かい合っているイメージです。
向かい合って握手している感じ。
いや、抱擁かな。

遠い異国の地での悲しい出来事。
どうか人々の心に早い平穏が訪れますように。

染み入る

5年くらいハンドルネーム(からたち3号)を使っていますが、この「からたち」はこの曲から付けました。
からたち野道/THE BOOM


この曲との出会いは10代前半ですが、かれこれ20年弱経ちましたが今聴いても本当に良い曲です。
THE BOOMと言うと「島唄」が世界的にも知られた有名曲ですが、私は「からたち野道」の素朴で美しくそして深い情景に心打たれます。
もっと知られてもいい曲なのに、と、常々思っています。

この曲を聴いて思うのは(たぶんこの曲は会えなくなった人への想いを歌にしていると思うのですが)、私の場合は、幼稚園時代のバスが来るまでの景色であったり、元気な頃のじーちゃんが道路沿いの草を刈って、その後に香るの草の匂いの記憶とか、アスファルトに映った雲の流れを追いかけた記憶とか、10代手前の昔の頃の記憶が思い出されます。幼いころの自分を遠くから見てるような不思議な感覚になったりします。
音楽の聴き方は人それぞれだし、どう思うかも人それぞれ。
この「それぞれ」こそが音楽の醍醐味だと思います。

是非、聴いてみてください。
そしてどう思ったかお聞かせいただけたら、この上なく幸せに思います。
(ワタクシ小心者ですので、良い感想しか受け付けません)


拍手&コメントお礼お礼
Dear SEIKO
コメントありがとう!!
音楽聴いて昔の「景色」とか「想い」とか思い出すことあるよね。
うんうん、聴いてるとあったかくなる。そういう感じ。




中央線

星野源の新曲を探していたら、懐かしい曲に出会いました。
「中央線」という曲

中央線/清水ミチコ&星野源

清水ミチコさんは矢野顕子さんの大ファン
もともとこの曲はTHE BOOMがオリジナルで、矢野顕子さんがカバーをしています。
で、その物まねをしている清水ミチコなんです。
分かります?
似てますよね~(笑)
あ、これが新曲じゃないですよ。

新曲はこちら→星野 源/フィルム【MUSIC VIDEO &特典DVD予告編】


こちらが中央線のオリジナル
中央線/THE BOOM(youtube)
THE BOOMは初期のころが好きですね。
小学・中学の頃によく聴いていました。

こんなのもある
中央線/矢野顕子&小田和正

小田和正のなんと声の良いこと!

音楽と思い出

♪神様の宝石で出来た島/MIYA&YAMI



懐かしい

この曲のPVあったんですね

たしか中学の時だな 聴いてたのは。

この頃の宮さんは凄くかっこよくてですね

ちょうどBUCK-TICKとTHEBOOMを半々ぐらいで聴いてた時期で

あっちゃんか宮さんか!ってな感じで

個人的に盛り上がってましたな。

音楽性は全く違うけどこの二つのバンドは10代の自分にとってはかなり大きな存在でした。

(姉たちの影響をモロに受けてた時分)

30代の男の人っていいやね、と10代のアタシは音楽に浸かっていたのですよ

男は30代が美しいと思うよ

40代の今のあっちゃんも魅力的ですけど

おほほ(爆)



この曲が入ってるアルバムは

姉が持ってたテープで聴いてたのが始まり

(当時はテープだったんだよね)

同級生にCD持ってた人がいたから借りた記憶がある

(なぜ持ってたのかすごく気になったけど・・・なんで?Y.Kこのブログ見てる?教えて)

そしてやっぱCD欲しくて中古で買って

高校生になったころには

宮さんの歌い方が変わってきたのにつれて離れていき

(全く聴かなかったわけじゃないけど)

BUCK-TICKと洋楽と広い音楽世界に吸い込まれていきました

(THEBOOMの初期の音楽は今でも時々聴きますけども)

音楽で思い出すことって結構あって

このCDをどこで買ったとか

この曲は誰から教えてもらったとか

自分の記憶は音楽と連動していることが多くて

高校の同級生の名前は忘れても

相手がどんな音楽好きだったかは覚えてるという

そういうの結構あるな~

音楽の趣味を聴いた人は名前忘れても存在は忘れない自信はあるかも

なんの役にも立たないけど(笑)


寒いですね

寒いです

いきなり

寒いです

風邪ひきました

本当に

寒いのです

なんでやねん

寒いわ~

niji.jpg


久しぶりに

虹を見ました


虹と言えばこの曲

虹が出たなら/ THE BOOM(youtube)

懐かしい

Zipang-音楽見聞録@えさし藤原の郷

(6月16日のブログ見てからお読みください)



行きも帰りも散々迷いました

看板のとおりに行っても

着かない・・・

勘で「こっちかな」と思ったら着いたみたいな

方向音痴もここまでくると

救いようがありませんな

なんとか時間前に着き着席

思ってたより人がいました

えさし藤原の郷

イベント前半は

宮沢和史氏も交えての

えさし藤原の郷のアピール的な催し

勉強になりました

笑いもありつつの楽しいひとときでした

そして後半はライブ

これが見たかった

どんな曲をやるんだろうと

内心ドキドキしながら見てたら

一曲目からしてなんとも嬉しい選曲でした

<リスト>

01.星のラブレター

02.中央線

03.みだれ髪(美空ひばりの曲)

04. 沖縄民謡(タイトル忘れた)

05.島唄

06.風になりたい

(4曲目以外は知ってる曲でした)

