プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく5才(メス)
ねねこ1才(メス)
岩手県の南
ブログは少しお休みします

最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
月別アーカイブ
echasl201607062.jpg

自然


20180906.jpg

どうか安寧の日々が早く訪れますように。

さらに滞ることこの上なし

もう9月になっていました。
早いですね。
自分のブログは頻繁には更新してないですが、
好きなブログは毎日見に行っています。

次の更新はまた気が向いた時に・・・・。


♪金星/平沢進

出だしは切れてますが、このPV(?)好きです。

毎日聴いても飽きない。

ふくちぐら

20180820_20180820161003f0d.jpg
今日はふくが入っていた

製作途中

紙ひもで猫ちぐらを製作中
201808196.jpg
スリスリスリスリ・・・・・



201808195.jpg
いつ出来るの?

拍手ありがとうございます

体育館

今朝、中学時代の夢を見た。
偶然にも今日、母校の体育館へ行った。
何年も前に校舎は取り壊され、グラウンドだったところに新校舎と新体育館が建ち、
旧校舎の跡地が今グラウンドになっている。
私が中学時代に使っていた体育館は残されて、今は町が管理している。


20180819.jpg
懐かしい。
右奥の黒いカーテンがあるところが校舎と繋がっていた入口だ。
ここから体育館に入り、部活をしたり、文化祭の準備をしたり、
二階にある木の長椅子で踏み台昇降をやったな。
断片的に思いだす。

旧校舎は変わった造りで、やたらと階段が多かった。
2階3階には廊下がなく、1組と2組で一つの階段を共有してたから、
6クラスあったから、隣のクラスへ行く時はほぼベランダで移動。
ベランダが廊下代わり。
教室の床の色はゴム製で緑色だったのは覚えてる。
職員室に行くには中庭の渡り廊下を使ってた。
もうはっきりとどこに何があったかなんて思いだせない。
あー旧校舎の設計図や詳細な写真があったら見たいな。


201808193.jpg
体育館角の螺旋階段。
ここの向こう正面に部室があった。


201808194.jpg
旧校舎の正面にあった丸い形の石碑(なんとなく覚えてる)、当時も松の木はあったけど、
若そうな木だから新しく植え替えたのかもしれない。



201808192.jpg
閉校の記念碑
この記念碑、前後ではなくて左右に並べて設置したら良かったのになと思う。
校歌の石碑で後ろの閉校記念碑が見えないのだ・・・。

体育館で少しだけバレーボールをした。
一応中学時代はアタッカーだった・・・一応・・・・・。
10分しないうちにへろへろ。
飛べないし打てない。
トスも思ったところに行かない。
アンダーもヘタクソ。
どたどたしているただのオバちゃん(笑)
若いって素晴らしいな!と強烈に思ったひととき。

若いって素晴らしい・・・・・・
拍手ありがとうございます

さんぽ

20180817.jpg
朝顔、いい顔してる



今日は過ごしやすい気温。
涼しいくらい。
家の中では自立歩行と車いす半々のばーちゃん。
外に出るときはいつもは玄関横の椅子までしか出なかったばーちゃんが、
畑や田んぼを見に行くと言った。
心配だったけど、動けるときに動いてもいいのかな、と。
一緒に歩いた。
サビかけた手押し車を押しながら休み休み。
昔から働き者のばーちゃんだった。
畑や田んぼの仕事ができなくなっても様子はとても気になるようで。
「稲の穂が出たか?」
自分の眼で確かめたいみたい。
機械のなかった昔は全てが人力の農作業。
ここに見える田んぼを集落の人たちで手で植えた。
昔の人たちは本当に凄い。
戦前、戦中、戦後を生きてきた93歳のばーちゃんの目にはどのように映るのだろう。
201808172.jpg


休み休みとはいえ、その足取りはしっかりしていた。
今日は気分も体調も良さそうだった。
補聴器してても聴こえないときもあるけど、今日は補聴器の聴こえも良くて、
しかも補聴器外しても少し聴こえるという、びっくりな日。


201808179.jpg
稲の穂、出てたね。



201808174.jpg
ふくと私






201808175.jpg



201808176.jpg
あと何回さんぽ出来るかな。
(逆光でゴーストが写っています・・・名前がアレですが心霊的なアレではありませんので)



201808178.jpg
夕方は秋の風だった。



201808177.jpg
猫には気高い美しさがある。

拍手ありがとうございます

残暑

立秋をすぎたら残暑ということで

残暑見舞い申し上げます。
今日は朝も夜も暑い。

20180813.jpg
お墓参り



201808132.jpg
乗っちゃダメなところに乗りたがる・・・

暑中

暑中お見舞い申し上げます

20180812.jpg
日中は暑いですが、朝夕は涼しくなってきました。


201808122.jpg
エドヒガン


昨日の寧々子

無音です



拍手ありがとうございます

ふくもいるよ

20180807.jpg
ふくの視線の先には寧々子



201808077.jpg
えへ



201808072.jpg
仲良くなりたい寧々子と




201808073.jpg
気になってはいるけれど、なかなか素直になれないふく




201808074.jpg
距離は少しずつ縮まってきてるような・・・・




201808078.jpg
視線の先にはふく

拍手ありがとうございます

どーも

2018080616.jpg
たすけてくれ~


2018080615.jpg
あ゛

視聴者

2018080614.jpg
あー
なんか暇だな~





2018080610.jpg
テレビでも見よかな





2018080611.jpg
適当に押してみるか





201808066.jpg
面白いテレビやってないわー





2018080612.jpg
ん!





2018080613.jpg
んーーーーー!





201808064.jpg
どこの猫さんや?

(フィジーだって)





201808063.jpg
こっち向いて!






201808065.jpg
ねぇ こっちだってば!



岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」
時々録画して見ています。
岩合さんの撮る映像好きです。
無理に(カメラで)追わず、フレームアウトさせることをためらわない。





201808069.jpg
ねねこの足




201808067.jpg
尻尾先の皮膚を移植して(血管が繋がるまで足と尻尾を接着してた)、
その後に尻尾を足から切り離した。





201808068.jpg
足の皮膚は一部、尻尾の皮膚になったので、尻尾の毛が生えています。
短くしようとして少し切ったけど、嫌がったのでボサボサのまま。
まぁ毛が多いのが皮膚をガードしてる感じなのでこれ幸いかと。
移植って凄いね。

拍手ありがとうございます

カランコロン

♪GET A NOTE/レキシ


レキシのセンス、好きです。

網戸

20180802.jpg
網戸にセミが

創作と現実と

ストーリー
著:有川 浩
『ストーリー・セラー』

前回読んだ『旅猫リポート』が面白かったので、
他にどんな物語を書いているんだろうと気になって借りました。

まず第一に、この作家さんは読みやすい。
すいすい読めるし、情景が頭に浮かぶ。

この小説には物語がふたつ入っていて、
1話の後半には涙がつーっと流れました。
で、2話目の物語の冒頭を読んで、
・・・・・えーーーーーーーーーーーー!と。
そういうことか!と読み進めていくと、
あれ?これどこまでが現実だ?と疑問を持ちながら読んでいく心境。

こういう話しの作り方、面白いなぁと思いました。

(ワタクシ、自他共ニ認メル、説明ベタ人間デス)

よく見にいくサイトで紹介されてたシンガー。
ローレン・デイグル
♪You Say /Lauren Daigle


クリスチャン・ミュージックというジャンルがあることを初めて知った。
詳しくはウィキで→コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック


この声、かなり好きです。
見たもの、聴いたもの、思ったこと