プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく6才(メス)
ねねこ1才(メス)
生きもの全般に興味あります
岩手県の南
拍手ありがとうございます☆
写真展を計画中

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
silver lining20181216

久しぶりの

いや~本当にかっこよかった。
他の出演者とは次元が違うというか、別格、存在感が。
あっちゃん。
久しぶりの生放送の出演だったのではないでしょうか。
初めて見た人はびっくらこいたんではないですか。
あまりの美形に。
目の保養。
心の栄養。

こんな形でなければ、まず目にしなかったでしょう。
知らない多くの人たちに。
まずは林檎嬢に感謝。
昨日のMステ。

個人的B-T週間

♪Kiss me good bye


久しぶりにいろいろ聴いてます。
この5人は本当に良いバランス。
自分の好きなバンドで唯一、全員の名前をフルネームで言える。
わりとあっちゃんが目立ちますが(ボーカルなのであたり前ですが)、
音を聴くと本当に楽器隊のセンスと言うか個性がかっこいいのです。
声も音もかっこいいバンド。

いろいろ出てきた

やっとバベルのフルバージョンが公開されました。

♪BABEL


これ(この世界観)を歌えるのは、あっちゃんだけでしょう、という
他の追随を許さない感じが好きだ。

やっぱすげーな、BUCK-TICK


新譜のトレーラーも出た。
♪獣たちの夜、RONDO


なんだこの美しいひとは!


他にもいろんなPVが公式で公開されています。
唯一無二感。


どんな歌詞だろう

あっちゃんとりんごさんがコラボって・・・・。
えーーーーー!!

GeGeGe

ゲゲゲの鬼太郎のエンディング曲にBUCK-TICKが!!!

鼓動

あっちゃんが消化管出血でツアー延期とのこと。
もう本当に身体が一番なんで、完璧に治るまで休んでください。

♪鼓動/BUCK-TICK


急に鼓動が聴きたくなったのだ。

夢に出てきた人

今朝見た夢の話ですが・・・・
あっちゃんが自宅の居間でくつろいでいた。
あまりの美しさに姉と二人で、「髪さわってもいいですか?」と。
はっ!あっちゃんにご飯作らないと!でも食材がな~い。
冷蔵庫に浅漬けがあった。
・・・というところで目を覚ました。
このまま夢が続いていたら、私はあっちゃんに漬物を出したのだろうか。

漬物を食べるあちゃんを見てみたい。

夢の話なんで。


♪薔薇色の日々/BUCK-TICK


ということで久しぶりにあっちゃんが夢に出てきたので、BUCK-TICKを聴いています。
ミュージシャンであっちゃんほど美しくてかっこいい人を知らない。
それでいて美声なもんだから。
最近あまり長時間聴かなくなったけど、それでも折に触れて聴くたびに、
再認識させられるこのバンドの魅力。
私の音楽遍歴の中で最も影響を受けたバンド。

30th

あっちゃんは猫好き。
ベンガル猫のくるみちゃん(あっちゃんの飼い猫)だと思います。
bt_20171106161439a32.jpg
30周年のベストアルバム。
ファンとメンバーのセレクト楽曲です。
なんとも素敵なセットのジャケットですね。
ミニBUCK-TICK博物館。
これセッティングする時、楽しかっただろうなぁ。

デビュー30周年とのことですが、私が夢中で聴くようになったのは23年くらい前から。
ここ最近のアルバム2作は買ってないですが、
それでもB-TのCD(シングル、ライブ盤含む)は40枚くらいあったりします。
私の音楽遍歴において、かなり長いこと君臨しておりました。
今でも時々、折にふれては聴いています。

今月の15日にはシングルも出ます。
30周年のシングルにこの世界観。
もう本当になにやってもBUCK-TICK.。
かっこいいですな。
あっちゃん51歳。


メンバー変わることなく30年。
この5人だからこそのBUCK-TICK。
おめでとうございます。

今日

9月11日

♪Long Distance Call /BUCK-TICK


その後にもたらされたものは、一体なんだったんだろうなと。
この歌を聴くと、戦地に赴いた兵士が最期の電話をかけているのが浮かぶ。
・・・・死後に魂が電話をかけているのかも。

♪極東より愛を込めて


このツアーの仙台公演に行きましたが、本当に良かったな。

♪薔薇色の日々



♪cosmos

天国への螺旋

♪Coyote/Buck Tick

これは、あの人への歌だろうか。
天国にいるあの人へ会いに行った歌だろうか。

Coyoteはトリックスターとして崇められているという(北米インディアン)。
コヨーテ神によって人間社会にもたらされたもののひとつが「死」。
(ウィキ)

