現在の月
CURRENT MOON
最新記事
検索フォーム
キーワードを入力して下さい。
echasl201607062.jpg

気になること

「時間」についての本を読んでいる。
『時間の図鑑』2012年

プラトンやアリストテレスの時代からのいろんな思考実験を分かりやすく書いている本だけど、
私がバカなのか、半分も理解できない。
常に問いとの中での破壊と構築の哲学は、私の脳内をパニックという名の電池切れに。
まだ37ページしか読んでないのに。(全256ページ)

頭のいい人達は、難しい問題を考える時どんな脳内選択しているのだろう。
あっちこっちに飛びまわる私の思考をなんとかせねば。

ぼんやりと掴みかけていた思考を、いざ言葉にしてみようとするとバラバラに散らばって
自分の理解力と説明力のなさに愕然とする。
一方で、はたして言葉で説明できないことは理解できていないといことと結びつくのか、と
自己擁護したところで腑に落ちるわけでもない。

分からないなら、何度も何度も読み返せばいいのだ。
人には理解するスピードってものがあるのだから。
自分には理解できると高をくくっているからダメなのだな。
自分は何にも知らない、だから理解できなくて当然。
でもちょっとは理解できるかもよ、的な心持で。

♪Parade/平沢進

これぞ難解な音楽

意味が分からないことを考えるのが好きなんだな、きっと。
そして自分だけの意味(真実)に出会うことが最終目的なのかも。
それがまったくの的外れだとしても。
自分の心だけが知っている。
発信しなければ誰にも迷惑はかからない。
(説明できないから発信できない、とも言える)

並行して三島由紀夫の小説も読んでいる。
この人の本を初めて読んでいる。
比喩の多さに私の思考が飛び散らかってる。


この支離滅裂なブログこそ、私の脳内をよく表わしてる。

コメント:

非公開コメント

プロフィール

からたち

Author:からたち
音楽・写真・宇宙、日々の関心ごとなど気の向くままに書いています。
ふく4才(メス)
ねねこ1才未満(メス)
岩手県の南

見たもの、聴いたもの、思ったこと