プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
来年の写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

さやぐ風

最近、ソウルフラワーユニオンをよく聴いています。
♪荒れ地にて/ソウルフラワーユニオン

持ってるSFUのCDの中からお気に入りの曲だけを入れたCDRを作成して聴いてます。
本当に独自性が強いバンドだなと思います。
いろんなものをチャンプルーしているのだけど、
それがひとつのソウルフラワーユニオンのカラーになっていますね。

ふと

折に触れて聴きたくなる。
♪レプン・カムイ/ソウル・フラワーチャンプルー

この音の重さが心地よいのと、なにか考えさせられる歌詞がある。

風の市

♪風の市/ソウル・フラワー・ユニオン


一度しかライブを見に行ったことがないのですが、
また行きたいです。
折に触れて聴きたくなる音楽です。


な、な、な、な、なんてこと!?

今なにげなくコミュニティFMの番組「ミュージック・バーガー」のブログを見ていたんですけど、スタジオに中川敬さんとリクオさんが来ていたと知りました。
それも11月23日に・・・・。
知らなかった・・・・。
だから次の週にソウルフラワーユニオンの曲を流していたんだなぁ・・・。
なんとも残念でなりません。
知ってたら、行ったのに!!!
あぁなんか本当に残念だ。

♪海行かば 山行かば 踊るかばね /ソウルフラワーユニオン


雪が本格的に降り始めました。
寒いです。


拍手ありがとうございますdeko3.gif

ソウルフラワーユニオン

地元FMから聞こえてきました。
ソウルフラワーユニオンの音楽が!!
「死ぬまで生きろ!」とあともう一曲流れたもよう。

高校の時に、彼らの「満月の夕」を聴いて以来、好きになりました。
当時は満月の夕ができた背景を全く知らなかったんですけど、
それでも、本当に大好きだった。

ソウルフラワー関連のCDたちです。
奥の一番左に見えるのが初めて買ったSFUのCD。

12月にベスト盤が出るらしいですね。
地元FMでは今年にベストCD出すアーティストの特集やってるので、
是非ともソウルフラワーユニオンの特集もやってほしいです!!!
小林さんお願いしま~す。
ってこのブログ見てないか・・・。

たくさん好きな曲はあるんですが、今日はこの曲で。
♪レプン・カムイ


いのち有る内に話しかけてよと
大地の記憶がこだまする


歌詞の全部はこちら→レプン・カムイ(沖の神様)歌詞

魂に響くうたです。
高校の時に聴いてた時も良いなぁと思ってたけど、
32歳の今聴いても、やっぱり良いなぁと思える。
こういう音楽に出会えて、私は幸せだ!

ソウルフラワーユニオンありがとう。
音楽ありがとう。


拍手ありがとうございます!
人間と自然との関わり方を考えさせられます。

おどる

海行かば山行かば踊るかばね/ソウルフラワーユニオン


最初に流れているのは「風の市」の終わりの方だと思います。
「風の市」も大好きな曲。
1:50あたりから「海行かば山行かば踊るかばね」が始まります。

いや~彼らのライブには一回しか行ったことがありませんが、本当に素晴らしかったです。
私に飛び跳ねて踊れる体力があったらもっと楽しめたのではないかと。
彼らのライブに行ったら、是非踊ってください。

ライブに行って一番、目を奪われたのがベースのジゲンさん。
本当にかっこ良かった。たしか岩手の出身なんですよ。
ジゲンさんはミホコさん(ステージを所狭しと踊ってる女の人)と一緒に、
「桃梨」というユニットを組んでいて、
被災地に「新品Tシャツを届けようプロジェクト」を企画し、
自家用車で全国から集まった新品Tシャツを自分たちで運んでいます。
詳しく知りたい方はこちら→  「桃梨」Tシャツ特設ページ
私も去年、桃梨ブラックTシャツ一枚買いました。

またライブに行きたいなぁ。

大海原から聞こえ来る

レプン・カムイ/ソウルフラワー・チャンプルー

歌詞に耳を傾けると、深いです。
レプン・カムイ 沖の神様


そういえば、このFC2ブログに引っ越してきて一年が経ちました。
楽天ブログ時代の記事も全てFC2に移しましたが、画像等見られないものもあります。
ご了承くださいませ。
これからも細々と書いていきますので、今後ともよろしくお願いします。
ここで出会ったのも何かの縁、またお立ち寄りいただければ嬉しいです

お盆なので

踊れ踊れ!