深読みすればするほど、あのJUPITER(1991年リリース)を連想してしまう。

あっちゃんの歌ってる世界と私の空想が同じだとしたら、
亡き母への歌。
全く違うということもあり得る。
彼岸と此岸を行ったり来たりしているイメージ。
日本神話(黄泉国の話;イザナギ、イザナミ)のようでもあり、
ハイビスカスという意表を突いた単語により南国の景色も見えたり、
いろんな想像が膨らむ歌。

このカメラワークといい映像美といい、好きなライブ映像のひとつです。

リクエスト

30周年記念のベストアルバムの収録曲をリクエストで決める企画がありまして。
BUCK-TICKのホームページにて、シングルから一曲、アルバムから一曲を選んで投票します。
とても簡単な方法ですので、BUCK-TICKの音楽を好きな人は是非参加してみてください。
(何回でもリクエストは出来ますので、2曲だけ選ぶなんて無理という方は何曲でも)
(あたしは20曲以上はあるな)

私はこの2曲。

シングル♪Jupiter

私がBUCK-TICKを好きになった決定的な一曲。
この動画はDVDのリマスター版ですが、私はビデオテープの方を何度も何度も見てました。
長髪が似合うのはあっちゃんとヌーノ・ベッテンコートですな。
20代前半のあっちゃんです。

アルバム♪COSMOS

機材トラブルによって急遽アカペラで歌うことになった曲。
これほんとにマジで素晴らしいと思った。
このビデオもかなり見ました。
あっちゃんの両腕に梵字が書かれていますが、hideへの追悼だったような気がします。
このころは30代半ばくらいですね。
私はこの時、高校生。
いろんな音楽を聴いていましたが、聴く割合としてはBUCK-TICKがかなり多かったです。

(私自身の)洋楽への傾倒で最近のBUCK-TICKはあまり聴いてない(アルバム『memento mori』まではかなり聴いた)ですが、
私自身の音楽遍歴において多大な影響を与えてくれたBUCK-TICKですので、
折に触れて思う訳です。
BUCK-TICKの音楽のおかげで出会えた音楽と感情の種類の多さに感謝。

あなたはどんな2曲を選曲しますか?

新しいアルバムが出るって

このころのあっちゃん、えらく男前ですな。
いまの私と同じ歳くらい。
♪薔薇色の日々

当時、このツアーの仙台公演に行きました。
BUCK-TICKの初めてのライブだった気がする。
(初めてのライブはONE LIFE, ONE DEATHのツアーだった)
(一番聴きたかったFLAMEが聴けなかった思い出があります・・・残念)
どの時代のBUCK-TICKもそれぞれ良さがあるけど、
私の中ではこのあたりのあっちゃんの声は特に響いてきます。
顔も。
本当は違う動画を載せるつもりだったけど、あまりにも、あまりにも、あまりにもかっこいいのでこっちを載せた。
あっちゃんの左下からのカメラワークが秀逸すぎるのよ~。
このライブのカメラマンさんと編集者さん本当にいい仕事してます。

この映像も数あるライブ映像の中でもかなり好きです。
♪悪の華



9月11日のあの日から、私たちはいろんなことを考えさせられた。
櫻井氏の歌詞もまた、考えさせられる。
私の記憶違いでなければこの曲は9月11日に関連する曲でもある。
♪極東より愛を込めて
(照明の点滅にご注意ください)

汝の敵を愛することが 君にできるか

そのピアノは (R.I.P)

森岡賢氏の訃報を聞いた時から、SOFTBALLETとBUCK-TICKと平沢進が頭の隅で鳴っている。

♪世界は闇で満ちている/BUCK-TICK

このピアノの旋律は森岡賢さんによるものです。
美しいです。
櫻井氏の歌声がよりいっそう悲しく感じる。
美しさと悲しさは寄り添っている。

今日が29日だった。
29日といえばBUCK-TICK@武道館
毎年12月29日に武道館でコンサートをやっています。
彼らも50歳。
私も年を取るわけだよな。

♪die/BUCK-TICK

死んだらどうなるんだろうな、と考えたことがない人はいないと思う。
もし長生きできたとしても100年後には確実に私は生きていない。
100%生きていない。
これを見ているあなたも、100年後この世にはもういないはず。
そう考えると、なんだか同じ時間を生きている人間たちには何かしらの縁があるのかも。
宇宙の時間軸では、人間が生まれて死ぬのなんて一瞬の出来事。
一瞬より短い。
その中を生きているんだなぁ。
thanks

そろそろソロ

THE MORTAL
櫻井敦司がBUCK-TICK以外のバンドでボーカルをするそうです。
オリジナル曲とカバー曲が入ったアルバムを発売するそうですが、
どんな音楽世界になるのでしょう?
気になる!!

