現在の月
CURRENT MOON
最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
echasl201607062.jpg

出てきたもの

今日も天気が良かったので、日向ぼっこ。
20171027.jpg
眠いのだ


201710272.jpg
元気元気


201710273.jpg
爪は切ってるので痛くないし、あまがみです


201710274.jpg
女の子です
ケージから出て遊びたいよね


今日の午前0時過ぎのこと。
もう寝ようと思って布団に入る前に寧々子の様子を見たら、
うんちをし始めたので(本人は出ていることに気づいていません)、
仰向けにだっこしながら少しずつ出てきた分を直接取り除いていました(ペットシーツを汚さないため)。
においはキツイがこの作業は嫌いではない。
うまくひっぱるとぺろんと取れるし、またにゅるにゅると出てくるのは見ていて面白いのです。
(本当は自力で排便してほしいのですが・・・)
この時もいつものように絶妙なひっぱり加減で取っていました。
こういうとき寧々子は自分の腹を舐めている。
何度目かの引っ張りで、いつもと違う感触がありました。
うんちが切れない。
おろろろろろろろろろろ~(なんて表現していいか分からない)と、
なにか細長いものが引っ張らさって出てくるではありませんか。
これは、もしかして、マンソンか(※)!?いや、透明なポリ袋を細く切ったもののようにも見える。
長さにして30センチ近くあったと思います。
引っ張ってる間、寧々子も何か出てると思ったかビックリ目でじっと見つめてました。
何であるか分からないまま、とりあえず袋に入れてラップでぐるぐる巻きにしておく。
夜中であるにもかかわらず、あまりにもびっくりしたのでM姉に現物を写メして送信。
で、ちょうど今日は通院日だったので、それを持って先生に見てもらったところ、マンソンではないとのこと。
何か人工的なひも状のもの(私の予想、裂かれたポリ袋、あるいはスズランテープのようなもの)でした。
寧々子を保護してから約2週間。
きっと保護する前に食べ物を探しているときに誤って食べたのだと思います。
切ないね。
それまでずっと腸の中にあったんだ。
出てきて本当に良かった。

※マンソン裂頭条虫(れっとうじょうちゅう)・・・寄生虫の一種
今回出てきたのはマンソンではないけど、以前検査したときにはマンソンの卵はあったから、
腸内にマンソンはいるの・・・・だけど駆虫薬が効いて死滅していればいいなぁ。

なんかすごく貴重な体験でした。
今日も動物病院で鳴き叫びましたが、寧々子は頑張っています。

コメント:

No title

飢えた動物は
生きるために何を食べているのか……(切ないですね)
猫は犬と違って噛み切る事が出来ないから
紐とかビニールとか噛み始めると飲み込んでいくしかないんですよね…
因みにわが家では伸之助は正月飾りの水引……
浅葱はプラスチックの欠片とか錆びた金網などを食べていて
ふたりとも胃や腸を傷つけて〈吐血、下血〉してました。
長い布は腸から出なければ開腹して腸を切除する事になりますし
排便で出て良かったです!
寧々子ちゃんは【馬尾症候群】なのでしょうか?
尻尾も動かず下がったままの状態ですか?
私もかかりつけの病院の先生に寧々子ちゃんの症状を聞いてみました。
けっこう多いそうなのですが排尿排便がやはり一番大事で、
でも、ちゃんと圧迫排尿と、排便出ていたら感染症のおそれはそんなにないようですね。
(便の始末は必要ですが)
尻尾が感覚がない事で傷つく事が多いと断尾も視野に入れるそうです。
ただ、今は早く痛みの原因の脚の傷が治る事を祈ります。
頑張れ!寧々子ちゃん!


排便作業を嫌いではないと言えるからたちさんで嬉しいです。

風人様

本当に出てきてよかったなと思います。
と、同時にまだ何か入ってるかもしれないという心配も増えましたが・・・。
伸ちゃんも浅葱ちゃんも大変でしたね。
その時のブログの記事は読んだ記憶があります。
(私は浅葱ちゃんの眼の色がとても好きです)

先生からはまだ【馬尾症候群】とは聞いてないですが、
ネットで調べてみるとそうなのかもしれないと思うところもあります。
(風人さんの先生に聞いてくださりありがとうございます)
尻尾は動かないと言えば動かないのですが、
尻尾付け根を撫でると尻尾の付け根から5センチくらいはひょいと上がることがあります。
でも、これは尻尾が動いているというよりは、付け根周りの筋肉と連動しているだけと言われました。
素人目にはだんだん上がってきているようにも見えるのですが・・・。
尻尾の先は全く動きません。
尻尾自体に触っても感覚は無いようです。
自分で尻尾を動かすことは出来ないようです。
実は断尾は考えていて、もしかしたら右足の皮膚形成がうまくいかなかったら、
尻尾の皮膚をそこに移植するかもという一案も出ています。

排便はうんちが固くなってきたことで問題は減りましたが、
圧迫排尿がまだまだで、いまだにここが膀胱だ!と思える感覚がなく、
だいたいこの辺かなといろいろ押していくと出る感じです。
出ると言っても勢いよく出る日はそんなにないです。
時間をかけると寧々子も私も疲れてくるので、早くマスターしたいです。

排便作業は苦ではないですね。
そこは私自身も不思議です。
たぶん、出ないことの方が恐ろしいので、出てくれて良かった~と思う部分が大きいです。
風人さんからの応援、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく4才(メス)
ねねこ1才未満(メス)
岩手県の南

見たもの、聴いたもの、思ったこと