海行かば山行かば踊るかばね/ソウルフラワーユニオン


魂の花 ホイ!

9月のライブが楽しみだ!
体調が良ければ絶対行くぜよ~。


こけつまろびつ

ソウル・フラワー・ユニオン
キセキの渚
2011年 「キセキの渚」

7曲目に「いちばんぼし」という曲があるのですが、
そこに出てくる歌詞で“こけつまろびつ”という単語があります。
言葉の響きが興味深いけど、どういう意味だろ?
和歌とかに出てくる?
誰かの名前?
で、辞書で調べたら、
倒(こ)けつ転(まろ)びつ
意味→たおれたりころがったり。あわてふためいて走るようすをいう。
なるほどぉ。
ひらがなって面白いね。
ソウルフラワーユニオンの歌詞を読んでると、
分からない単語とか出てくるんですが、
調べてみたら良い言葉だったり、心に沁みる言葉だったりがあって、
言葉を大切にしてるのが伝わってきます。
流石や!中川さん!!


最近ハマってる曲がありまして、
6曲目の「郡上節(春駒~八竹)」
岐阜県の盆踊り唄らしいのですがアレンジが素晴らしい!

これは是非聴いてほしい。
美保子さんは民謡の出身なのかしら?声色が特徴的です。
ジゲンさんの声もなんか良いのよねぇ。
聴いてると楽しくなる曲です。
でもソウルフラワーバージョンがyoutubeになかった。
CD買って聴いてね。
(できれば秋田音頭も入れて欲しかった)

民謡とか、民族音楽は純粋なもの(伝統をそのまま継承しているもの)は、
あまり自分から聴こうとはしないのですが、ロックと混ざるとあら不思議。
極上の(私好みの)音楽となるのです。
いや、きっとソウルフラワーユニオンのアレンジだから好きなんだろうな。

ちゃんぷる~さが好きやね。



ライブ日記

ついに!ついに!行ってきました。
ソウル・フラワー・ユニオンのライブです yeah~
昨年は、まさかの当日の高熱にて行けず悔しい思いをしました。

ソウル・フラワー・ユニオン
「世界はお前を待っている」ツアー
2012年6月19日 ライブハウスenn 2nd(@仙台)

高校時代にSoul Flower Unionの楽曲と出会い、
かれこれ15年(くらいか?)が過ぎました。
いつか行ってみたいと思っていたバンドだっただけに、
かなり嬉しかった!

聴きたかった歌が聴けました。
もうね「満月の夕」は感極まった!感動。
「風の市」も大好きな曲で、踊ったね~みんなで。
「海ゆかば山ゆかば踊るかばね」「死ぬまで生きろ」も良かったし、
後半にいくにつれてもうわけわかんなくなったけど、それが気持ちいい。
本当に楽しかった。
ライブっていいですな!!

風の市/ソウル・フラワー・ユニオン


結構ひとりで来てる人が多く見受けられたので、なんか仲間仲間。
ひとりでも楽しいライブ。
でも誰かとこの想いを共有したい。
ライブ終了後に「楽しかったですね~」と前にいた知らない人に声をかけてしまったけど、
優しく微笑んで相槌をしてくれた。
ありがとうございます。

私は3列目のほぼ真ん中という好位置だったのであまり後ろを見る事もなかったのですが、
男女どっちが多かったのかな~男かな。

中川さんの顔を凝視(笑)
目力とニヤリと笑う顔がなんとも引き込まれる。
みんなの顔をちゃんと見て歌っている。

で、今回のメンバーが誰とか全然分からないで行ったのですが、
ベースのジゲンさんという方、すげぇかっこいいの!
ベース弾いてる指が綺麗で、プレイも凄い。
時々笑う笑顔に・・・惚れた。
八重歯が魅力的。

あのルックスで「秋田音頭」(秋田名物八森ハタハタ~♪)を歌ってるのを聴いたら、
(声も良いです)惚れないわけがない。よね。
意外なギャップにこれまた引き込まれました。
プロフみたら岩手出身じゃないの!同じ。
桃梨も気になるところ。

桃梨♪お蝶さん〜蘇州夜曲

ベースを弾いてるのがジゲンさんです。
ボーカルの美保子さんもSFUのメンバーです。
このスタイルは斬新だ~。

巌山〜狐ショー

いや~かっこいい
ベースってこんなにかっこいいもんだったんだ!