THE MORTALですからね。
さっきmortalの意味を調べました。
いろいろな意味があるみたいですが、どれをとっても櫻井さんらしいというか。
っぽいな、と思いましたとも。
やはり「死」というものが見え隠れするものなんだな、と。

私、個人的に、ソロとか別バンドとかじゃなくて、
(BUCK-TICK以外だったら)ツインボーカルのあっちゃんが好きだったりします。
ISSAYとか土屋昌巳とのコラボは良かったな~と思います。
かなり前の話ですけど。

♪真夏の夜の森/土屋昌巳 櫻井敦司

久しぶりに聴きました。
これ、高校の時に買った記憶があります。
一番は土屋昌巳、二番は櫻井敦司。

♪マスカレード/ISSAY(デルジベット)、櫻井敦司

あっちゃん25歳くらい。
私に至っては小学生の時だな。
(買ったのは10代後半くらいの時ですけど)
ISSAYとあっちゃんが交互に歌っています。

退廃耽美が似合う男たち

私の音楽遍歴の中でも重要な位置にあったBUCK-TICK。
今は洋楽に傾倒していますが、あっちゃんの声はいつ聴いても良い声だな。

The Mortalのカバー曲は洋楽なんでしょうかね?
平沢進の「ロタティオン」とかやってくれないかな~。
いや、これはThe MortalでじゃなくてBUCK-TICKでやってほしいな。
洋楽カバーだったらデペッシュ・モードとかキュアーとかかな?
U2のwith or without youでもいいな~。
HURTSでもいいんじゃない!?
女性ボーカルものかもしれないな。
日本語でもなくて英語でもなくてフランス語かもしれないし!
考えれば考えるほど気になってきた。
妄想があっちこっちにいっています。
ミニアルバム発売は10月14日です。
あ!ソフトバレエのカバーでもいいね。
アース・ボーンとかパレードとか!

♪パレード/ソフトバレエ

この声は本当に素晴らしい。
ここまでの美声には滅多にお目に(お耳に)かかれません。
かなり好きな歌声です。

あ、パッシング・マウンテンでもいいな。
とまらない・・・。
thanks

いつぶりか

前回載せたのが1月。
5ヶ月も載せてなかったんだな。
聴いてなかったわけじゃない。
BUCK-TICK
♪Miss Take

やっぱかっこいいな、あっちゃん。
永遠さえ追い越して行く
という歌詞があるのですが、
永遠を追い越すとはどういうことなんだろう。
全てにおいて永遠などない(諸行無常)と思っている私にとって、
これはちょっと次元の違う世界を見せられたようで、気になるフレーズ。
やはり彼らの音楽は奥が深いのです。

♪die

自分の最期はどんなふうだろうな、と考えたことがない人はいないと思う。
「死」というものを美化するのは小説や絵画、音楽の世界ではよくあることで、
私が10代の頃に出会った美しい「死」の詩であります。
芸術(音楽)とはなんて自由なんだ、と気付かせてくれたバンド。
生きているから考えられる自由な世界。
人のもつ想像力って凄いな。

昨日、BUCK-TICKの夢を見た。

25年

アルバム『悪の華』の発売から25年だそうです。
そんなに経つのか。
記念して全曲音が良くなって[プラチナSHMディスク]で発売(2月1日)するそうです。
私がBUCK-TICKを聴くきっかけになったのが『悪の華』の収録曲、「LOVE ME」。
姉が部屋で流していた曲で、自然に覚えてしまったのです。
小学生(4年~5年)の頃だったな。
当時は歌詞の世界なんぞ分かるわけもなく、ただそのキャッチーなサビのメロディが好きだったのです。
中学生になって他のアルバムも聴くようになりまして、高校あたりではもうかなり好きでした。
私の音楽遍歴の中でBUCK-TICKが占める割合はかなり多いのですが、
なにぶん最近の(個人的)2CELLOSフリークで、(いや、洋楽フリークで)、
その割合も変わりつつあるという事態が起こってます。
自然の流れと言うやつです。
物事は変化するものです。
と言いながら、やっぱBUCK-TICKは私の安住の地とか言いだす未来があるかもしれません。
いいんです、音楽は自由ですから。
縛るものでも、縛られるものでもありません。
今、好きなものを聴いていればいいんです。
右のカテゴリをご覧いただければ、いかに私が浮気性(笑)か分かって頂けるでしょう。
自分にとって、こんなに好きな曲があるということはなんと幸せなんだ!