(3曲目は意外でしたね)


だんだんと陽が暮れて

松明のぱちぱち燃える音を効果音に

(少し煙たかったけど・・・良い匂いでした)

アコースティックギターと三線のライブ

良かったです


照明に無数の虫がやってきて

ステージを飛び回ってるところでも

「コカゲロウだよ」とか

(やけに詳しかったね)

「綺麗な環境だからこそいる虫だよ」とか

虫の存在を嫌うのではなく

あるがままを受け入れてる姿に

宮さんの優しい一面を垣間見ました

(歌ってる途中、何匹か虫食ったよね)

嫌な顔せず歌い切りました

さすがプロ


見られて良かったです

こういうイベントも良いですね


このイベントの内容は

6月27日(日)にエフエム岩手で

放送されるそうです

どこの部分がon airされるのでしょう


やっぱライブはいいなぁ

生の音って

心臓に“どん”ときて

響きますね

えさし藤原の郷 音楽見聞録

6月19日(土)

岩手県奥州市にある

えさし藤原の郷という歴史公園で

宮沢和史(THE BOOMのボーカリスト)が

公開録音(FM岩手)イベントをするそうです



「音楽見聞録 Zipang」×「MIYA THE WORLD!!」

音楽見聞録


なんか気になる


私の知ってるTHE BOOMは

アルバム「トロピカリズム」(1996)で止まっていて

ソロ活動やバンド外活動は

よく知りません

1996年以前の作品は今でも聴きますが

それ以降は

なんとなく宮さんの歌い方が変わったのもあるし

自然と離れていきました


が、しかし!

今回のイベントは

なぜか気になる

入園料800円で見られるという

お得感もあるし

(そこかっ!)

今の宮さんの歌も聴いてみたいと思う心境

まったく知らない曲だけだったら

残念ですけど


ただ問題は・・・

どうやって行くか

車で約50分ぐらいですが

駐車場ってあるのでしょうか

体力的に疲れた状態で行ったら

帰ってこれるか(笑)心配です


公開録音とのことで

家で聴くこともできるけど

あの雅な場所で音楽を聴いてみたい

(行ったことないので)

演出を見てみたい

という気持ちもあるし


19日、当日に決めようと思います







からたち野道/THE BOOM(youtube)

この曲やってほしいのですけど

・・・無理でしょうなぁ


からたち野道

sora.jpg

♪からたち野道 THE BOOM


名曲だと思います


この曲を知ったのは

10代前半の頃だったと思いますが

今でも年中関係なく

聴きたくなる曲のひとつです


この時代のTHE BOOMが

やっぱり好きだなぁ

the boom


「500マイル」が聴きたくて

レヨナのCDを探しに行ったらなかったので

偶然見つけたTHE BOOMのCDを借りました

20年を記念していろんなアーティストがカバーしています

いや~これはすごいですよ

二枚組み

01.君はTVっ子 奥田民生
02.berangkat -ブランカ-  MCU
03. 釣りに行こう キマグレン
04.風になりたい 絢香
05.月さえも眠る夜 BO GUMBO3 feat.ラキタ
06.気球に乗って 友部正人
07.ひのもとのうた ユウ・菅波栄純・ハラダイス銀河・cheeta・奥野真哉
08.ないないないの国 おおはた雄一
09. それだけでうれしい 坂本美雨feat.高田漣
10.24時間の旅 HIKURI from MEXICO

01. 島唄 LOW IQ 01
02. おりこうさん MONGOL800
03. 星のラブレター  MINMI feat.PETER MAN
04. TOKYO LOVE bird
05. TAKE IT EASY BEGIN
06. 神様の宝石でできた島 bonobos
07. なし かりゆし58
08.からたち野道 高野寛
09.中央線 矢野顕子 with 小田和正
10.虹が出たなら YOUR SONG IS GOOD
11.風になりたい 東京スカパラダイスオーケストラ


ほとんどが初期の作品で

9割方歌えますね

全曲にコメントを言いたいところですが

かなり長くなるのでまとめます



特筆すべき曲は

一枚目だと

「それだけでうれしい」です

もともとは矢野顕子と宮沢和史のデュエット曲

それを坂本美雨(矢野顕子と坂本龍一の娘さん)が歌っています

親子二代で歌う曲

声がお母さんそっくり!

声帯も似るんですね

よーく聞くと違いますが

それでもやはり美しい声です


二枚目は

「からたち野道」

高野寛は以前から宮沢さんと親交があって

ゲスト参加したり

一緒のバンドをやったり

いろいろ一緒にやっています

私の大好きな「からたち野道」を

これまた昔から好きで聴いている高野寛が歌っています

これはもう嬉しくてしょうがない

イントロからして高野寛を匂わせるメロディ

この曲自体がとてもいい曲なので

もっといろんな人に歌ってほしいです


もう一曲

矢野顕子と小田和正が歌う「中央線」

これはすごいですよ

小田和正の声

この曲にとても合っています

ぞくぞくします 

てかTHEBOOMの曲全部

小田和正に歌ってもらいたいと思うくらい感動しました

この方の声は本当に素晴らしい


他の曲もそれぞれ魅力的で

オリジナル曲を知っている人間には

楽しくて

こうくるか~といった驚きもあったりで

楽しめました

初期のは本当にいい曲あります

好きでよかったTHE BOOM




ファンの方へ

私のTHE BOOMは「トロピカリズム」で止まっています
見たもの、聴いたもの、思ったこと