ルパンの中でも次元が好きな私は、
こちらのジゲンさんも好きになってしまったのでした。

ちょっと脱線してしまいましたが、
ソウル・フラワー・ユニオン
ライブ本当に良かったです。
ありがとうございます。
また行きます!



レプン・カムイ

sfu.jpg
SOUL FLOWER UNION 『GHOST HITS 93~96』

初めて買ったソウルフラワーユニオンのCDです。高校の時です。
名曲ぞろいなんです。今聴いても ああ素晴らしいな、と思います。

レプン・カムイ


歌詞の中に「ああ 独り決めの 歌に酔うばかり」というフレーズがあるんですが、今までそこを「ああ 独り占めの 歌に酔うばかり」だと思っていた。
歌詞カード見て今気づきました。
耳だけで聴いたら「独り占め」って聴こえるよね。

人生初のソウルフラワーユニオンのライブ当日(去年)に高熱出して行けなかったのが、かなり心残りです。
もし仙台あたりでライブ演るなら今度こそ行ってやるぜよ~。

なぜか昔から、大きな予定を立てるとその予定に合わせて具合悪くなったりするんです。
だから予定は前もって立てないで(それは予定とは言わない)いたほうがいいのかな、とも思ったりする。
チケットもギリギリまで買わないでおく。でもそうすると売り切れたりするんですよね。

「満月の夕」をライブで聴けたら最高だろうな~。


風の市

♪風の市/ソウル・フラワー・ユニオン




やっぱ、楽しいわ

彼らの音楽は 魂の響き


あぁ・・・ライブ行きたかったなぁ

(ライブ当日、高熱出して行けなかったのです)



拍手ありがとうございます!!

死ぬまで生きろ!

・・・・・・♪♪♪・・・・・・

死亡率百% 生きるとはそういうこと

清も濁も合わせ呑んで 起きながら寝言を言う

・・・・・・

悲しみは百% 歌うとはそういうこと

胸の奥の何者かが はち切れんと漲っている

・・・・・・

この愛は百% 踊るとはそういうこと

私だけの絶景には あの人の笑顔がある

・・・・・・

止めどないリズム 夢描く港 死ぬまで生きる 我等の掟

禁断の果実 終わらない路上 死ぬまで生きる 我等の掟

・・・・・・♪♪♪・・・・・・

music by soul flower union





キャンプ・パンゲア/ ソウルフラワーユニオン

キャンプ パンゲア SFU

ライブに行くなら

やっぱ新譜聴かにゃならんわな、と言うことで

注文したのが届きました。


さっそく聴きながらPCやってるんですが

SFUならではの音や

新たな境地が垣間見られたり

興味深い作品です。



歌詞とかあまり読まないから

いつも聴いた感じで音楽を捉えているのですが

後になって音楽に込められた思いを知ることが多くて

特にSFUの歌詞は奥が深い。



音楽は大きなくくりで考えれば

喜怒哀楽を音を通じて表現していると思いますが

(本当にざっくりな感じですみません)

SFUの音楽は「喜」と「楽」が強い、と思う。


「怒」と「哀」ももちろんあるんだけど

それさえも飲み込んだ上での「喜」と「楽」のような気がする。


表面的には「喜・楽」でも

断片を見れば「怒・哀」と言ったほうが伝わるか。


とにかく表面上で楽しんで

切り込んだ奥で悲しみや怒りに触れる感じ。


特にこれ(新譜収録曲ではありません)

♪海行かば 山行かば 踊るかばね






音楽は・・・・深いねぇ。

あぁ ここは笑いと涙の舞台 悲しすぎて笑いながら毒を吐いてる

ソウルフラワーユニオン

ライブのチケット手に入りました。

初のSFUライブです。


整理券をみると(やっぱ)後ろの方ですが

一人静かに心は熱く楽しみたいと思います。

いや、騒ごう。



アルバム買ってないんですけど・・・

金欠だしなぁ

いやいやこの出費をケチってはなんともならんよなぁ・・・。

むむむ 悩みどころ。



SFUの中でも特に好きな一曲

♪風の市/soul flower union



この音楽にぐっときた方は

是非ライブに行きましょう~!

(この曲は演奏するかわからんけど)



とても素晴らしいバンドです。



やっぱライブ行こ

ソウルフラワーユニオン

高校時代に出会ったバンド

ライブに行ったことはありません

今年は必ず行こう

明日チケット取ってこよう

(まだあるかな~?)