なにが言いたいのか・・・脱線してしまいましたが。
BUCK-TICKのアルバム『悪の華』が良い音で発売されるということです。
なんだか感慨深くなってしまって、書かずにはいられなくなりました。
♪悪の華

私が好きな悪の華ライブです。

good night.
thank you

coyote

どうしてこの曲のタイトルをcoyoteにしたのか、すごく気になる。
♪Coyote/BUCK-TICK

秀逸な音楽
秀逸なカメラワーク
素敵すぎる

2、3日 更新お休みします。
どうぞ、ご自愛くださいませ。
thanks for web clap☆

確かに行った

♪HURRY UP MODE/BUCK-TICK


♪悪の華

バクチクのライブ映像でもこれは上位に入る(個人的に)。

このライブのツアー(@仙台)に行ったんですが、もうね本当にかっこよかったのですよ。
特にこの曲のステージの記憶が残っています。
♪Ghost


ブラボー



拍手ありがとうございますdeko (50)

芸術は・・・・だ

或いはアナーキー
「或いはアナーキー」 BUCK-TICK
2014年6月4日発売

『「見たり、聞いたり、読み、書くことが出来ないモノ」或いはアナーキー』
『     或いはアナーキー』
なのです。

今井さんのネーミングセンスには本当に驚かされます。
凡人の思考の私には到底たどり着けない境地だなと。
だからこそ面白いというか。

このアルバム6月4日発売だったのです。
昨日、やっと聴きました。
タイミングを計っていたというか、
自分の中にあるピントが合った瞬間に聴こうと思っていたら一ヶ月以上経っていたという。

もう20年弱の付き合いとなるBUCK-TICKの音楽ですから、
発売してすぐに聴くことがあたりまえだと思っていたのですが、
何かが自分の中で変わったのかなと。
距離を置いて本当に好きなのかどうかを確かめたかったのかもしれません。
で、やっぱり好きだなと確信したわけですよ。
めんどくさい私です。

一曲目のあの感じはどう表現していいのでしょう。
ガジベリビンバーって何?
GJTHBKHTDって何?
♪DADA DISCO -GJTHBKHTD-


ガジベリビンバーは「Gadji Beri Bimba」。
調べてみたら興味深いことがわかりました。
フーゴ・バル(1886~1927)、ドイツの詩人による音響詩のタイトル。
(音響詩:言語を意味から解放することを目指したジャンル)
こちらで聴けます→Gadji Beri Bimba(youtube)
つまりは、「意味がない」ということですね?
「意味がない」という意味ではなくて、意味がついてないということ。
最初に聴いたときはなにかの呪詛かと思いましたが(笑)、
芸術って紙一重ですからね、とても興味深い響きでした。
誰かも書いてましたが、タモリさんが外国人のものまねやるような感じに聞こえました。

で、GJTHBKHTDですが、ヒントは岡本太郎でした。
岡村太郎の名言といえば、そう、あれです。

今回のアルバムは今井さんいわく、シュールレアリスムだそうで、
「芸術」に含まれるアナーキーな部分を表現したかったのかなと推測。

意味のないものに意味を見出すとか、
意味のないものこそ意味があるとか、
そもそも意味ってなんなんだとか、
そんな堅苦しいことを考えた上で、解き放って楽しむことが面白いのです。
私にとっての音楽は。


♪世界は闇で満ちている

世界は闇で満ちている 君が輝くために
こういうストレートな歌を歌うのも珍しいような気もする。
個人的主観です。
素敵な曲ですね。

ガジベリビンバー!


拍手ありがとうございますdeko (64)

カップリング

♪ メランコリア -Electria- /BUCK-TICK


やはりどこかにBUCK-TICKを感じさせる音があるんです。
かっこいいですね。

電子音と自身の声。
このスタイルで好きなのはBUCK-TICKと平沢進とソフトバレエくらいだなとふと思った。
海外だとデペッシュ・モードとハーツかなあ。

こういう世界観を10代のころから聴いていたから、
彼らの音楽を聞くと落ち着く自分がいます。
退廃的で耽美的、そこに宿る何か。
BUCK-TICKがいて本当に良かった。
人間にはいろんな面があって、どれも本当。
その時々でどの自分が出てくるか賭けでもある。
思考のせめぎあい。

けー

5月にシングルが出るとな。
読めたよ。
これ、辞書使わなくても読めたよ。
でも、意味は知らなかった。

シングルタイトル
「形而上 流星」です。

形而上・・・(goo辞書よりコピペ)
1 形をもっていないもの。
2 哲学で、時間・空間の形式を制約とする感性を介した経験によっては認識できないもの。超自然的、理念的なもの。


え、、、、
2の、「哲学で、時間・空間の形式を制約とする感性を介した経験によっては認識できないもの」ってどういう意味ですか?


どんな音楽でしょうか。
楽しみです。
それより、早くアルバムが聴きたいのです。

おめでとうございます

櫻井敦司 48歳
誕生日おめでとうございます。
♪STEPPERS -PARADE

これからも自分たちがかっこいいと思える音楽を作り続けて欲しいです。
アルバムが楽しみですな~。

じつはうちの叔母と同じ誕生日だってこと数年前に知りました。


ダークでポップ

なにかと「ダークでポップな世界観」と評される彼らの音楽ですが、
今日、ちらっと見た本の中に、
「王道と邪道の狭間を際どく行ってる」みたいな表現がありまして、
まさにそうだなと思いました。
どっちかというと後者の表現が好きだな。

♪悪の華/BUCK-TICK

何度も載せてる動画なんですが、
この映像大好きです。
かっこいい人たちをさらにかっこよく映す。
いい仕事してますね~。

ダブルA面

新曲聴きました。
いや~もう良いね、最高ですね。
bt parade

これはもう歌ってしまいます。
特に「steppers parade」のあの感じは楽しい。
イントロからもう行進したくなるような。

Parade 闇を行け
Moonlight 照らせ
Steppers 踏みならせ


作詞があっちゃんと今井さん名義になっていました。
なんかいいよね。
25年の歳月と新たな入り口が感じられます。

歌詞のカタカナの入れ具合が昭和的な雰囲気ではあるんですが(あくまで主観です)、
耳だけで聴くとかっこいいんです。

変わらないものはない。
でも変わっていくことは変わらない。

これからも変でかっこいい音楽が聴けることが嬉しいです。

♪Steppers Parade/BUCK-TICK


記憶

BT cosmos
昨夜はこのCDを聴きながら眠りにつきました。

5曲目「tight rope」までの記憶はあるので、それ以降に眠ったんだな。
♪Tight Rope


このアルバムを聴くと、高校時代の帰り道を思い出す。
山道を自転車こぎこぎして通学していたのですが、
帰りはかなりの上り坂だったのです。
当時はウォークマン(テープにダビングしたやつ)で聴いていまして、
歌いながら帰ったものです。

で、いかに自転車から降りないで登りきれるかという試練を課していまして(笑)、
♪俺は生きる~阿修羅の森~♪とかぜいぜい言いながら歌っていたので、
何故かこのアルバムを聴いてるとあの山道の風景がふっと思い出されることがあります。
こいでるときにcosmosのフレーズ♪六日目の朝に出会った白蛇が見る夢は~♪とか流れると、本当に道に蛇がいる時もあったので、なんか繋がってる感がありました。

音楽が自分の記憶や感情と結びつくとき、
付加価値が生まれると思います。
ただの音楽ではなく、特別なものとして。
そういう経験はこのブログを読んでいる方もあると思います。
また、その音楽に対する記憶や感情の上書きがどんどんされていって、
思いが深くなっていくことがありますよね。

私にとって音楽が興味深いものであり続けるのは、
そういう部分(記憶と感情の付加)があるからだなって思います。
音楽と自分。
音楽の意味は元からあるんじゃなくて、
自分が気づいて新たに付着させるイメージです。
こういう思考が強いので、
なかなかアーティストの本当のメッセージに気付かないという難点もあるんですが。

音楽は自由に聴いて良いんだよっていうメッセージを、
私はBUCK-TICKから教えられたような気がしています。
見えてる田舎の風景と、歌詞の世界観が全く違くたっていいんです。
心の中こそ自由ですから。
むしろ、櫻井氏の歌詞の世界が目の前に本当にあったら、怖いですもの。
怖いというか、ある意味、危ないというか。
でも、怖いもの見たさで、見てみたいという歌詞はありますけどね。
想像だから楽しめるというのは、ありますよねぇ。

♪ash-ra

かっこいいなぁ。



拍手ありがとうございますデコ2

意外な

BUCK-TICKを検索したら、Noodlesが出てきました。
かなり前にライブを見たことがあるような、ないような、
はたして夢だったか、この3ピースバンドは知っていた。
ピロウズ関連で知った気がする。

LOVE MEのカバーです。
これは、アリだと思う。

♪LOVE ME/noodles


なぜBUCK-TICK、しかもLOVE MEをカバーしようと思ったのか、
その辺がかなり気になります。
好きなバンドだから、とかだったら嬉しいな。
BUCK-TICKの曲は男性がカバーするのが多いのですが、
女性ボーカルもいいですね。

ネットでインタビュー記事読んだら書いてありました。
yoko : BUCK-TICKは意外だと言われるんですが、実は練習曲として結成当時カヴァーしたことがあるんです。
だそうです。


BUCK-TICKの曲で特に何が好き?って聞かれたらもう50曲くらいあるんですが、
LOVE MEはその中でも好きでございます。
妖艶(アルバム「殺しの調べ」的)な感じで歌うイメージが強い曲でしたが、
最近はアッパーな感じで楽しく歌ってますね。
どちらも好きです。