満月の夕 (ゆうべ) / 中川敬 (with 伊丹英子) <ラフ・ミックス>

この曲を

ライブで

どーしても

聴きたいのだ


七日目


風が吹く港の方から 焼あとを包むようにおどす風

悲しくてすべてを笑う 乾く冬の夕


時を超え 国境線から 幾千里のがれきの町に立つ

この胸の振り子は鳴らす“今”を刻むため


飼い主をなくした柴が 同胞とじゃれながら車道を往く

解き放たれすべてを笑う 乾く冬の夕


星が降る 満月が笑う 焼けあとを包むようにおどす風

解き放たれすべてを笑う 満月の夕


ヤサホーヤ うたがきこえる 眠らずに朝まで踊る

ヤサホーヤ 焚火を囲む 吐く息の白さが踊る

解き放て いのちで笑え 満月の夕

解き放て いのちで笑え 満月の夕





♪満月の夕/ソウル・フラワー・ユニオン




真っ先に思い出したのがこの歌

涙がとまりません



こんなときでも音楽は聴けるんだな

こんなときだからこそ音楽が必要なんだな




この音楽を思い出せて良かった





いまだ、大槌町浪板に住む叔母と

連絡がとれません

テレビでもラジオでも

浪板の情報が流れません

ネットでいろいろ検索していますが

浪板海岸駅まで津波が来たという情報ぐらいです


叔母の家は

浪板海岸駅のすぐ前なのです


どうか無事で

生きていてください




拍手ありがとうございます。


満月の夕




昨日の月

素晴らしく美しかった

満月

見えましたか?

あの淡い光に

宇宙の神秘を感じます



解き放て いのちで笑え

満月の夕







風の市

Winds Fairground

ソウルフラワーユニオン

独自の音楽観が素晴らしいのです

アイリッシュなところも

非常に良いです


風の市/ソウル・フラワー・ユニオン(youtube)

風の市

Winds Fairground

ソウル・フラワー・ユニオン

この人たちの作る音楽は

どこか懐かしさが感じられます

日本にもこういうバンドが生きていること

誇りに思います


風の市/ソウル・フラワー・ユニオン(youtube)



↓の曲はこのアルバムには収録されていません

でも、とてもいい曲なので

載せます

満月の夕/ソウルフラワーユニオン(youtube)

美しいメロディと哀しい過去

竹田の子守唄

ギターを習い始めたての頃に

練習曲として演奏したのが出会いのきっかけです

当時は歌詞も知らず

メロディだけ奏でていましたが

その美しい旋律に感動したのを今でも覚えています


自分の好きなバンド

ソウルフラワーユニオンが

アルバム「MARGINAL MOON」(SOUL FLOWER WITH DONAL LUNNY BAND名義)で

Soul Flower With Donal Lunny Band


歌っていたのを聴いて

初めてその歌詞を知りました


その背景には

部落差別

過酷な労働など

昔の人の哀しい過去がありました


もともと音楽とは

辛いことや悲しいことを背景として生まれることが多く

この歌も様々な過去があるようです


過去を知ることで広がる歌の世界と

知ってしまったことで固定されてしまう歌の世界

音楽を聴く時の葛藤はそこにあったりします


個人的なことを言わせてもらえば

この竹田の子守唄の素晴らしいところは

なんと言っても

メロディです

日本的な、といってしまえばあまりに稚拙な表現になってしまいますが

このメロディはどこか哀愁が漂い郷愁にかられる

なんとも心にくる音です

♪竹田の子守唄 小田和正・山本潤子

二人の美声に感動

満月の夕

sfu.jpg

ソウル・フラワー・ユニオンの

Tr.4 満月の夕

初めてこの曲を聴いたのが

NHKFMミュージックスクエアでした

これはまさに自分好みだと思い

出会いに感謝しました


この曲が

阪神淡路大震災に関係していると知ったのは

それから数年後の事


被災した方の心の支えになったことと思います

今回 音源を捜しているうちに

この音源を見つけたので載せました

♪満月の夕

(フルバージョンは4分後あたりです)


彼らのライブに行きたいと

かれこれ10年以上言っていますが

未だに実現していません


このバンドの音楽世界は

本当に独特で

良いんです


見たもの、聴いたもの、思ったこと