♪LOVE ME/BUCK-TICK

かっこいいですねぇ。
櫻井氏の声は、本当に素敵だ!
このメロディとこの歌詞の融合に何故か幸福感を覚えます。
私がBUCK-TICKを好きなのは、バンドとしての存在感。
そして魅力ある音楽的個性。

今朝、BUCK-TICKの夢を見たんです。
どんな内容だったかは、すっかり忘れてしまったんですが、
あれは確実にあっちゃんだった!
本日シングル発売です。
買わないけど、かなり気になっています。
どこかで聴けることを願っています。
アルバムは絶対買います。

本日も(検索ボット以外の)カウンターがたくさん増えていました。
訪問していただき、ありがとうございました。

お礼に私がビデオを擦り切れるまで見た映像をどうぞ。
Sweet Strange Live Film

見どころは、機材のトラブルで急遽アカペラで歌ったCOSMOS。
そして、囁き。
「囁き」に関してはもうあっちゃんにしか歌えませんな。
凄い歌詞を書いたなと思いました。

これを見てたのは高校の時でした。
この世にこんなにかっこいい人がいていいのかと思ってましたね。
当時32歳くらいでしょうか。
今の私と同い年。
なんか感慨深いものがあります。
懐かしくもあり、新鮮に感じることもできる映像です。

明日

なんか久しぶりにBUCK-TICKをのせたような気がする。
明日シングル発売です!
私はアルバムを買います。
(いつ発売するか分からないけどレコーディングはしてるみたい)
シングルはあまり買わないんです。
音楽はやっぱアルバムで聴きたい。


今日はたくさんのページ訪問とたくさんの拍手がありました。
この場を借りてお礼申し上げます。
コメントがなかったのでどなたかは分かりませんが
ありがとうございます。
そして、つなこさん、たくさんの拍手ありがとうございます。
時々くださるえびちゃんにも感謝です!

お礼に私が大好きなBUCK-TICKの曲を皆様に。
♪COSMOS/BUCK-TICK



拍手ありがとうございます音

こっちにくるの?

BUCK-TICK岩手に来るってね、姉が一言。
極貧な私は極力ライブ情報を見ないようにしていたのに、突然の不意打ち。
ライブがあること知ってて行かないのは、
知らなかったから行かなかったことに比べてかなり後悔度がつのるのよ。

12月21日だって。
岩手、盛岡市民文化ホール。
毎年恒例のDIQですよ!
The Day in Questionですよ!
毎年12月29日に武道館でやるライブを東北でも開催。
それを近場でやってくれるなんて、こんな機会はそんなにないと思うんですよね。

行きたいな~

DIQの映像じゃないけど、この曲が聴きたくなった。
♪National Media Boys



拍手ありがとうございます。
新曲ももしかしたら聴けるかもですよね。

鼓動

鼓動が心臓の音のことを意味すると知ったのは、
この曲がきっかけだった気がするな。

♪鼓動/BUCK-TICK


BUCK-TICKほど、愛をいろんな角度から歌ってるバンドも珍しい、と思う。
と言えるほど他のバンドのことを知りませんが・・・。
愛(あい、英: Love、仏: Amour)とは、宗教的、理念的ものから、恋愛、そして欲望に至るまで様々な意味で用いられる概念である(ウィキより)

BUCK-TICKの楽曲は、愛の隣に死を寄り添わせているものが多いと感じます。
そこが惹かれる部分であり、解釈が多様にできる興味深さだったりします。

♪極東より愛を込めて


来年の新曲はどんな音なのか、気になりますね。

聴くたびに

ほんと、かっこいいと思います。
人も音も。


レンタル店行ったら、BUCK-TICKのCDが4枚も借りられてて嬉しかった。
それも最近の作品。

やはり私の落ち着くところはBUCK-TICKだなあ。

ゆうやけ

DSC03296.jpg

昨日の夕焼け。

Coyote/BUCK-TICK

何度も見たくなる。

私の記憶が正しければ、
あっちゃんの口から「夕焼け」「夕陽」という歌詞が出たのは
この曲が初めてではないでしょうか。
違ったらすみません。
この曲を聴いた時「おや?」と感じたので。
だからと言って全ての歌詞を探してみるなんてことはしてないんですけどね。

それにしても素晴らしいです。
音楽としても。
映像としても。

格別

BUCK-TICKのJUPITER
今まで、何百回(いや、千回はいってるか)と聴いてきましたが、
ラジオで流れるのはやはり格別な感じがします。

ラジオで流れたのはシングルバージョンです。

朝はイエローモンキーの「バラ色の日々」をリクエストしたら
流していただき、
夕方はBUCK-TICKの「JUPITER」をリクエストしたら
流して頂けました。
地元のコミュニティFMの良心的な対応に日々感動しています。

今日は午後から不調で今も引きずっていますが、
好きな音楽が聴けただけで、気分が少しよくなりました。

とりあえず明日は体調不良が治っていますように。
南無南無。


コメントありがとうございます。
コメント欄に返信を書きましたので、ご覧くださいませ。

拍手ありがとうございます!

今井さんおめでとう

BUCK-TICKのギタリスト今井寿。
第一子誕生とのこと。
おめでとうございます!!

Rendezvous/buck-tick



拍手ありがとうございます。
男の子でしょうかね、女の子でしょうかね。
名前が気になるところです。

夏が終わるのはいつだ

しっかし暑い 今日も。

この曲を聴いて涼む。
Girl/BUCK-TICK

このエロいマイクスタンドは誰の発案なんだろう?

いつもかっこいいけど、
このときのあっちゃんは特にかっこいいですな。

この映像美をご覧ください

先日も載せた動画ですが、あまりにも美しいので何度も見てしまいます。

なんかもう、本当に、素晴らしい。
音も(特に今井さんの旋律)素敵。
BUCK-TICKっていいなぁ。
愛と我慢のバンド。(分かる人は分かる)
どうかこの動画が削除されませんように。

興奮と安心感が同時にある

MISS TAKE

BUCK-TICKのこの5人の存在感が好き。
かっこいい。


Coyote

この曲自体かなり好きな曲なんですが、
このパフォーマンスは罪ですねぇ。
妖艶すぎて見惚れてしまいます。
やばいやばいかっこよすぎる。

映像美。

レンタルで

よく行くレンタル店がありまして。
数年前まではBUCK-TICKのレンタルCDの在庫状況は乏しいものだったのですが、
最近は充実しています。
と言ってもオリジナルアルバムは全部持ってたりするので、
どんなのが置いてあるのかをチェックするだけなんですけどもね。
でも、ベストとなると持ってないものがあるんです。
で、25周年を記念したベストCDがあったので借りました。
MERCURY 87-99 ARIOLA 00-10

リスト(左)
01. JUST ONE MORE KISS
02. 悪の華
03. スピード
04. M・A・D
05. JUPITER
06. ドレス
07. die
08. 唄
09. 鼓動
10. 見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ
11. キャンディ
12. ヒロイン
13. 囁き
14. 月世界
15. BRAN-NEW LOVER
16. ミウ

リスト(右)
01. GLAMOROUS
02. 21st Cherry Boy
03. 極東より愛を込めて
04. 残骸
05. 幻想の花
06. ROMANCE
07. 蜉蝣 -かげろう-
08. RENDEZVOUS ~ランデヴー~
09. Alice in Wonder Underground
10. HEAVEN
11. GALAXY
12. 独壇場Beauty
13. くちづけ

こういう順番で聴くのも楽しいです。
それにしても改めて25年(いやもう26年目か)という歳月は、
大きいものですよ。

最近

最近また個人的にBUCK-TICK率が高くなってきました。
この曲はドラムとベース、ギターサウンドがかっこいいんですよ。
もちろんあっちゃんの歌声もですけど。
これはCD聴いていても聴きごたえがある曲。
アルバムよりシングル(カップリング)のバージョンが重くてかっこいいです。

楽園(祈り希い)



本当だったら嬉しい

月曜のコミュニティFMで流れるかもしれません。
夕方5時台。
どっちのバージョンだろ?
シングルバージョンか、調べバージョン。
局にはどちらのCDがあるのでしょう。
本当に流れたらかなり嬉しい。

Jupiter/BUCK-TICK

讃美歌から始まるのが、殺しの調べバージョン。
この曲は櫻井氏による自身の母へのレクイエムです。


6月3日
本当に流してくださいました!
しかもオープニングに。
バージョンはシングルでした。
かなり嬉しかったです。
ありがとうございました。

お祝い

BUCK-TICKのボーカリスト、櫻井敦司の47回目の誕生日です。
これからもかっこよくて、自分の好きなことやっていってください。

疾風のブレードランナー/BUCK-TICK


BUCK-TICK映画が気になるんですけど!!
公開は都会の方らしいので、
DVD出たら(出るのか?)見ます。



拍手ありがとうございます。
嬉しいです。

秀逸なPV

このブログに10回以上は載せてるかもしれん。
ホントに素晴らしいPVですよ。

この世界観は堪らんわぁ~
黒にもいろんな種類がある。

悪の華/BUCk-TICK

今歌ってもかっこいい。
安心と刺激が同時に感じられる。

MOON LIGHT

今井さんと星野さんが歌ってるところがもうたまらなく嬉しいのだ。
初期の楽曲です。

BUCK-TICK見てると、個々の存在感が良いバランスだなといつも思う。

自分の好み

音楽はアルバム単位で聴きますが、
ちょっと違った聴き方もしたくなって、
車で聴く用に好きな曲だけ集めたCDRを作ることがあります。
で、5年くらい前に作ったCDRが出てきまして。
やっぱ良いなぁと一人で悦に入っておりました。
(注:悦に入る(えつにいる)=「満足して喜ぶ」の意)

楽園(祈り希い)/BUCK-TICK

この曲は、最初は民族音楽的な旋律から始まって、
その後にドラム、ギター、ベースがガーンとくるんですが、その瞬間がかっこいいです。
そこを聴きたいがためにこの曲を聴くことがあります。
もちろん最後まで聴き通しますけど。
聴いてて思うのは、サウンドのかっこよさ。
そして、残酷だったり憂いだったりの歌詞の世界観とのマッチングといいますか、
最高です。
さらに、声も素敵だ!

ちなみに「祈り希い」は「いのり ねがい」と読みます。


拍手に感謝です!

スペクタクル

夢魔-The Nightmare-/BUCK-TICK


圧巻なり。
4:14あたりの表情がもう・・・堪らん。
なんか、本当にBUCK-TICKに出会えて良かったなと思う。
何度でも言うよ。

ブラボー!


拍手嬉しいです!!
ありがとうございます。

2013

新年です。
いかがお過ごしでしょうか?

原因不明の蕁麻疹が10日間(足や腕に)出て、これは一体どうしたことか!?
と、うなだれておりました12月29日。
病院に行って診察。
蕁麻疹の原因は特定が難しいんだそうです。
採血と痒み止めの注射をうってもらい、夜に服用する薬が一種類。
この薬がまた、眠くなる薬でございますよ。
もしや原因は、チョコレートか?と思って、
その日から、全くチョコレートを食べていません。
そしたら、蕁麻疹が出なくなりました。

あぁ、大好物のチョコレートが食べれないなんて。
食べれば蕁麻疹が出るし痒いしで、新年早々我慢の日となっております。
今までかなり食べていたので、体が「もういらん」と悲鳴を上げていたのでしょうな。

なんでも食べすぎは良くありませんね。
明日は年祝いの集まりなんですが、デザートの誘惑に勝たなければ・・・。


ところで、BUCK-TICKの映画化ですが、新情報がありましたので。
劇場版 BUCK-TICK ~バクチク現象~


詳しくはこちら→2013年夏公開

ドキュメンタリーぽい感じになるんでしょうか。
楽しみです。
一つ質問なんですが、田舎ではこの映画見られるんでしょうか?
関西や関東だけってことはないですよねぇ・・・。
DVDなったら買いそうだな、自分。
その前に2011年のDIQを買うんだった~。
その前に職探しだろうが!と、どこからか聞こえてくる。


そんなこんなで、新年はまったり過ごしています。
良いお年をお過ごしください。

12月29日

毎年恒例、この日はBUCK-TICKの武道館ライブ。
未だに武道館には行けてません。
25周年という記念すべき年なのに、近場のライブにも行けていないというありさまです。

来年の二月にライブがあるそうなので、その日は是非とも行きたいですが、
どうなることやら・・・。
動画を見て楽しむとしましょう。
EMPTY GIRL

2003年の武道館ライブ映像。
いや~いつ見てもかっこいい!
この曲は20数年前の曲です。
セクシャルに入ってる曲。
こんな変な歌(褒め言葉)をかっこよく歌えるのはあっちゃんだけだな。



今日は

今日は仙台でBUCK-TICKライブなんですが、
わけあって行ってません。
来年こそは!

die


僕は両手を広げ 全てを許したいと願えば 君は空から降り立つ
真実なんてものは 僕の中には なにもなかった
生きる意味さえ知らない



夢に出てきた

やっと重症だった風邪も治まってきまして、
頭が働くようになりました。
本当にやばかった・・・今回の風邪は。
皆様もお気をつけて。
一日20時間も布団に伏せっていると、身体も脳もおかしくなりますね。
それを4日間も続けてごらんなさいよ。
ほんと、やばいよ。

久しぶりにあっちゃんの夢を見た。この頃のあっちゃんの夢。
この頃のあっちゃんはね、私の中の「美」の象徴のような人。
男でこの美しさはびっくりだわよ。
Kiss Me Good Bye

声がいいんだな、これがまた。

そして20年後はこんな男性になっております。
MISS TAKE


どの時代のBUCK-TICKも好きです。

通常の思考回路に戻るにはあと、2,3日必要だな~


ね、

何度も、ほんと何度も見たくなる動画。
悪の華/BUCK-TICK


この曲が出来たのは1990年あたり。
20年も前ですよ。
映像は2000年代初めですが。
いや~かっこいい。
見たもの、聴いたもの、思ったこと